内装やシートの汚れには注意

自宅のパソコン周りのコード類が散乱していたため、先日、思い切ってキレイにしてみようと思い立った買取バカ。 結果、(自分のことが大好きな人間なので)自画自賛するほど、キレイに整理整頓することができました。 それはそうと、本当にインターネットというのは便利なものですね。 買取バカの頭では思いつかないようなアイディアがたくさんアップされており、今回のコード類の整理整頓で参考にさせてもらいました。

では、今回のテーマ。 キレイ繋がりということで、「内装やシートの汚れ」と車査定の関係についてのお話です。

シートの汚れ

残念ながら内装・シートの汚れはマイナス査定

内装について軽視している方がよくいらっしゃいますが、実は査定時には重要視する部分の1つとなっています。 そして、あまりにもひどい汚れやキズだと、大幅なマイナス査定は避けられません。 なぜ、そこまで重要視するのか?は以下。

交換が必要となることが意外と多い

まず1つ目は、業者視点から。 買い取った車に、キズがあれば修正しますし、汚れがあれば清掃します。 売って利益をあげるためには当然の処置といえるでしょう。 しかし、中には修理だけでは修復することができない場合もあります。

こうなってしまった場合、取る方法は部品交換。 部品交換は、非常にコストがかかるため業者側としては、あまりやりたくないのが本音ではありますが… ということで、この余分なコストのしわ寄せが、マイナス査定として反映されてしまう状況です。

例えば、シート交換が必要と判断されてしまった場合。 かなりのコストになるため、大きなマイナスとなることを覚悟しておきましょう。

ともあれ、内装に関しては、部品交換になる場合が意外と多く、どうしてもマイナス査定にせざるを得ないのです。

中古車購入者は汚れを顕著に嫌がることも理由

車に限らず、中古品を購入するとき、商品が汚かったから購入意欲は一気になくなりますよね。 端的にいえば、内装・シートに汚れがあったり、キズがあったりする車は人気がありません。 人気がなければ、査定額が厳しくなること明白です。

買取専門店でもそのまま中古車オークションへ出品しますが、結局汚れがあると出品時にマイナス査定(点数が低くなる)をされてしまうので、落札額が大きく下落することになります。 ですので、こういったマイナス点は、流通ルートがどこなどによる差はさほどないということです。

 

汚れがちな内装をキレイに保つためには?

汚れやキズでマイナス査定になるのであれば、ポイントは「どうやってキレイにするのか?」ですよね。 内装をキレイに保つためのちょっとしたコツの紹介です。

当然、小まめな清掃が必要

常日頃から内装・外装のケアをすることが、当然ではありますが一番大事なことです。 長い間、汚れを放っておけば、頑固な汚れになりますし、小さなキズを放っておけば大きなキズに広がっていく可能性も。 こういったリスクを防ぐためにも、小まめな清掃・ケアが必要となってくるわけです。

もし、面倒だと思うのであれば、定期的に業者にお願いするのもOK。 値段は張りますが、お金を払うだけのサービスを提供してくれる業者も多くあるので、ぜひ利用してみてください。 お気軽にガソリンスタンドでの内装清掃でもやらないよりはマシですよ^^

タバコはもちろん吸わない!

禁煙車と喫煙車の査定価格には差が出るでも少しお話しましたが、タバコは内装を汚す代表格。 昨今は、特に中古車購入時に問題視する方が多いため、タバコは吸わないようにしましょう。 買取バカも元喫煙者だったため、喫煙者の気持ちは理解できます。が…吸いたいときは停車して外での一服を強くオススメします。

飲食類をこぼしてしまったら即清掃

飲食系をこぼしてしまいシートやフロアマットを汚してしまった場合は、早急にキレイにすることをオススメします。 モノによっては、放っておくと甚大な被害をもたらす場合も。 特にフロアマットは清掃されにくい部分なので注意してくださいね。 (フロアマットは、はたいて終わりという清掃が非常に多い)

 

内装に役立つグッズはたくさんある!

車内を清潔に保つためにも、いろいろな役立つグッズを常備しておけば役立ちます。 代表的なものは、ティッシュやウェットティッシュでしょう。 これがあるだけでも、かなり違います。

買取バカが個人的にオススメしたいのが、ドリンクホルダー。 もともと車に備え付けられているものではなく、別売りのものを利用することです。 ドリンクホルダーは、どうしても飲み物がこぼれ、汚れやすい部分。 別売りのものを利用しておけば、このリスクはかなり低減できますし、そんなに高いモノでもないため、コストパフォーマンスもよいです。

その他にも、車内用掃除機もオススメ。 車内で時間ができたとき(人を待っているときなど)に、気軽に掃除ができる大きなメリットがあります。

 

面倒なのは分かりますが愛車を可愛がってあげて!

買取バカは、面倒なことが大嫌いですので、「えーやっぱり面倒だよ」という気持ちは重々理解できます。 ですが、せっかくの相棒ですからね、キレイにしてあげてほしいと願っています。 車査定時も、マイナス査定はなくなり気持ちよく売ることもできますし、ぜひ頑張ってみてくださいね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ