車種によってMT車AT車の価値は大きく変わる

車は、オートマティック車(AT車)とミッション車(MT車)に分けることができます。 現在、走っている車の比重は、AT車が圧倒的に多いことは誰もが認めるところだと思います。 (確かな数字ではありませんが、買取バカが知っている限りでは95%がAT車と言われているようです。)

さて、これを査定という面で見ると、査定額がどのように変わるのかをお話していきたいと思います。

普通に考えて、AT車の方が高く売れると思いますよね。 確かにそうです。 ですが、査定の面白いところでもありますが、ある車種に関しては、これに当てはまらないのです。

ミッション

ある車種とはスポーツカータイプの車のこと

結論からいえば、RX7やスカイラインGT-R、インテグラなどスポーツカータイプの車はMT車の方が、圧倒的に人気があります。 人気があるということは、査定額も期待できるということに繋がります。逆に求められているのがMT車なのにAT車だった場合は査定額には期待が持てないという見方もできますね。

この手の車が好きな人は「AT車」では満足できない

スポーツカータイプの車を好む人は、基本的にMT車でなければ満足できません。 AT車には乗らないと言っても決して大げさではないぐらい当たり前のことなのです。 そのため、スポーツカータイプのAT車は、まず選択肢にないため、中古車市場では売れにくい傾向があります。 新車に関しても売れ行きは圧倒的にMT車が多いです。

(高齢者がスポーツカーに乗る場合は例外としてAT車ですけどね。)

どれくらい査定額に差があるの?

車種やグレードによっても違うため、細かいことは言えませんが、かなりの差になることは間違いありません。 買取バカが働いていた時の実績として、スカイラインGT-Rは、30万も違うことがありました。

したがって、もしこの手の車を乗るのであればMT車一択でしょう。 もし免許の関係でAT車しか乗れないのであれば、このような現状があることを頭に入れて購入するようにしてくださいね。免許がMT車に乗れるものであればMTの練習が必要ですね^^

 

スポーツカータイプの車以外は圧倒的にAT車

ミニバン、RV、ワンボックス、セダンに関してもMT車は、まだまだ現存します。 しかし、これらのタイプの車に求められるのは、誰でも手軽に乗れる車が多いため、どうしてもAT車が有利になります。

ですので、特にこだわりがなければ査定のことも考えてAT車を購入することをオススメします。車の種類によってAT車が有利になるのかMT車が有利になるのかは違うということです。

地域によってRV車はMT車の方が有利って本当?

以前は本当でした。 具体的には、雪が多い地域ではRV車はMT車が基本でした。 理由は、二速発進など特殊な運転の仕方をするため、MT車の方が何かと便利だったためです。

しかし、最近ではATの機能は格段によくなり、路面状態によってギアチェンジの仕方が変わる作りになっています。 平たくいえば、AT車でも雪道に強くなったということです。 結果、楽に運転できるAT車が人気を集め、徐々にMT車の有利性がなくなってしまった背景があります。 ですので、今では査定額に関していえば、AT車の方が有利になっています。

ちなみに、本当に雪道が上手いと言われる人は、やはりMT車に乗っている人が多いですね。 査定額を大きくアップするほどの割合ではないのが買取バカとしては残念ですが、少なからずニーズはあるということは頭に入れておきたいところです。 (買取バカ個人としては、MT車でクールに乗り回している人を見るとカッコよく思ってしまう車好きの人間です。)

 

軽自動車に関しては五分五分の状況

実は、軽自動車に関しては、先に挙げた車種のような大きな差はでません。 厳密にいえば、やはりAT車の方が売れやすいので、MT車は不利な査定額にはなってしまいますが、ここで言いたいのは、大きな差にはならないということです。

少しだけMT車を楽しみたい人が意外と多い

買取バカ自身、車が大好きで、MT車に乗ることも好きです。 しかし「毎日のように乗るのは少し面倒だ」と思っているわけです。

例えば、車通勤でMT車に乗っているとします。 毎日、通勤渋滞に巻き込まれると、いよいよMT車は面倒になってくるのです。 結果、毎日ではなく「たまに」でよいからMT車に乗りたいという考えになり、セカンドカーとして軽自動車のMT車に乗るわけです。 もちろんお金をたんまり持っている方は、スポーツカーに走るでしょうが・・

このようなスタンスの人が意外と多くニーズがあるため中古車としても売れる現状があります。また、軽トラックなども山道などを走るのにATだと・・と考えている方もいるので一定数の需要はあるわけです。 くわえて、中古車は「ちょっと乗りたい」と思っている人にとっては、ありがたいため頻繁に売れていく背景もあります。

ですから、査定額も意外と高い値段を付けてくれることが多いことに繋がるのです。 もちろん、理由はこれだけではありませんが、軽自動車だけは差が小さいということを頭の片隅にでも入れておいてもらえれば幸いです。

MT車が圧倒的に少なくなってきているこのご時世ですが、いつの時代にも一定数はMT車を求めている人はいるということですね。

 

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ