中古車オークションのUSSと提携しているラビット

「ラビットパンチ」という言葉をご存知でしょうか? ボクシングをはじめ格闘技に用いられる反則技「後頭部への打撃」のことを指します。 「うさぎのパンチ」と、何とも可愛らしいイメージを想像させてくれるのに、やっていることは相当えげつないですよね。

ちなみに、ラビットパンチの由来は…狩猟に関する内容からきています。 気になる方は、グーグル先生に聞いてみてください。

さて、今回は、そんな反則技とはかけ離れた存在、中古車買取業者「ラビット」の特徴についてのお話。 ある意味で、パンチの効いた特徴を持っているので注目です。

ラビット

 

中古車オークション業者と密接な関係!?

本サイトも含め、車査定を取り上げているサイトで、よく耳にする中古車オークション。 何となくイメージが付くかと思いますが、ボンヤリしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

具体的には、中古車オークションとは、とある企業が仕切って行っているオークションのこと。 別ジャンルでいえば、楽天オークションは楽天が、ヤフーオークションはヤフーが、と各々の「会場」を持っています。

中古車オークションも同様で、CAAという業者が中古車オークションを開催していたり、USSという業者が同じく開催していたりします。 したがって、実はオークション会場自体も、利益を上げるためにしのぎを削っているのです。 ちなみに、この中古車オークションは、楽天オークションやヤフーオークションとは違い一般の方は参加できません。

ラビットは、そんな中古車オークション業者のUSSと密接な関係。 密接というより、提携しています。

「だからなに?」と感じるかもしれませんが、これが車査定という面でも、意外と重要なポイントとなっています。 ラビットについて考えるときは、必ず、このUSSとの関係を思い出すようにしてください。

 

提携するメリットはかなり大きい!

結論からいえば、中古車オークションのUSSと提携することで、査定額がアップします。 とある面で、経費削減することができ、その削減した分を査定額に還元しているのです。

そして、削減できる理由は、大きく2つ。 ・在庫を持たなくてよいこと。 ・人件費を削ることができること。

在庫を持たなくてよいことが査定額アップに繋がる理由とは?

まず在庫を持たなくてよいということは、それだけ管理するための費用(駐車するための場所を確保しなければならないなど)が不要になるわけです。 しかも、業者側からしたら、提携しているUSSへ車を流すことで、直ぐに利益として上げられるため計算しやすいのです。 経営する側にとって、計算のしやすさは業績アップに大きな力となってくれることも。

ともあれ、在庫を持たなくてよいことが「経費削減」に繋がり、直ぐにオークションへ流すことで業績アップも可能。 その浮いたお金、利益を上げたお金を査定額に反映できるわけですね。

人件費削減ができる理由とは?

単純に、USSへ車を引き渡したら、後は放ったらかし状態に。(言葉は悪いですが…) 通常は、オークション会場へ車を持って行くと、諸所の手続きをはじめ、売れるまでの顛末まで確認しなければなりません。 要は、オークションで車を売ることは非常に時間と人が必要となってしまう場所。

それを、一手にUSSが行ってくれるため、ラビットからしたら「車を渡して結果だけを待っていればよい状況」というわけです。 一般的な業者と比べると、ここにかかる部分の人件費を浮かすことができるため、大きな差に。 そして、この削減した分を査定額へ還元してくれるというわけです。

 

ラビットというお店の名前を借りている個人業者!?

さて、ラビットという業者の評判を見てみましょう。 買取バカもよく耳にしたことがある評判ですが…とにかく、掴みどころがないということが印象としてあります。 「接客態度が素晴らしかった!」という評判があれば、「逆に非常に悪かった」という評判も。 とにかく一貫性が全くないのです。

実は、これにはハッキリとした理由が… ラビットという業者は、いわゆるフランチャイズ店なのです。 したがって、個人経営という側面も強く、このような一貫性のなさに繋がっているのです。

もちろん、フランチャイズというだけあって、一定のガイドラインがあるため、差が出ないはずですが、これにも限界があるといったところでしょう。 ただ、査定額に関しては、しっかりしている傾向があるので、ご安心ください。

気になるのは、接客態度をはじめとした、そのお店ごとの雰囲気となっています。 もし「ガラの悪いラビット」にあたってしまった場合は…運が悪かったと思うしかありません! もちろん、あまりにもひどいのであれば、本店にクレームを入れるのも1つの手ですけどね。

ですので、ラビットは良い査定額を期待できるが、1店舗1店舗会社が違うために対応は、その会社によって大きく違うということです。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ