外車はブランドにより大きく査定価格が左右される

今も昔も外国産の自動車は、根強い人気を誇っています。 そのため、中古車市場も安定した需要と供給のバランスを保っている状態といえるでしょう。 (厳密には、車離れもあり全体的な市場規模が小さくなってきてはいるようですが・・・車好きの買取バカとしては残念でなりません。)

さて、外国車を売りに出そうと査定をお願いしたら、どのような値段になるのか気になると思いますので、ここでは、外国車の最近の傾向を少し紹介していきましょう。

ブランド

結論はブランドによって査定額が左右される

平たく言ってしまえば、ブランドによって査定額は大きく左右されることになります。 日本車でも同様のことが言えますが、査定額の差はそれほど大きなものではありません。 外国車の場合は、元々の価格が高いこともあり、この差がとてつもなく大きく、このように話題として取り上げたくなるほどの違いです。

差が大きくなる理由は「安定した人気」がポイント

外国車の査定は、査定士でも、なかなか難しい部分があるといえます。 理由は、玉数が少ないために中古車市場の動向を読むこと難しいから。

言い方を変えると、人気車種がどのように変化していくのかの予測が難しいのです。 もちろん、今日・明日でコロっと変わるわけではないので、ある程度は市場を読むことはできます。 ただ、この人気がいつまで続くのかを予想するのが難しいわけですね。

となると、狙いは安定した人気です。 このようなブランドは先が読みやすく「売れる」ことも分かっているので、査定もプラスになりやすい傾向。 具体的には、ベンツやBMWのようなブランドは安定した人気を持っているため、良い査定額を期待しても良いでしょう。

 

査定額が期待できるブランドは?

具体的に、査定額が期待できるブランドを紹介していきます。

ベンツ(ドイツ)

日本では昔から人気のあるブランドで、最早、説明の必要がないほどですね。 ただ以前は、高級車のイメージが非常に強く裕福層が主なターゲットの車でした。 しかし、市場規模が縮小した最近ではベンツ自体が富裕層だけをターゲットにしていては経営が成り立たなくなって来たので下位グレードも充実させてきており、一般的な家庭でも手を出すことができる状況に変わってきています。 これは中古車市場では特に言えることで、結果、大幅な査定額アップが期待できるといえるでしょう。

フェラーリ(イタリア)

若い世代の男性が憧れる車。 F1でも、圧倒的な人気を誇り、世界もが認めるブランドでしょう。 そもそも、中古車市場に出回っている台数が少ないため、この希少価値が査定額プラスを期待させてくれます。 くわえて「一度は乗ってみたい」という方が多くみえ、確実な需要が期待できます。 古くなっても価値が落ちにくいという特徴がありますね。

BWM(ドイツ)

さまざまなグレード(5シリーズ・3シリーズなど)がありますが、全てにおいて人気がある稀有なブランド。 結果、外国車で間違いない選択をしたいのであれば、BMWと勧めたくなるほどの安定感です。ただ、好き嫌いは大きくあるようです。

ポルシェ(ドイツ)

スポーツメインのブランドでしたが、ターゲット層を広げるためにSUVなども展開して来ていて、一般的な層からも人気も出て来ているブランドです。フェラーリと同じく古くなっても価値が落ちにくいので確実な需要が期待できるでしょう。

 

最近のトレンドは「アウディ」(ドイツ)

少し前から、確実に人気を集め始めているのが、このアウディです。 人気の秘密は、大前提に信頼性が高いということ。

何よりも日本人は品質を重要視します。 重要視というより、品質が高いありきで買い物をします。 それを見事に実現しているのがアウディというわけです。 さらには、デザインや細部まで凝った作りが日本人受けし、爆発的に売れているのです。

この人気は、まだまだ続いていくことが予想され、中古車市場でもアウディが中心で動いているといっても過言ではありません。 結果、査定額も大幅なプラス査定が期待できるわけですね。人気車種などは新車で購入して数年乗り売る時には新車なみの価格で売れるということもあるようですね。(輸出などに関わって来る車種限定ですが^^)

 

よく見ると「ドイツ車」ばかり!?

査定額にプラスが期待できるブランド車を紹介してきましたが、何か気づきませんか? 実はドイツ車が非常に多いのです。

さまざまな理由はありますが、日本人特性にあった車が多いというのが大きな要因かと。 頑丈で壊れにくく、きめ細かいデザインと特徴が挙げられますが、まさに日本車と同様です。 ですので、中古車市場でもドイツ車系は、元気ですし査定額もアップできるのでしょう。

もし新車で、どこの車にするか?を迷ったときは、売るときのことも考えてドイツ中心に熟考するとよいかもしれませんね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ