査定額には税金の戻り分も含まれる

今回のテーマはズバリ税金についてです。 税金と耳にすると、何だかややこしくて理解しにくいというイメージがありますよね。 ですので、面倒になってしまい考えることを投げ出してしまう方も多いのではないでしょうか。

現に買取バカがそうでした。 ただ、税金のことを知っておくと、お得になることも多くあるのも事実。(逆に知っていないだけで損をしてしまうことも・・) 節税という言葉があるぐらいですからね。

車査定とは、車を商品として、お金のやりとり(売買)を行うものです。 ここに自動車関連の税金に深く関わってくるため、是非とも知っておきたいところなのです。

 

車査定に絡む税金は難しくない

最初に伝えたいことは、実は車査定に絡む税金は決して難しくないということ。 「ポイントさえ押さえておけばよい」という程度の理解度で全く問題ありません。

ズバリいってしまえば、自動車税、消費税の二つ。 両方とも、元々、単純な税金なので理解するというより「知っておく」という程度のスタンスで大丈夫です。

この程度の知識で、車種と時期によって上手く行けば数万円単位で査定額が変わることが理解できるため、今回、ここでお話をしているわけです。

 

車査定と税金の関係を知っていれば損をしない!

さて、先の文章で「数万円単位で査定額が変わる」とお話をさせてもらいました。興味を持っていただけた方も多いのではないでしょうか^^ 大きな差なので気になるところだと思います。 カラクリは、自動車税に関しては「戻ってくるお金がある」ということ。 消費税に関しては、消費税が含まれた査定額だということ。

査定士から提示される査定額というものは、多くの場合、税金が含まれている額となっています。 これが意味することは、買取バカたちの受け取るお金(買取り金額)とは、税金も一緒に支払われるということになります。 それが、先に記載した自動車税と消費税になります。

自動車税が戻ってくる理由は?

自動車税とは、毎年4月・5月ぐらいになると「納税してね」と通知されるあれです。 排気量によって値段が変わり、大きな車になればなるほど納税額は高くなります。

この税金は、年度の始まりに支払うべきもので、前払いの税金というのがキーポイント。 そして、月割り制と定められているので、車を手放した月を基準に残りの月分を戻してくれます。 (例:2013年8月に愛車を売却したら2013年9月~2014年3月までの税金が返ってくる計算)

 

税金が査定額に含まれることが意味することとは?

例えば、愛車が100万円と査定されたとします。 この100万円には、自動車税と消費税が含まれていることは、先の説明通りですね。 よって、実際に車両として評価された額は、この二つを差し引いた金額になります。

戻ってくる自動車税が1万円だったとします。 まず100万円から1万円を引いて、99万円。 そして消費税分を計算すると、99万円÷1.05% = 約94万円。 結果、車両に対する査定額とは94万円となります。

実際のところ、他にも自賠責保険の返戻金やリサイクル料金の返戻金も含まれていることが多いです。 ですので、査定士が出してくれた車体価格とは意外と低くなってしまうもの。

査定とは、これら全てを含め、車の価値とするので、このような形で金額提示をしているスタンスというのが現状の業界慣習になります。

 

含まれる税金はチェックをしておきたい部分でもある

査定士から提示された金額の内訳は必ずチェックするようにしてください。 月割り計算が間違っていないか?のチェックです。

よくこの金額をあやふやにして査定してくる業者がいます。 残念なことに、わざと金額をあやふやなものにして、少しでも利益を上げようとする業者もいるぐらいです。

したがって、内訳は細部までチェックするようにしたいところですね。 そして不明点は積極的に質問するようにしましょう。基本的には査定額に税金などは含まれているという考えなのであやふやにするのが当たり前になっているとも言えますね。

内訳になかったら逆に査定額アップのチャンス

内訳に税金の内容が記載されていないことは、 “戻ってくるはずのお金を含めていない査定額” になります。 車両本体の査定額なのかを強く確認しつつ、税金のことを質問すれば、その分の上乗せを期待することができる算段です。

もし「既に含まれている」と言われたら、直ぐにその内訳を聴いてみてください。 計算に戸惑っていたら確実に考慮していなかったことになります。 そして、査定額が車両本体価格だった(税金などを含めていなかった)という証明にもなるため、上乗せが数万円期待できるわけですね。(中々認めてもらえないですが^^)

特に消費税に関しては、査定額が大きければ、比例して大きな金額になるため、是非ともチェックをしておきたい部分なのです。

しかし、こんな(査定額に税金戻り分や消費税が含まれていない)ことは残念ながらほとんどありません。稀なケースですね。

 

そこで買取バカが最もお勧めする査定額のアップ方法は、他社との競合です。

査定を1社だけにお願いするのではなく、複数社にお願いしてあえて競合させるという方法です。

詳しくは、追々お話しをしていきますので、随時記事更新をチェックしておいて下さいね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ