ワンオーナー車は高い評価を受ける

車査定で高い評価を受けることができる要素はたくさんありますが、ここで紹介するワンオーナー車もその1つです。 早速、評価が高くなる理由を見ていきましょう。

 

基本的な疑問、そもそもワンオーナー車とは?

高い評価を受ける説明の前に、そもそもワンオーナー車とは何かを説明したいと思います。 ワンオーナー車とは、言葉から察することができる通り、査定に出す車の所有者が1人だけということを指します。 要は、車を売ろうとしている人が新車で購入した車のことです。

実はワンオーナーでも複数人が乗っている場合もある

ワンオーナーという言葉は、あくまで車の所有者名義のことを指します。 したがって、名義が変わらず複数人が乗っている状況である車でも、ワンオーナー車と表現されてしまいます。

気になるのが、そもそも一人の名義で複数の人が乗る状況があるのかです。 簡潔に言えば、こういった状況は多くあります。

例えば、家族で共有した場合です。 この場合は、父親が名義となり、母親・息子・娘が共有して乗っていれば4人の人が乗っていることになります。 では、ワンオーナーでも複数の人が乗っていたら高い評価を受けないのかという、次なる疑問が出るかと。 心配しないでください。 こういった場合調べようがないというのが現実ですので、それでもワンオーナー車と評価され査定アップが望めます。 あくまで新車購入から名義が変わっていなければ問題ありません。逆に言うと車を購入する時にワンオーナー車と大々的に書かれていたとしても、それを信用する根拠はどこにもないということでもありますね。

 

ワンオーナー車はなぜ高い評価をうける?

前置きが長くなってしまいました。 ここからが、本題のワンオーナー車が高い評価を受ける理由を記載していきます。

単純に中古車として人気が高いから

結論から言ってしまえば、中古車として人気が高いからです。 売れやすい車だから、査定時も高い評価を付けることができるわけです。

基本的に、車の査定とは「中古車として販売したときに高く売れるか?」が重要になります。 中古車市場視点で言えば、結局はこういった答えになるわけです。 ちなみに、中古車オークションでもワンオーナー車の方が早く落札されていく傾向が強いです。 中古車市場で人気があることを証明する傾向だといえます。車を購入する人の心理としては新車は手が出ないけど中古車も心配、でもワンオーナー車なら、まだ1人しか乗っていないから程度が良い車だろうと推測するわけですね。

 

ワンオーナー車はメリットが多いから人気がある

結論だけでは、芸がありませんね。 もう少し噛み砕いて説明をしていきます。 人気の理由は、やはり買ったときにメリットが多いからです。

将来的に車を査定に出すことも考えて、以下のことを注意して所有していれば高く売れることに繋がります。 ですので、常日頃から意識してみてくださいね。

「ひどい扱いを受けた車」の確率が低い

世の中には、ずさんな管理で車を所有している人は多く見えます。 したがって、確率的な話で、1人のオーナーと複数人乗り継いできたオーナーを比べたとき、やはり前者の方が安心ですよね。 誰がどのように乗ってきたのかが分からない上に、それが複数人に乗られていれば、心情的に避けたくなるわけです。 自然とワンオーナー車の方を選択する流れができ、その流れが査定額アップに繋がってくるわけです。

新車が購入できるほどの経済力がある所有車だったと証明

新車を購入するためには、多くのお金が必要となります。 軽自動車のように安い車でも100万円ほどかかってしまいますよね。 それだけのお金を出せる人が買った車だということを証明できるわけです。

こういった場合は、全てではありませんが、経済力があるためしっかりとメンテナンスをしている可能性が高いといえます。 言い方を変えると、ランニングコストを支払える経済力もあるはずとなるのです。 結果、車の状態がよい可能性が高いため、中古車市場でも人気があるわけです。 また、メンテンナスをしっかりしていることは、ワンオーナー関係なく、査定時には高い評価を受けやすくなりますので、車を売るまでしっかりとケアしてあげることも重要になります。

車のクセが付きにくい

車は、所有車の運転の仕方が大きく影響する乗り物です。 同じ車でも発進時にアクセルを強く踏む人と、軽く踏む人がいたとします。 その車を乗り換えてみると、強く踏む人は「加速力が悪い」と感じる現象がでます。 しかも顕著に出るのです。

これがいわゆる「車のクセ」というものです。 当然、所有車が複数人になれば多くのクセが付いてしまい乗りにくい車になっている可能性があるわけです。 最悪の場合は、車自身が、そのクセのギャップに耐えきれず、あちこちにダメージが出てしまっている可能性すらあります。 結果、クセがついていないような車が欲しくなるのは、誰もが思う心情だと思います。 そして、この流れが査定額アップに繋がるわけです。

 

大事なことはワンオーナーとして大事に車を扱うこと

話が少々逸れますが、ワンオーナーが高く評価される理由は、車の状態がよいからと言えます。 逆に言えば、ワンオーナーでも状態が悪ければ、高い評価は得ることができません。

車の査定をしていると、結構な割合でずさんな管理をしている人が多いのが現状です。 中には「購入してから一度も洗車したことがない」という人もいました。 したがって、本当に大事なことは、車を労わって乗ってあげるということです。 これで初めて、ワンオーナー車の価値が出ることを頭に入れておきましょう。

 

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ