ウッドが使われている内装は高評価

昨今、車のトレンドといえばハイブリッド車などのエコカーとなっています。 単純に地球環境に優しいという部分だけではなく、ランニングコストが安いことも、大きな要因といえるでしょう。

ということは、市場も「安く長く乗れる車」と、節約志向が強いニーズが見て取れます。 もっといえば、不景気や燃料の高騰も節約志向に拍車をかけています。

ただ、中には大いなる野望をもっている方もいらっしゃることでしょう。 それが高級車です。 現在では、高級車でもエコカーが導入されつつありますね。

そして高級車といえば…ウッドパネル! ウッドパネルといえば、査定時のとき高評価となります。 今回は、このウッドパネルについて、詳しくお話をしていきます。

ウッドパネル

ウッドパネルが高評価になる理由は「高級感」

冒頭にも記載したように、高級車の多くに高級感を出すために、内装にウッドパネルを利用している場合があります。 木のぬくもりというのは、人を落ち着かせる作用もあり、高級車が好んで採用することも、なんとなくイメージが湧きますよね。 ともあれ、この高級感は根強く市場が求めているものであり、必然的に査定額も高評価に繋がります。

高級感あふれる内装は高評価になりやすい

余談ですが… 高級感がある内装は何もウッドパネルだけではありません。

例えば、カーボンやピアノブラックも人気があるパネルとなります。 パネル以外にも、よく耳にするのは、革シート。 このように、意外と内装にこだわった車を市場が求めていることが理解できます。

 

ウッドパネルといっても期待のし過ぎは禁物

ただし!何でも良いからウッドパネルをつけていれば高評価になるというわけではありません。 特にウッド調パネルと呼ばれるパネルは注意が必要となります。 どういうことか?以下より詳しくお話していきます。

素材がPP素材だと評価されないことも

まずウッド調パネルの素材に注意してください。 一般的にPC素材と呼ばれるパネルであれば、相応の評価は得られます。 (当然、本物のウッドパネルと比べると見劣りはしてしまいますが…)

PP素材は、高温に弱い部分があり、夏場に変形してしまうこともあるからです。 査定時には問題なくとも、このリスクがあることは変わりないため、それが査定額に表れてしまいます。

キズが付いていれば当然評価されず

ウッドパネルでも、ウッド調パネルでも、キズがあれば査定額が下がるのは当然のこと。 ときどき「味があってよいでしょ?」とアピールしてくれる方もいらっしゃいましたが、それはあくまで主観ですので、キズはキズです。

余談ですが、この話は買取バカが査定士時代に経験したものなのですが、正直なところ「味がありました」。 やはり客観的に査定をしないといけないため心苦しくはありましたが、マイナス査定としました。 本音は高評価で査定をしてあげたかったのですが…。

「ウッド調」は自作可能だけど…査定の評価としては期待できず

世の中には、本当に手先が器用な方がいらっしゃるのだなと感じることがあります。 それが、ウッド調パネルを自作して内装をドレスアップしているという方。

こちらも、買取バカが査定士時代に出会ったお客さんだったのですが、本当に上手だったんです。 したがって、先の「味のあるキズ」と同様、評価してあげたかったのですが、やはり自作は高評価には繋がりません。 むしろ自作の場合マイナス評価になってしまう可能性もあるため、もし自作で取り付けた場合には、純正品に交換して査定に臨むとよいでしょう。

ウッド調パネルだとしても他の内装とのバランスも重要

先に紹介した内容をクリアしていても、必ずしも高評価になるわけではありません。 あくまでバランスが重要となります。

これも主観的なことになりがちですが、統一感がない突拍子なものは、どうしても印象が悪くなることは否めません。 結果、評価が悪くなってしまうことに。 この場合も、自作したウッド調パネル同様に、純正品や統一感のあるものに交換して査定に臨むようにしましょう。

 

ウッドパネルは純正品が好まれる

もしこれから車を購入しようと思っている方は、ぜひこのことも頭に入れておいて欲しいです。 それが「オプションで付けられる純正のウッドパネルは高評価に繋がる」ということ。 時と場合によっては、数万円かけたパネルがプラスになって査定されることもありますからね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ