最先端の安全装置は大きくプラス

車の査定額とは、ある意味で水物のようなものです。 新しい技術が次から次へと出てくるため、人気が出る車種や装備が刻々と変化して査定額もその都度で変わってくるわけですね。 その中で、最近、注目されているのが最先端の安全装置。 車の査定を依頼したとき、大きな査定アップが期待できるため、知識として身につけておくと良いでしょう。

安全装置

各メーカー独自の最先端安全装置を発表している

まさに安全装置の戦国時代といったところでしょうか。 それほど、各メーカーが躍起になって開発をしている部分です。

事の発端は、スバルのレガシィ。 まだ最近の話ですが、スバルから発表された自動ブレーキ装置「EyeSight(アイサイト)」の衝撃は凄いものでした。 そして、販売台数に関しても右肩上がりで大成功を収めています。自動ブレーキに関しては、こちらの査定に高評価となるプリクラッシュセーフティシステムの記事で詳しくお話しをしていますので参考にしてみて下さいね。

実は、スバル以外のメーカーも以前から安全装置に関して、さまざまな研究開発が行われていました。 しかし、なかなか発表までは持っていけずジレンマを感じていたわけなのです。 そんなところに、このレガシィの大成功。 安全装置は販売台数に直結するというモデルケースが生まれたため、安全装置開発合戦が一気に加速していった背景があります。

これが、今の最先端安全装置の戦国時代の幕開けと言えるでしょう。

 

最先端安全装置は大きな査定アップが期待できる

中古車市場でも、この手の安全装置はかなりの人気を得ています。 結果、自然と査定額のアップが期待できるようになるわけですね。 以下で、今人気の装置を簡単に紹介したいと思います。

クルーズコントロール

一定の速度を選択しセットすることで自動的にエンジンコントロールしてくれる装置です。 平たくいえば、自動で速度を一定に保ってくれる装置といったところですかね。 高速道路のような一定の速度で走行するような場面で、最大限の威力を発揮してくれるかと思います。 さらに、賛否両論ありますが一定の速度を保ってくれるということは、燃費向上にも役立ってくれる一石二鳥の装置と言えるでしょう。トヨタなどはレーダー機能の付いたレーダークルーズコントロールを採用しており、前の車に速度を合わせて追従して走行してくれる機能もあります。

レーンキーピングアシスト

車線をはみ出してしまい事故を起こしてしまうことが、あまりにも多かったため開発された装置。 言葉から察することができるとおり、走行中の車線からはみ出さないようにサポートしてくれます。 先に紹介した、クルーズコントロールと合わせて利用すると、さらに安全に運転することが可能となるといえます。

シティ・セーフ

渋滞の多い都市部で頻繁に発生する低速走行中の事故。 これを防ぐために開発された安全装置です。 フロントウィンドウに設置されたレーダーの情報を元に、目の前の状況を監視してくれます。

監視の結果、何かの障害物を検知したときに作動し、時速30km以下であれば急ブレーキに備えるように制御。 さらに、時速15km以下での走行であれば、自動に停止してくれる優れものです。

※メーカーにより安全装置の呼び名は変わってきます。

 

この手の最先端安全装置はグレードの高い車に搭載されやすい

最先端だけあって、どうしても高値になってしまうのは致し方がありません。 結果、グレードの高い車に搭載されることが多いです。 例えば、先に紹介した、クルーズコントロールとレーンキーピングアシストは上位グレードの車にしか搭載されていません(2014年1月時点の情報)。ですので、売却時に高額な査定が出て当たり前という側面も持っています。

新車を買うときにはチェックしておきたい装置

少々、話が逸れますが、もし新車を購入するのであれば、さまざまな安全装置をチェックするようにしてください。 乗り潰すつもりであれば話は別ですが、もし将来的に査定に出す予定であれば、必ずチェックが必要です。

最先端の安全装置はグレードの高い車から搭載されることが慣例とされています。 が、少し古くなった安全装置であれば、意外と普通の車にもオプションとして取り付けられることがあります。 プラス査定も期待できつつ、身の安全もサポートしてくれるため、損はないため少々の金銭的な負担であれば一考する価値はあると思います。

 

搭載される車種が限定されるということは…

一部の車にしか搭載されないのが、最先端の安全装置というものと理解してもらえたと思います。 査定の面から言えば、「一部しか搭載されていない貴重な車」と判断されることに。 結果、大きなプラス査定が期待できるわけですね。

ともあれ、最新の車には上記のような最先端技術が必ず隠れているものです。 ですので、査定額アップのアピールのためにも、勉強をしておいた方がよいかもしれませんね。

 

いつかは当たり前の時代が来る

一昔前はナビが付いているとプラス査定となっていましたが、現在では逆に付いていないとマイナス査定となることもあります。

従ってこういった安全装置も付いているのが当たり前という時代が、そう遠くない未来にやって来るのは当然と言えるでしょう。

そうなって来ると、装備されていない車はマイナス査定となってしまいますので、そういったことも考慮に入れて将来的には車を選ぶ時代が来ると思います。

時代の流れは速いですから、今のうちから少しでも安全装置が付いている車を選ぶのも良いかも知れませんね。

 

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ