買取店ジャックを運営する株式会社ナックは多くの事業を運営

今回は、ナックという買取業者を紹介しますが…つくづく事業を展開している方々は凄いなと感じます。
しみじみと、このような感情を抱いてしまいましたが…買取バカが以前、お世話になっていた買取業者の社長もそうですし、今、お世話になっている社長も。
本当に凄いなと。
買取バカは、そんな大きな責任を負って、そしてリスクを負って起業しようなんて…怖すぎてできません。

ということで、ナックのお話ですが、紆余曲折があったかと思いますが、着実に事業規模を大きくしている素晴らしい業者となっています。
だからこそ、冒頭のようなことを、改めて感じてしまった次第。
では、以下よりナックの詳しいお話をしていきます!!

 

近畿地方で活躍する買取業者

ナックは近畿地方で活躍する、地域密着型の業者となります。
店舗の数は2015年春の時点で11店舗。
これだけでも、素晴らしい業績を上げている業者ということを垣間見ることができます。
詳しい説明は、別途記載していきますが、そこを読めば「なるほど…だから11店舗も展開ができるのだな」と妙に納得してしまうかと。
肝心の査定額ですが、得手不得手も少なく、平均して高い値で買い取ってくれるという印象です。
口コミ情報などからも、このような「よい評判」をよく目にします。

 

「株式会社ナック」という存在とは?

実は、先で記載した買取業者は、正式名称をジャックと言います。
ナックという業者を紹介しようと立ち上げた記事にも関わらず、ジャックという買取業者を紹介してしまったということ。
おっちょこちょいの買取バカなので、単純に勘違いしてしまった!というわけではありません。

正しくは、株式会社ナックという会社が運営している買取業者がジャックというわけです。
さて、そのナックですが…買取だけではなく手広く事業を展開している企業となっています。

一般向けの中古展示場を運営

まず紹介するのは、一般向けの中古展示場を持っているということ。
買い取った車を直売するという方法ですね。
ナック(ジャック)の査定額は、繰り返しになりますが…口コミ情報を見てみると「他店よりも高い」という評判を散見できます。
強気の査定額で勝負ができる理由は、やはり、このような直売ができる強みを持っているからと言えるでしょう。

クライスラー・ジープのディーラーも兼任

2015年春の時点で、兵庫県にはたった1つクライスラー・ジープのディーラーが存在します。
そのディーラーを運営しているのも、このナックという会社なのです。
つまり、中古車の買取、そして一般向けの販売だけではなく、新車の販売まで行っていることになります。
ただただ凄いの一言で、よくここまで手広く行っているなと感心してしまうほどです。

ジャックプレミアムと呼ばれる厳選した中古展示場

これが最後になりますが、中古展示場をもう1つ展開しています。
そして、その展示している車というのが、いわゆる高級車。
買い取った車の中でも厳選したものを販売しているという展示場。
先の展示場を敢えて「一般向け」と記載したのは、ここに繋げたかったからです。
公式サイトを見てもらうとよく分かりますが「確かに厳選しているな」と感じることができるかと。
それだけ、稀有な車たちを展示しているため、見るだけでも楽しめてしまいます。

 

確かなノウハウを持っているため安心して任せられる

ここまで手広く事業を展開している業者は、中々少ないため、かなり珍しい買取業者と言えます。
だからこそ、車に関する知識は凄いものを持っており、そのノウハウを活かして査定を行っています。
その結果、オーナーに対して満足のいく査定額を提示できるというわけです。
ともあれ、非常に安心して任すことができる買取業者のため、近畿圏にお住まいのオーナーであれば、一度査定を依頼してみるとよいかと思います。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ