迷ってしまう車の売却方法。メリットとリスクをまとめてみました

買取店が普及するようになってから、自動車を売るということが身近になりました。
しかし、それ以外にもクルマの売却方法はたくさんあり、それぞれにメリットやデメリット、気をつけたいことがあります。
それを知らないだけでトラブルに巻き込まれてしまうこともありますので、泣きを見る前に知識を入れておいても良いですね。

 

買取りと下取りは王道

例えば、これから車を買い替えようだなんてリッチなことをしようとするとします。(羨ましい・・)
そうなるとおのずと「楽に下取りにしちゃおうかなぁ」とか「いや、ここは少しでも高くしたいから買取店で売ってみるか!」なんて考えが出てきます。
車を買い替えるため、または必要なくなったから処分しようとなった時に誰もが考えるのがこの下取りと買取でしょう。
新車を買わないで車を処分するだけ・・・という場合は下取りではなくて買取ということになりますが、それでもこの2つの処分方法はすぐに頭に浮かぶぐらいメジャーになっているのです。

よく下取りと買取をごっちゃにしている人を見かけますが、少し恥ずかしい思いをしたりしますので覚えておきましょう。

よく聞くのがこんな言葉・・・

「この車、買取店でいくらで下取りしくれるかな~」

「ディーラーと買取店、どちらが下取り金額が高いかねぇ」

といった、下取りという言葉を買取店や中古車販売店の買取サービスで使ってしまう。
買取店というもの自体が後から生まれた形態なので仕方がないのかもしれませんが、車の知識が少ない方ほど間違って使うことがあるようです。

 

下取りはディーラーだけ

下取りと言われるのは基本的にディーラーで新車を買う時だけに使う言葉で、これから新しい車を買うから今乗っている車はいらないでしょ?
だったらこちらで引き取りますよ・・・、もちろんそれ相当の金額をつけますから、それを値引き額にあててみたらどうでしょうか?
といった感じでいらない車を引き取るということが本来の下取りの目的で、タダじゃなんだから時価で引きとって、それを現金で払うのではなく、新車購入のために値引き額相当として扱うだけの話です。

これには客側に対価を支払う形なるという一面を持ちながらも実は販売戦略であるわけで、引き取ってあげるから今すぐ買ってちょうだいといった方向に持ち込みやすくなるわけですよ、営業マンは・・・。
ただ今の時代、下取りは厳しい一面を持ちます。
それは買取店という車を買い取る一つのルートが出てきて、同じ車でも買取店の方が高い対価を得ることができるなんてことが言われるようになったからです。

確かに買取店の買取金額とディーラーの下取り金額は平均して買取金額の方が高くなります。
これはその車に対する価値の付け方が違うからで、下取りは自動車メーカーやディーラーで作られた査定価格表を見て、車の車種や年式、走行距離、ボディカラー、グレード、オプションなどの項目をあてはめて価値を出すだけなのです。
極端な話、ボディがキズだらけでも小さなへこみがあっても査定額に響くことが少なく、査定価格表に書かれている金額がすべてとなります。

そして、またその価格表というのは中古車の需要傾向があまり反映されておらず、大人気で中古車がバンバン売れていても意外と安かったり、人気がなくて中古車市場に売れ残っていても車格が高いと言い値で下取りしたりするのです。
ただ全体的に安くなるので、このご時世では金銭的なメリットは少ないのですが、ディーラーがその場ですぐに処理してくれるので買取の時のようにあちこち行く必要がないというメリットがわずかながらにあります。

 

買取は現金が手に入る

買取は買取店や買取専門店、中古車販売店などで行われることでその名の通り車を売って現金を手に入れる手段です。
もともと買取というのは中古車販売店が中古車の仕入れとして各々のお店がやっていたもので、中古車販売店に車を持ち込んでそこで査定を行い、両者納得の上、売買をするというものでした。

しかし、ある時中古車業界に大きな事件が起こりました。
それは中古車オークションの普及です。
中古車オークション、オートオークションなどとも言われますが、これらは専門業者、当時でいえば中古車販売店など車を買ったり、中古車を売っているもの同士が車を持ち込んでオークションを行い、中古車の流通を広めようということで始められ、最初のころは不定期で、空き地などを利用して行っていたのですが、オートオークションが頻繁におこなれるようになってきたことから、定期的な開催と専用施設の建設をおこない固定のオークション会場というものを作るようになったのです。

ということはオークションの開催に日時をあわせてオークション会場に車を持ちこめば、いつでも車を売りさばけるということでこぞって使うようになりました。
すると、こういった考えが生まれてきます。

「いつでも売ることができるのなら、車を消費者から買い取ってそれをオークションに持ち込むだけの商売が成り立野つのでは・・・」

ということで生まれたのが現在の買取店になります。
ですから買取店はオートオークションなくしては語れないのです。

オートオークションによって利益を生み出す買取店の買取、ということはオークションでの値の動きやその先にある中古車販売店での売れ行きなどが気になります。
そこで買取店はそういったいわゆる中古車市場の価値に目を向けるようになって、その価値観にあわせた買取金額で買い取ることになるのです。

新車で人気がなくても中古車市場で人気があるスポーツモデルが高く買い取られるのも、新車市場で大人気になっているプリウスが安くなるのもこういったカラクリがあるからで、需要と供給により大きく価値が変化するようになりました。

 

オークション代行のリターンは本当に大きいのか

一般の方が買取店で車を売って、その車が最終的にまた一般の方の手に渡るまでの流れの中には多くの業者が入ります。

売り主から買取店、買取店から中古車オークション、中古車オークションから中古車販売店、中古車販売店から買い主と、人から人に車が渡るまでに最低でも3つの業者を通るわけです。
ということは、その間に3つの中間マージンが発生してそれぞれの業者が人の車で大儲けしているということになります。
ちょっと悔しい気もしますが中古車業界はこうして潤っているわけです。

そうなるとおのずと中古車販売店で売る時の値段と買取店での買取金額はイコールではなく、実際にかかる諸費用や儲けの分が買取金額に上乗せされて、どんどん値段が上がっていき中古車販売店で高い値段で売られることになります。

 

例えば、買取バカが買取店で100万円で売った車があるとしましょう。
買取った買取店はその金額に名義変更だ出品料だ何だといったコストとして5万円、買取店の儲けを予想した形で20万円を乗せて、中古車オークションに125万円(実際にはスタート額はもっと低い)で出します。
中古車オークションで中古車販売店が130万円で落札したとすると、この時点で買取店にはあらかじめ予想していた20万円と実際の差額である5万円の25万円の現金が手に入るわけです。
そして、中古車販売店は130万円に儲けとして50万円(実際には乗っける額には大きな幅があります)を乗せて180万円で販売するという形になります。

買取バカが手にした金額100万円、しかし、中古車販売店に並んだ時には80万円も高い180万円になっている、ならば買取の時点でせめて150万円くらいにならないの?てなことになるのです。
まあ、こう言った販売ルートが一つの決まりみたいなものになっているので、仕方がないこととは思いつつ、どこかでどうにかならないの?と考えてしまうもの。

 

買取店を省いた売り方があった

買取バカ的に一番どうにかしてもらいたいのが買取店の儲け、これ結構な額を取るんです。
どうせ中古車オークションに流して売るだけなんだから、なくてもいいんじゃないの?思うわけですが、ご存じのとおり中古車オークションは業者しか出品することができないところで、出品するにはいろいろな手続きや過去の販売実績など審査的なものがあるから素人尚且つ個人の買取バカが出せる訳がありません。

しかし、何とか買取店の中間マージンだけは何とかしたい、どうにか出来れば先ほどの例でいうと125万円で売ることができるかもしれません。

実はこういったことをわずかな出費で実現することができる方法があります。
125万円とまではいきませんが、120万円ぐらいで売ることができる方法が・・・それがオークション代行という方法です。

 

個人に代わって業者が出品

中古車オークションに個人だから出せないということなら、自分に代わって業者が出品してくれないだろうか・・・という思いが現実化したのがオークション代行です。
仕組みはどうなっているのかというと、一般的な流れのちょうど買取店の部分にオークション代行業者が入るという形になります。

買取店ではそこで自店舗の利益としてたっぷりお金を持っていくわけですが、オークション業者は手数料としてそこそこの金額を取っていきますがその金額が買取店の儲けほど高くはありません。
ということは逆算して、中古車オークションで100万円で出品する車があったとしても買取店で仮に30万円ほど儲けとコスト引いた70万円で買い取りますといったことになりますが、オークション代行業者では同じ100万円の出品でもうまくすれば4万円から5万円ぐらいの手数料しかとらないので、実質的に95万円ぐらいのお金が入ってくるわけですよ。
これはメリットがあるのではと買取バカも思うのですが、この金額は「うまく行けば」ということが前提です。

 

オークション代行業者の仕組み

オークション代行業者を使って車を売る場合は、まずオークション代行業者に代行手数料としてだいたい2万円から3万円ぐらい支払います。
そして、実際にオークションに出すためにはオークション会場まで車を運ばなければならないので陸送費用として5000円ぐらい、これは出すオークション会場によって違うようです。
もちろん自分で運ぶということであれば無料です。

それから出品1回に付き出品料として1万円ぐらい取られます。
出品する時の金額は代行業者との相談で決めることもできますし「この金額でなければ売らない!」ということで自分の意見を突き通してもいいようです。

と、ここまでがオークションに出品するためにかかる費用と段取りでここまでで安く見積もってだいたい35000円程の費用が掛かっています。
そして見事に落札、落札されると成約料として約1万円かかりますので、落札された金額から45000円マイナスした金額が手に入るわけです。

当然ですがこの時点でうまく落札されれば、買取店で売った時よりはるかに高い金額になります。
例えば100万円で落札されそうな車の場合、買取店では70万円で買い取りますが、オークション代行であれば100万円で売ることになり、そこから仮に50000円に費用が掛かったとしても95万円です、その差25万円という形になります。

ただし、こういった形になるのは1回目のオークションで売れた時だけ、何やら落札される率はだいたい6割程度といわれているので競り残る可能性もあるのです。
競り残るとその時点で解約することもできますし、再度チャレンジすることもできます。
その際にまた費用が掛かり、出品するごとに1万円ぐらい追加されることになります。
もちろん出品額は前回より安くしなければなりませんし、時間が経てば車の価値もおのずと下がっていきますので、回数を重ねるごとに手に入る金額は減っていくのです。

売れるまでやってみようだなんて思って何回も繰り返しているとそのうち買取店で売った時の方が高くなってしまう可能性も。
好調に売れてくれれば大儲け、ズルズルいくと損をするというミドルリスクミドルリターンというのがオークション代行業者を利用した売却です。
引き際が大事かもしれませんね。

 

個人売買はハイリスクハイリターン

買取店といった業務形態ができる前からディーラーの下取りと同じように車の処分方法としてよく使われてきたのが個人売買です。
とは言っても昔と今ではやり方が変わってきた様子、昔は友人同士、家族同士、知人同士といった何かしらのつながりがあった者同士で行うのが普通だったのですが、最近は、インターネットが普及したおかげでネットオークションなるものが出てきて、それで売り買いをするようになりました。

 

個人売買が悪いわけじゃない

個人売買は何かとトラブルが多いと聞きますけど、だからといって個人売買はダメな売り方とか違法行為ということではありません。
何がいけないのかというと最近の個人売買は何もつながりがない人間同士がやり取りをするようになったことです。

それまでは友人、知人、家族、親戚といった血のつながりや長い間付き合いのあったもの同士、それこそ気が知れた者で同士で行うことが多く、お互いを思いやりながら、正気な取引をしてきたのでトラブルはそれほど多くなかったのです。
そりゃそうです、友達をだまして高く売りつけようとか、名義変更しないままずっと乗っているなんてことをしていたら、関係に傷がつきギクシャクし始めますからね。
こういったある意味での抑制力が働いていたために間違ってもだますようなことはしないのです。

 

しかし、最近の個人売買の主流となっているネットオークションやインターネットを介しての取引はどうでしょう。
そのほとんどが見ず知らずの人間で、最初はどこに住んでいて、何といいう名前かも知らない人間と取引をするのです。

仮に高く売りつけようとして故障している部分を隠して売っても、お金を払わなくても、その人間とこれから付き合っていくわけでもないですし、この売買だけの付き合いですので、思ったほどのリスクがなくある意味でやりたい放題とも言えます。
もちろん法律という抑制力も使うことができますが、ここは日本人、裁判などを避けたがる穏健派が多いのでよっぼど被害金額が高くなければ、結構な確率で泣き寝入りなんてことになるわけです。
ですから、個人売買が悪いのではなく、それを悪用する人間が悪いのです。

 

個人売買でよくあるトラブル

とにかくトラブル事例が多い個人売買、買取店などで売るよりは確かに高い金額で売ることはできますが、それと引き換えに嫌な思いをしたり、時には大損をすることがあるのですのが、できれば赤の他人とは取引はしない方がいいでしょう。
買取バカのようにいい人(?)ばかりではありませんので・・・(笑)。

そこでよくあるトラブルですが、売る側から見たトラブルとしてみると、まず代金の不払い、これはある意味で売った側にも落ち度があります。
先に車を渡してはいけませんよ、何か悪い物の取引じゃありませんが、車とお金はその場で交換というのが原則です。
そういう時にスマートフォンを使うのですよ、お互いにネットバンキングを契約しておいて、車を持って行った時にスマートフォンでその場で振り込んでもらう、同時に売った側もその場で残高照会をして、入金が確認できたら鍵を渡す、これぐらいのことをしないとだめです。
それが額が小さい取引だったら、いつもニコニコ現金払いがいいでしょう。

 

それから名義変更をしてくれないというもの、車も引き渡し、お金をもらって、無事取引成立!と思っていた時に4月の中盤あたりに見たことのあるような封筒が送られてきました。
中身は納税通知書、要するに自動車税を納めてくださいというあの忌々しい紙です。
納税通知書は4月1日に名義人になっている人間に送り付けてくるものですが、車を売ったのは4月よりずっと前のこと、ということは相手がまだ名義変更をしていないわけです。

これも防ぐことができますよ。
名義変更というと委任状を作って買った方が行うというように思われているようですが、本当は売る側、買う側一緒に運輸支局にいって行うものなのですよ。
それを委任状と共に相手に任せてしまうからこういうことになるのです。
時間をあわせて一緒に行くとか、あるいは逆に買った側から委任状をもらって自分で行けばいいのです。

それ以外にも難癖つけて金返せ!といってきたり、書類を中々用意してくれなかったり、すっぽかしたりといろいろなトラブルが起きています。
なので、見ず知らずの人間との個人売買はできるだけ避けた方がいいと思います。
買取バカ的には、あまりお勧めできない売却方法と言えますね。

個人売買に関しては、個人売買でのトラブルと対処法でも詳しく注意点をお話ししていますので参考になると思います。

 

委託販売の真実

これは結構前から陰ながら行われ来た売却方法です。
委託販売というと最近では店舗の1スペースを月極なり週極などで貸して、そこに自分で作った小物などを置いて、お店で売ってもらうというのが主婦たちの中で流行っているようですが、実はこの買取バカも主婦ではありませんが使ったことがあったりします。
確かにインターネットで細々と売るより、ネットオークションで売るより高い金額で、数もそれなりに売れます。

実は車の世界ではこういうことが昔からありました。
車を売るといっても中古車になるわけですから場所は中古車販売店、中古車販売店には必ず展示スペースがあって、そこに何台もの中古車が並んでいますが、要するにその展示車両の中に自分の車を紛れ込ませてしまえというのが委託販売です。

 

委託販売のシステム

委託販売をするには中古車販売店やそれを専門としている業者と契約を結びます。
販売価格を設定して、お店の商品として売ってもらうのです。
そして売れた時に販売手数料という形で業者に対してお金を払い、売却金額を手にするといった感じです。

費用としては、売れた時の販売手数料だいたい20000円から50000円程度の他に、週単位、月単位で支払う保管料や展示料といったお金を払います。
これは結局、その中古車販売店のスペースを使って売る形になるわけですから、その場所代といったところでしょう。
それと業者によっては、契約料や入会金といった形で最初のお金を払うところもあるようです。

ということは、仮に委託をしてすぐに売れれば、1回分の保管料と売れた時の販売手数料を払うだけで、あとは売却金額をそっくり手に入れることができるというわけです。
当然ながら買取店で買い取ってもらうより高くなることでしょう。
なぜなら中古車販売店で売るということは末端価格となるわけですから、買取店、オークション代行業者、中古車販売店といった3つのマージンをピンハネしたことになるので買取店よりはるかに高くなります。

 

すぐに売れないと・・・

すぐに売れればこんなに楽な話でおいしい話はありません。
中古車販売店が自分のところの車と同じように宣伝してくれて、売ってくれるわけですから自分がなにもしなくて現金が手に入るのです。

しかし、すぐに売れればの話です。
もしずっと売れなかったらどうなるかというと、先ず費用面がかさんでいきます。
定期的にかかる保管料や展示料というものが委託している期間が長くなればなるほどかかります。
こればかりはそういった契約なのですから仕方がないでしょう。

次に業者から値下げするように言われます。
今まで200万円で売っていましたが、これで売れ残ってしまったので150万円にしませんか・・・みたいな感じで言われます。
もし、それでも売れないと今度は120万円ぐらいにしませんか・・・100万円にしませんか・・・といった感じで売れないでいるとどんどん値段を下げることを進言されます。
もちろん価格設定は本人次第で決めることができますので、「そのまま現状維持!」ということもできます。
ただ現実的に、価格設定が高すぎるから売れないという事実もありますので、値下げする必要もあるかもしれません。

 

こんな悪用もあるかも

これはすべての業者がこうだということではありませんが、中にはいわゆる悪徳業者的なところがあって、わざと売れないようにして価格設定を下げさせ、かなり安くなったところでお客さんに買わせるのではなく、その業者自らが買い取って、それを精魂込めて売ったり、オークションに流して転売したりということをするところがあるようです。

そのために店舗で売っている体を取っていても、問い合わせや直接客がその車のことを聞きに来ると「この車、エンジンの調子があまりよくないですよ」とか「修復歴車なのであまりお勧めできません」などさも善人ぶって、その車があまり良くないことを興味を持った方に対して伝えています。
そうなれば誰も買いません。
売れないのではなく、売ろうとしていないのです。

売れないことで長期間置いておけば、その分たくさんの保管料や展示料を得ることができますし、最後はとても安い金額で買い取ることもできてしまいます。
中にはあまりにも売れないから引き取るということで、委託を解約しようとすると多額の解約料を請求するところもあるようなので注意が必要です。

あまり大っぴらになっていないだけあって、詳しく知る人間もいないことから足元を見ているのでしょう。
もちろん最初にも言いましたが、すべての委託業者がこうであるということではありません。
委託販売自体が悪いのではなく、そういった業者もいるということを理解しておくことでトラブルに巻き込まれる可能性は少しは低くなります。

 

買取バカも昔よくおじいちゃんに「欲をかくとろくなことはねぇぞ」なんて言われたものですが、車の売却ってまさにそうなのかもしれません。
高く売ろうとするばかりに詐欺まがいなことにあったり、いつまでたっても持っていない税金を払い続けたりなんてことになることもあるわけですよ。
そうなると一番手堅いのは、やはり買取店の買取か、新車を買うなら下取りってことになるのでしょう。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ