悪い噂が気になるガリバーの本当のところ

中古車業界で、絶対的な力を持っているガリバー。 どこの業界にも大手と呼ばれる業者は存在しますが、中古車買取の世界でいえば、やはりガリバーが最右翼といったところ。 ちょうど買取バカが査定士としてバリバリと働いていたころから、メキメキと力をつけ店舗数を増やしていったので、戦々恐々としていたのをよく覚えています。

さて、そんなガリバーさん、どんな特徴があるのか? 車を査定に出そうと考えていれば気になるところだと思います。 ということで、今回のテーマはガリバーです。

ガリバー

ガリバーの特徴ってなに?

そもそもガリバーの特徴とは何でしょうか? 真っ先に思い浮かべるのは買取業界の大手ということが最大の特徴でしょう。 これも踏まえて、以下より、もう少し掘り下げてお話していきます。

やはり大手の安心感がある

大手には大手の強みがある。 それが、やはり安心感でしょう。

車を売る場合「言葉巧みに安く買い取られているのではないのか?」と心配になってしまうものです。 現場で働いていた人間からすれば、少なからずそういった部分はあります。 会社の利益を上げないといけませんから、少しでも安く、少しでも高くが基本ですからね。

しかし、ガリバーの場合は大手ならではの明確な査定基準があります。 言い方をかえると、査定士の心象に左右されにくい査定額を出してくれるといえます。 単純に査定基準と見比べるだけですからね。 これが最大の特徴の1つ。

「迷ったらとりあえずガリバーへ」というイメージ

先の話も踏まえ、とりあえず自分の車の相場が知りたいのであれば、ガリバーへ持って行けばOKという風潮もあります。 これも明確な査定基準があること、そして買取実績が半端なく多いので、より正確な数字が出せるメリットが。 よって、査定額を相見積もりさせるのであれば「ガリバーさんは○○円」というのはよい基準となります。

実は販売も行っているのも1つの特徴

一般的に、ガリバーの査定額は「高い」と評価されています。 理由は簡単で、中古車オークションに流さずに、自身で販売を行っているため。

業者間での販売となると、どうしても、さまざまな諸経費(オークション出品料、陸送費など)が掛かってしまうもの。 直接、新オーナーに販売することで、この諸経費が不要に…結果、浮いたコスト分が査定額に反映できるわけです。 また、直販の方が利益率が断然高いですからね。 実際に、ガリバーへ査定をお願いしてみると分かりますが、同時に買い換える車も紹介してきますので^^

ガリバーが上手いところは、この直販で1週間程度販売して売れなかったものに関しては、中古車オークションへ出品するという流れシステムが出来上がっているところではないでしょうか。 これは大手ならではの戦術であり、ガリバーの最大の特徴の1つといえるでしょう。

 

対応が悪いってよく耳にするけど…

さて、査定士時代も、そして今も、ガリバーというと、あまりよい噂を聞かない場合があります。 例えば「査定士の態度がひどい」「査定額が希望するものではなかった」などなど、挙げたらキリがありません。

実際のところどうなのか? 個人的な見解、元査定士としての見解とも、「まあ、よくある話かな」と。 結局のところ、利用者が多いから、その分、クレームも多くなってしまうのは、大企業の悩み所といったところでしょう。 あの世界のトヨタだってクレームが多いことで有名です。

決して誤解してはいけないのは、腹黒い経営をしているわけではないということです。 あまりにもヒドい売買をしていれば、買取業界という世界は狭いのであっという間に噂は広まり、直ぐに経営難に陥ってしまう可能性があります。 そういったこともなく、これほどまでの大企業になったわけですから、言い方を変えれば「しっかりと経営してきたからこそ」だといえます。 大きくなっているということは、ガリバーへ車を売却している人も多くいるということですからね。

ともあれ、気に入らなければ他社に売れば問題ないので、あまり心配しなくてよいといえます。 かなり仕事はハードなようなので、世間で騒がれているブラッ○企業に近いのかも!?知れませんがね^^ まぁその辺は消費者には直接関係のない話ですので。

 

ガリバーが得意とする車種は!?

続いて、ガリバーへ車査定に出すとき、どのような車が得意分野なのか?と、気になるところ。 得意分野の車であれば、査定額のアップが期待できるので、気になって当たり前です。

では、ズバリお答えします。 「実はありません。」

センセーショナルな答えかもしれませんが、事実です。 ただし、「ない」という理由は、決して、全てが不得意というわけではなく、全くの逆で、オールマイティーに対応が可能で、概ねの車は「得意」といえるということです。 端的にいってしまえば「全て得意」だということ。 強いて言えば、日本車。というぐらいの幅広さが、ガリバーという企業です。

先にも少し記載しましたが「とりあえずガリバーにだしておけば相場が分かる」といったのも、この得意車種も踏まえての言葉です。 もちろん、人気の高い車種には「専門業者」がいるので、そういった業者と比べると見劣りしてしまう状況もありますが、高いレベルでまとまっていることは、ご理解いただきたいと思います。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ