車の売却後に自動車税納付書が届くことがあるのか

納税は国民の義務。
日本という国に住んでいる以上、国に対して税金を支払っていかなければなりません。
とはいえ、誤解を恐れずに言うのであれば「支払わないでよい税金」というものも中にはあります。
最たる例は、税金の免除(控除)をして貰えるというものでしょう。
住宅ローン控除や配偶者控除など、意外と多くの種類があるため、損をしないためにもしっかりと知識を身に付けて節税をしたいところですね。

今回、取り上げるテーマは自動車税について。
イレギュラーな事象にはなりますが、実は自動車税納付書が届いても納税しないでよい場合もあります。
一体、どういう場合なのか?早速、以下よりお話をしていきます。

 

ポイントは4月中の名義にある

自動車税の基本的なお話をまずしていきます。
自動車税とは、毎年5月ぐらいに納付書が届く税金で、春になると「億劫だな」と思ってしまう風物詩の1つ。
そして、この納付書は、4月時点での車の所有者、つまり登録されている名義の住所に送付されるようになっています。

これを踏まえて、ちょっとしたクイズを出題!
3月に愛車を買取業者に買い取ってもらった場合、自動車税納付書はどこに届くでしょうか?

買取をしてくれた業者に届くのか?はたまた、自分自身に届くのか?の二者択一。
先のお話を思い出してみると、4月時点に名義となっている人物と記載しました。
となれば、答えは買取をした業者………とはなりません。

恐らく多くのケースが元オーナーの住所に送付されることになるかと。
もちろん届かない場合もあるため断言はできませんが。
ただ、伝えたいのは、3月時点、特に月末に買い取ってもらった場合、非常に高い確率で名義変更はされていません。
したがって、買い取ってもらったとしても、名義が変わっていないため、元オーナーの住所へ送付されることになるわけですね。

となると「車の売却後に自動車税納付書が届くことがあるのか?」という問いには、届く可能性があるし、届いても何ら不思議なことではないと結論付けることができます。

 

届いた納付書で自動車税を支払うべきか?

ちなみに、売却後に届いた自動車税納付書にて、納税する必要があるのか?と気になるところかと。
回答としては、払うべきときと、払わなくてもよいときに分けられます。
ハッキリしない答えだなとお叱りの声があるかもしれませんが、正直なところ「本当にそうなんだもん!しょうがないじゃん!」と言いたいところです。

理由は至ってシンプルで、3月・4月に買取業者に買い取ってもらった場合は、必ず業者側から自動車税の説明があり、その説明の内容に依存するから。
もう少し掘り下げて説明をします。
3月に売却したとして、このときに買取業者から「プラスして自動車税も支払っておきます」と説明があれば、当然、元オーナーが支払うことになります。
査定額にプラスして納税すべきお金を上積みして買い取ってくれたわけですからね。
ときには、既に査定額に盛り込み済みのときもあるため、査定額の内訳はしっかりと確認しておきましょう。
結果、この場合は、自動車納付書が届いた時点で、元オーナーである方が支払うことになります。

となれば、自然と逆のパターンも考えることができますよね。
提示された査定額の内訳に自動車税が盛り込まれていない場合。
このときは、当然、買取業者側が支払うべきと視点が180度も変わることになります。
つまり自動車税に関する旨が記載されていないわけですから、支払うも何も対応の取りようがないのが正直なところかと。

無難な方法は、やはり買取業者と話し合うことが大切になると断言できます。
この手の問題は、お金で精神的にも疲れてしまうため逃げ出したくなってしまうのも事実。
だからこそ、売却時に対応して欲しいと切に願います。

 

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ