自動車税の還付金を受け取る方法

買取バカは漢字に非常に疎い子です。
査定士として駆け出しの頃、まだまだパソコンは普及されておらず、キーボードで入力すれば漢字にしてくれるなんて考えもしませんでした。
さて、この車の査定士という仕事…意外と難しい漢字を多用するのです。
例えば、今回テーマとする自動車税の還付金。
初めてこの言葉を見たとき「こうふきん?」「かんふきん?」と全く読めませんでした。
正解は「かんぷきん」ですが、今の時代、ネットで直ぐに調べることができるため、本当に楽になりましたよね。
昔は、こうなってしまうと辞書を引くわけですが…中々探すのが大変で…面倒だったのです。
したがって、子供が本格的に漢字を学校で習い始めたら一緒に勉強をしていこうと考えています。

では、本題の自動車税の還付金を受け取る方法について勉強していきましょう。

 

自動車税の還付金とは何か?

そもそも、自動車税の還付金とは何か?という基本的なことから説明をしていきます。
買取バカが査定士になって間もないころ…全く知らなかったので、恐らく同様の状況にいる方も多くいらっしゃるかと。

還付金とはお金が返ってくるということ

平たく言えば、還付金は支払ったお金に対して戻ってくること(厳密には少々意味合いは違いますが…)です。
したがって、支払った自動車税が戻ってくるというわけですね。

では、何故、戻ってくるのか?
自動車の所有権を放棄した場合、その年度に支払った自動車税が月割で還付されるというわけです。
所有権を放棄したという意味は、廃車にしたり、中古車買取業者に買い取ってもらったり、個人売買したり、といったところでしょうか。
ちなみに、自動車税という税金は前払いであり、起点は年度始めの4月からになります。
例えば、2010年4月になった時点で自動車を保有していた場合、その2010年度分の自動車税を5月ぐらいに支払うことに。
したがって、2010年度のうちに廃車などにすれば、前払いにした税金が戻ってきて当然なのです。

業者に依頼した場合は「注意」をしておくこと

自ら廃車をした方であれば、廃車をする手続きのときに「還付金」についての説明があるはずです。
したがって、自然と「税金が返ってくるのだな」と理解できます。
しかし、中古車買取業者や個人売買の場合は、直接、還付されるわけではありません。
ここでは細かく記載はしませんが、簡単に言ってしまえば、名義を変更した月で支払うべき税金を分けることになるため、新たな所有者から還付してもらうことになります。
つまり、9月に引き渡したとしたら、残りの10月から次の年の半年分を次の所有者からお金を貰うという形に。
中古車として買い取ってもらった時、見積書に記載されているはずなので、確認をしておきましょう。
もし記載されていなかった場合、しっかりと確認を取るようにしてください。
悪意ある業者の場合、わざと知らん振りをする場合もあるので。

 

自分自身で廃車にした場合は?

還付金の受取方法は非常に簡単です。
抹消登録(廃車手続き)をしたら、ひたすら待つのみ。

何を待つのか?ですが、抹消登録をした時点で、現在は自動的に還付金の手続きが行われることになります。
この手続が行われると、おおよそではありますが、2ヶ月程度、長くて3ヶ月程度で、還付金に関する書類が郵送されてきます。
これは支払い通知書と呼ばれるもので、これを持って銀行などに足を運んで提出すれば還付金が貰えるという仕組みなのです。
したがって、特に難しいことは考えず、待っていればOKというわけですね。

銀行振込での還付を望むのであれば…

銀行に行くのは面倒という方は、事前に手続きをしておけば、指定口座へ振り込みをしてくれます。
手続きは、口座振込依頼書というものがあるため、これを記載し所定の税事務所や自動車税事務所へ提出するだけです。
正直なところ、細かい手順は都道府県によって異なるため、各地域の税事務所へ問い合わせてみてください。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ