電動スライドドアの理想は両側対応

街を散策している最中に、車を観察していると気づくことがあります。 スライドドアの車の多さにです。 今や、トレンドの装備といっても過言ではないでしょう。 スライドドアの多い、ミニバンやワンボックスの車種は元々人気があったため、必然なのかもしれません。ちなみに、新型オデッセイもとうとうスライドドアになりましたね。

さて、そのスライドドアは車査定のときには、どのような影響を及ぼすのか? 今回は、これについて詳しくお話しをして行こうと思います^^

スライドドア

電動両側スライドドアは査定額のアップを見込める

先に回答をしてしまうと、両側のスライドドアが電動式だと、査定額のアップを見込めます。 ポイントは手動ではなく電動で、かつ片側ではなく両側です。 やはり中古車市場のニーズは、この電動両側スライドドアに魅力を感じている方が多いようです。 結果、ニーズがあれば自然と査定ポイントも上がっていくということですね。

したがって、現在(2014年2月時点)では、電動スライドドアは両側対応していた方が理想といえるでしょう。しかし、グレードの低い車種などは片側に付いているだけでも重宝されますので、ニーズはあると言えます。

 

昨今の自動車事情では「当たり前の装備」

先に、電動両側スライドドアでないと査定額アップは見込めないという記述をしました。 なぜか?ですが、答えは、ここで説明する「当たり前の装備」となっていることが大きな理由です。

セダンやクーペタイプの車は別として、中古車市場では、今やスライドドアはあって当たり前、なくては困るという状況です。

例えば、冒頭でもお話ししましたが、2013年末にホンダから新型オデッセイが発売されましたが、こちらもスライドドアに変更されています。 文章で読むと、この変化は、さほど驚くようなものではないように感じるかもしれません。 しかし、実は「ヒンジドア」はオデッセイにとって譲れない部分であり、アイデンティティでもあったのです。 これを変更したということなので、言い方を変えれば「そうしないと売れない」という見通しがあったからだといえます。 ちなみに、スライドドアの影響があってか、売れ行きは好調のようですね。

ここからも、当たり前の装備になっているということが窺い知ることができますね。 ともあれ、これが昨今の車とスライドドアの事情です。

 

両側スライドドアのメリットとは?

では、何故これほどまで電動スライドドアが重宝されるのか?気になるところです。 ここからは両側スライドドアのメリットについてお話しをしていきます。

小さなお子さんがいる家族には必需品

子供が小さければ、後部座席にチャイルドシートに設置して座らせます。 このとき抱っこをしているわけなので、ボタン一つで自動的に開くスライドドアは非常に重宝するのです。 そして、両側とも自動だった場合、反対の座席には荷物などを簡単に放り込めるようになるので、何かと便利なのです。

ちなみに、2016年には日産セレナがスライドドアの下に足を入れるだけで自動で開くというシステムを装備しました。手すら使わないということですので、荷物や子供を両手で抱えていても問題なくドアを開けることができるようになったということです。便利ですね!

少し大きくなった子供がいる家族でも必需品

昔、駐車場でよく見た光景「子供が勢いよくドアを開けて隣の車に傷をつけてしまう」という場面。 これを簡単に防ぐことができます。 さらに、運転席からコントロールできるため、無茶なドアの開け閉めも防ぐことができます。 二人お子様がいて、ある程度大きくなってきたら、物凄く威力を発揮してくれる機能となるのは間違いないですね。

身体が不自由の方にとっても強い味方

これは、言うまでもないと思います。 ヒンジドアでもスライドドアでも手動だと開けるのが一苦労になります。 場合によっては、開けられない方もいらっしゃると思います。 したがって、ボタン一つで、かつ両側選ばずに乗車できることは、非常に大きなメリットなのです。

このように簡単にいえば、利便性が高いということです。

ドアオープナー

 

高いお金を払って査定時に特になるか?

さて、気になるお金のことです。

両側スライドドア、かつ電動となるとオプション仕様となっている場合が多いので、どうしても値が張ってしまいます。 車種によっては、グレードの高い車を選択しないといけない場合すらありますよね。

そこまでして買う必要があるのか?という部分。 もちろん、普通にメリット・魅力を感じるのであれば、購入してもらえれば結構だと思います。

売れやすいのは、やはり両側電動となっていると市場が語っていますし、将来的には先程もお話ししたように当たり前の装備となってくることは予想できます。 査定のことまでを考えると、ケースバイケースではありますが、電動スライドドアはメーカーオプションの為、購入時に両側とも電動にしておいた方が良いでしょうね。

ちなみに、オプションの価値に付いては、後付けできない装備と車査定の関係性純正オプションが付いていると価値は上がるで詳しくお話しをしておりますので、参考にしてみて下さい。

 

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ