車を高く売る具体的な6つの方法

「何をすれば良いのか分からない場合、どうしたら良いのか?」
先日、若手社員がトラブルを起こしてしまったため、定例会議の議題として上記のことがテーマとして取り上げられました。
根本原因は、誰にも相談せずにほったらかしにしてしまったというもの。
難しい問題に直面し、何をすれば良いのか?と分からずに放っておいて現実逃避をしてしまったわけですね。
気持ちは分からなくないないですが…状況が悪化するだけなので、何かしら行動を起こすべきした。
買取バカが、まだまだ20代前半でピチピチのイケイケの勢いがある有望若手社員だった頃も、似たような失敗をしてしまったので感慨深いものありましたが(笑)

さて、車査定のお話をしていきましょう。
車を高く売るには色々な方法がありますが、結局のところ「何をすればよいのか?」とフワフワしている状態かもしれません。
ということで、今回は効果的な方法で、さらに誰でもできるようなことをまとめました。
ぜひ参考にどうぞ!

 

誰でもできる車を高く売るための6つの方法

ちなみにですが「誰でもできる」と記載はさせてもらいましたが、イコール簡単というわけではありません。
場合によっては、運要素や日々の努力(面倒な作業)もあるため、高く売るためには相応の苦労もあることは理解しておいてください。

新型が出る前に売ること

新型車が市場に出始めると、それまでの現行モデルが1つ古くなり価値を下げることになります。
また、中古車市場でも古くなったモデルは非常に売れにくい状況になってしまいます。
結果、買取価格も下がることになるため、もし新型が発売されるとなった時期と売りたい時期が重なってしまった場合は、早急に売るようにすることが鉄則です。

マイナーチェンジ前に売ること

新型が発売されるときと、ほぼ同様の状況です。
中古車は売れなくなってくると、相場を徐々に下げて売る努力をします。
結果、買取価格も「売れにくい車」というレッテルを張られるため、査定価格が低くなってしまいます。
マイナーチェンジでも必ず、発売前に売るようにすることが鉄則。

タイミングや時期を考えて売る

「売る時期」も非常に重要になります。
11月・12月ぐらいであれば、年を絶対にまたがないこと。
これは、車の年式が1つ古くなってしまうため、価値が下がることになります。
査定額というものは、この年式と走行距離、そして車種をベースに算出されるため、基本的な部分の価値が下がれば買取価格も低くなるのは当然です。

もう1つは、年度末であれば新年度を迎える前に売ることが高く売る方法に。
理由は、決算期だから。
株主にアピールする意味合いなどこめて、多くの車を売買して積極的に業務を遂行しているアピールをしなければなりません。
だからこそ、業者は多少無理をしてでも車を買い取りたいわけです。
となれば、この買い取りたいという気持ちが査定額に反映されて高く売ることができるのです。

洗車や室内清掃をしっかりとする

前のオーナーが、全く室内清掃もせず、洗車もせず、とにかく汚い車だった場合…新オーナーとして「乗りたいですか?」
当然、乗りたくありませんよね。
つまり汚い車は売りにくいため、その分、査定額が下がってしまうことになります。
もちろん、業者が買取をした際、全力で清掃をすることになりますが、この手間賃も査定額を下げてしまう要因になるため、常日頃から清潔にしておくとよいです。

整備やメンテナンスをしっかりとする

日々のメンテナンスは言うまでも高く売る大切な方法となります。
買取バカが査定士をしていたころ、こんなお客さんに出会いました。
エンジンオイルを変えたことがない…もちろんエレメントも。
走行距離は5万kmほどだったため、もうエンジンが危ないなということで、査定額は非常に低いものにさせてもらいました。
(逆に、そんな状態でも走行ができる日本車の凄さを改めて認識をしましたが…)
車には他にも重要なパーツのメンテナンスが色々とあるため、しっかりと行うようにしましょう。
さらに、定期点検をしたときなどは、必ず整備手帳が記載されているか?も欠かさずチェックすることが、高く売るためのコツとなります。

複数の業者に査定してもらう

これは、説明をする必要がないほどの常套手段。
車買取に限らず、何かしらのアイテムを査定に出すときは必ず複数業者に査定をしてもらって、見積もり合戦をしてもらうことが大切です。
交渉なども行わないといけないため、正直なところ精神的にも体力的にも負担が大きくなってしまいますが、頑張ったら頑張った分の一番効果が出やすいところになります。
心を強く持ってしっかりと複数業者と査定をしてもらうようにしましょう。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ