買取店への疑問

自動車を買い替えたいとか車を売って現金を手にしたいといった時に使う買取店、買取バカのまわりでも、どうしてもまとまったお金が必要だということで、カーライフを捨てて、お金のために買取店で車を売ったやつがいました。

買取バカは一応、仲間内では「自動車に詳しいやつ」といわれているわけで、その時もいろいろ相談にのっていたのですが、その時に思ったのが、「買取店のことって意外と知られていないんだなぁ」といったことでした。
こう言っては何ですが、知っている人間からすれば「そんなの当たり前だろう!」と思えることが初めて買取店で車を売る人には未知の世界であったりするわけです。
そこでよく聞かれることをここで一挙に紹介して、これを見るだけで「納得!ポン!(手を打つ音)」といった感じになってもらいたいと思います。

 

査定額っていつまで有効?

インターネット上で申込みができる一括査定サイトや買取店のWebサイトでオンライン査定をして、そこから実際の査定を行う買取店を決めたとします。
そもそもオンライン査定など査定ではなく買取店の客集めでしかないので、そこで出された査定額など全くあてにならないものですが、目安となるものがないので、そのオンライン査定でのとりあえずの査定額で判断するしかありません。

そして、実際に査定に来てもらって、そこで本当の意味での査定額を知ったとします。
そこでは恐らく二つ返事で「売ります!」という方はいないでしょう。
きっと心の中では・・・「この金額って妥当なのかなぁ」とか「ここよりももっと高い査定額を出してくれるところあるんじゃないの~」なんてことを思っていたりするわけですよ。

そこで、買取店が査定だけでもOKだということですし、査定費用を取るわけではないので、ひとまず保留ということで他の買取店をあたってみたり、詳しい人に相談してから決めようということになるかと。
その時に買取店の営業マンからこういったことを言われると思います。

「この査定額は今だけですよ~、明日になったらどうなるかわかりませんので、できれば今売った方が得ですよ。」

確かに自動車の価値は固定ではなく変動的なものですので、査定額も変わるのは納得がいきますが、果たしてそれは本当なのかという疑問が浮かぶわけです。
それを知るには、まずは買取店が車の査定額を算出する仕組みを知らなければなりません。

 

買取店はこうして儲けている

買取店は買取った車を業者間だけで行われるオークションに出品して、そこで落札された金額で中古車販売店などに転売する形をとり、その差額を儲けとしている業者です。
早い話、過去買ったが太ってしまい、もう二度と着られなくなった洋服をネットオークションに出して、小遣い稼ぎをしている我々と同じようなことをしているわけです。
ただ、我々はどちらかというと捨てるなら少しでもお金にしようといったことで、実際にその洋服を購入した金額より安い金額で売り払う形となり、金銭的には大損するわけですが買取店はそうはいきません。

儲けを出さなければならないので、オークションで落札されるであろう金額を想定して、それよりも安い金額で買い取ろうとします。
その落札されるであろう金額を想定するのに利用するのがオークションで実際に落札された過去の情報や中古車販売店などでの売値で、そこから販売店側が取る利益分を差し引いた金額を計算して、それを落札されるであろう金額を割り出すのです。
そういった金額はいわゆる中古車相場というものがあるので、いちいち買取店が1台ずつ金額を調べる訳じゃありません。

 

中古車相場は毎日変動する、しかし・・・

そういったいわゆる中古車相場は買う人と売る人のバランスによってころころ変わるもので、それを参考にする買取店の買取相場もころころ変わります。
ですので、営業マンがいった「この金額は今日だけですよ」という言葉はあながち嘘ではない!

しかしです、毎日変わる相場にあわせて買取金額を変えるような面倒臭いことを買取店がするわけがない!
実際は週単位とか半月単位でその買取店内での査定相場なるものを書き換えて、それを見ながら査定士と名乗る営業マンが査定をするのです。

ということは、「明日になったら金額が変わる」というセリフには信憑性がないことになります。
仮に偶然「明日、我が社の査定相場が変わりますよ」といった時期であれば本当かもしれない、しかし、そんなときに偶然にも査定を申し込むことなどそうそうありませんって。

営業マンの「この金額は今日まで」とか「明日には査定額が変わる」という言葉は早いとこ売却させるための営業トークといっても過言ではないでしょう。
一度でも査定をした人間は売るまでかじりついていくのが買取店のやり方ですし、時間的猶予を与えてしまって、他の買取店に浮気されてしまっては困るので、できれば今すぐにでも売買契約に持ち込もうとがっついている状況だと判断してください。

ただ、査定額もずっと同じではないことは事実、車は古くなればなるほど価値が下がるわけですから、次に査定した時は査定額が下がっていることは確実なので、買取店の言い分も営業トークだけでなく真実も隠れていそう。
そういったこと踏まえて考えてみると、買取店の査定相場の更新パターンから見て、1週間ぐらいまでが査定額の賞味期限ではないでしょうか。

 

売却金はいつ受け取れるの?

売ったからにはすぐにお金をもらいたいもの、誰もがそうでしょう。
しかし、買取店はすぐにその場でお金を渡してはくれません。
トラックの買取業界では「その場で現金払い!」といったことを売りにしている業者があって、どうやらそれがトラック買取りで当たり前のようですが、我々が買うような乗用車や商用バンなどではそういった慣習がありません。

実は昔は乗用車でもこういった慣習があったのですが、その時は買取店といった業者はなく、中古車販売店が直接仕入れる形で買っていた時代の話です。
車を中古車販売店にもって行って、査定をしてもらい、その金額で納得がいったら車とお金を引き換えにしていたのです。
今もそうすればいいのにと思うのですが、そこは手堅い商売をしている買取店ですから、損をする取引はしません。

買取店だって、車の1台や2台を買い取るぐらいの資金はいつでも用意されていて、その場で支払うことができないわけがないのですが、そこで現金を取り出さないで「銀行口座に後日、振込ます」といってきてはぐらかされてしまいます。
後日といってもだいたい翌日から3日以内に振り込まれることが多く、早いところだと翌日の朝にもうすでに入っていたなんてこともあるようです。

実はこれには大きな理由があるんです。
それも買取店に非常に大きなメリットをもたらす理由が・・・。
それが再査定です。

 

もう一度査定してどうするの?

もう一回、同じことをして何の得があるのかと言いたいところですが、これには実のところ、いろいろな意味が隠されているんですねぇ。

1つ目、例えば査定した時に気が付かなかった大きなキズを後で見つけてしまった場合、それでは買取店が高く転売することができなくなっちゃうので、そこで儲けが減ってしまうわけです。
査定の時に気が付かない買取店も買取店ですが、場合によってはオーナーの言葉巧みな戦略で見落としてしまうこともあります。
そこでオーナー不在の車を引き取った後にもう一度、再確認をして損はないかどうかを確認するのです。

2つ目、これも意味合い的には1つ目と同じですが、例えば査定が下手な人間、入社して間もない新人さんが査定をしたときに、その査定にミスが出ることがあるので、再査定で上司が再確認したりします。
そこで査定に間違いがあって、異常に高い金額で買い取ってしまわないようにとここでもう一度見て損がないようにするのです。
きっと、そのあと査定をした人間はこっぴどく怒られていることでしょう・・・そうやって人間、成長していくものです。

3つ目、これには注意をされたし。
はっきり言ってこういったことをする買取店は悪徳業者です。
オーナーを目の前にして行う査定の時は、そこそこ納得のいく査定金額を出して、オーナーを幸せ感いっぱいにして売買契約まで持ち込みます。
そして再査定を行ったと称し、なんだかんだ理由をつけて査定額の大幅減額を行い、その金額を振り込むということがあります。

 

ちゃんとした買取店でもこういったことをする場合がありますが、それは正規の手続きを追って行った結果、そうなってしまったということですから納得するしかない。
しかし、悪徳業者は最初から大幅減額をした時の金額で買い取ることを想定し、契約に結び付けるだけの口実として、他の買取店では絶対に出ないような高い査定額を出しているのですから腹が立つ!
汚いやり方でしょ~、こういったあこぎな商売をしているところがあるのだから驚きです。
再査定はこういった使われ方もされたりしています。

3つ目のある意味で違法行為となるものは別としても再査定は、すべて買取店の保護のために行われているので、売る側にしてはなんの得もないのですよ。

「人がいないところで、こそこそとやりやがって・・・」

といいたい気持ちもわかりますが、文句を言ってはいけません。
もう一度契約書を見てください、どこかしらに再査定に関する条文が書かれているはずです。

「契約を取り交わした後にもう一度査定を行い、その時の査定額が契約書の金額と違う場合でももう一度査定した時の金額が契約の金額となります・・・云々」といったことがどこかに書かれていると思いますよ。

要するにこれは売る主も認めたことだから文句も言えないのです。

 

再査定以外にも理由がある

再査定にかかる時間を稼ぐ以外にも、書類の不備を防ぐことにもこの時間が使われることがあります。
ご存じのように車の売却というのは名義変更という法律で定められた手続きが必要です。
売った人から買取店に所有者を移すことですが、これができなければ取引完了とすることができないため、その手続きに必要な書類がそろっているかどうかの確認とその書類がちゃんと使えるのかの確認をするために時間を取るのです。

例えば印鑑証明書を持ってきたが、1年も前のものだったとか印鑑証明書と実印だと言って押してもらった印が違うなど、結構こういったことがあるのだそうです。
そうなると正規の手続きができないので、連絡を入れてもう一度ちゃんとしたものを持ってくるように言って持ってこさせるために時間が必要ということです。
だいたいこういった時はきちんとした書類と引き換えにお金を振り込みますといった形になりがちなので、振り込まれるまでの時間はあなた次第、あなたの行動力で早くすることも遅くすることも可能だと言うことですね。

 

車を売った後にキャンセルすることはできる?

今はそれほどではありませんが、買取店での車の売却トラブルで、再査定による査定額の大幅減額の次に多かったトラブルがキャンセルにまつわるものでした。
過去形であるのは今ではだいぶ改善されてきたからですが、それまでは結構ひどいことがあったようですよ~。

 

キャンセルがらみのトラブル

買取店でのキャンセルで過去によくあったトラブルというのが高額キャンセル料の請求です。
例えば、売買契約まで至って、あとはお金をもらうだけとなった時に何を血迷ったのか急に売るのがもったいなくなって、車の売却を取りやめることになったとします。
そして、そのことを買取店に連絡したら「既に運び出してしまってもうここにはないですよ」とか「既に買い手が見つかっちゃって、その方に売る手はずが進んでしまっています」などといって、素直にキャンセルに応じない状態、それでもどうにか取り戻したので、しつこくキャンセルしてくれ!といったらキャンセル料が発生するとのこと。
キャンセル料を払っても取り戻したいので、いくらかと聞いたら、とんでもない金額を言ってきた!

その理由は、

  • 「既に運び出しているので、それをまた持ち帰るには輸送費がかかる、往復の輸送費を払えば返してやる」
  • 「もう売り手が決まっており、○○万円で売ることになっているからそれと同額のお金で再度買い上げてください」

といったようなことで、その金額、要するにキャンセル料は売却した金額よりはるかに高い金額となってしまった。
車を売るぐらいだからそんなお金を用意することなど絶対無理だから泣く泣くそのまま売却してしまった。
こんなことがよくあったようですよ。

 

今なら容易にキャンセルできるかも

ちょっと脅してしまったかもしれませんが、これは過去に本当にあった事実です。
しかし、今は大丈夫、こういったことがないようになりました。

なぜなら国民生活センターが動いたからです。
国民生活センターといえば、例えば、買った商品の質が悪いとか、店の対応が悪いといったような商品を買った側の苦情をぶつけるところですが、それ以外にも業者と個人との間のやり取りで問題があった場合にも相談にのってくれるところでもあります。

きっとキャンセル料の請求で嫌な思いをした人がたくさんいたのでしょう。
そのことが国民生活センターに上がり、それはひどいということで国民生活センターがこういった発表をしたのです。

「買取店での売却のキャンセル料は実際の損害だけするべし」

要するに買取店が勝手に決めた金額をキャンセル料としてはいけませんよ、キャンセルによって実際にかかった分だけをキャンセル料としなさいということです。
なので、先ほどの理由でいえば「既に運び出している」ということであれば、まず本当に運び出しているのか、どこに持って行ったのか、そのためにどれだけの費用が掛かっているかということをすべて証明した上で金額を計算して、それだけをもらいなさい・・・ということ。

「既に売り手が決まっている」ということであれば、誰に売ることになっているのか、いくらで売ることになっているか、その代金はもらっているか、車が今どこにあるのかなどを証明してかかった経費などを計算してそれを請求しなさいということになるわけです。

ということは車をまだ引き渡していない状態、例えば口約束だけで車や書類をまだ渡していない状態、契約前の状態であれば一切の費用の請求はできないということになるのです。
そりゃそうです、口で売りますといっただけで、どこにお金がかかるのでしょう、一円たりともかかっちゃいない、昔ならこの時点でキャンセル料を請求されていたものですが、今ではびた一文払う必要がないわけです。
一方、契約書も取り交わし、車を渡しちゃった後ではどうかというと、これは具体的にその車がどういった状態になっているかによって変わってくる、例えば、まだ買取店に車がある場合は、費用など一切かかっていないからキャンセル料は無料、オークション会場まで運んでしまったらそこまでの運送費が費用となるのでその分だけ、オークションの出品料を払っているなら、その出品料と輸送費が実質的な費用ということになります。

厳密に言えばそれらをすべて計算した上でキャンセル料を算出しなければならないが、買取店も暇じゃない、こんなことに時間を使うよりも新しい車を見つけるの方が効率的なので、大雑把に車が今どこにあるとか手続きがどの段階にあるのかということで、金額ではなくキャンセルができる・できないといった形で処理するようになりました。
確かにそれなら買取店も売った側もわかりやすいです。
ただし、キャンセル料を契約時に予め決めておくことが多くなっていますので、その場合はそれに従う必要が出て来ます。(相場としては10万円程度)

 

オークションに出されていなければ基本キャンセル可能

先ほども言ったように、最近のやり方ですと契約書を取り交わした場合、キャンセルすることができる状況であれば規定のキャンセル料を払えばキャンセル可能で、キャンセルできない場合は・・・できません、ということになるようです。
車を引き渡していない時はこれは完全に可能です。
しかし、車を既に引き渡している場合はそこからどれくらい経ったのかによってキャンセルができる・できないが決まります。

買取店をいろいろ調べてみると売った車が買取店にある場合、あるいは買取店の本部などに輸送された状態ならキャンセルが可能なところが多い・・・ということはオークションに出される前であればキャンセルができるということです。
オークションに出すまでは、どの買取店もだいたい2日~3日ぐらいの時間がかかるようなので、その間であれば車を既に引き渡していてもキャンセル可能といってもいいでしょう。
もし、どうしてもキャンセルしたいのであれば、兎にも角にもすぐに連絡を入れよう、今なら間に合うかもしれないですよ!

 

車を引渡し後に乗り替え車輌が納車されるまで代車を借りることはできる?

今までは新車を買うとなるとたいした金額にならない下取りに出して新車を買ったものですが、買取店が流行り始めてからは、買取店で車を売って、そのお金を握ってディーラーに駆け込む方多くなってきました。
確かにこっちの方が資金を稼ぐことができるし、査定費用がマイナスされることがないので金銭的に楽でしょう。
問題は買取と新車の納車のタイミングが合わないこと、下取りの場合は納車時に下取車を持ち込めば交換ということが可能ですが、買取店の場合は少し話が違ってきます。
買取店で車を売ったはいいが車を一台しかない方だったら、その時点で足が無くなる、かといってコンビニでドリンクを買うみたいに新しい車がすぐに手に入るわけがない、この期間をどうして埋めようか!

そこで誰もが思うのが買取店で代車を貸してくれないかねぇ~ということですよ。
買取店のWebサイトなどを見てみると「代車あります」なんてことが書かれているので、台車サービスがあることは事実、じゃあ、新車が来るまで借りておきましょうかということになりますが、そううまくいかないのがこの世の中です。

 

買取店での代車は短期間

買取店で代車を借りることができることは分かったので、車を売る時に今から新車が納車されるまで車を貸してくれ、ということを伝えると「いつまでですか?」なんてことを聞かれます。
そこで、納車されるのは、約一か月後だったので「今日から一か月貸してください」というと「そこまでは貸せません」などといったことを言われてしまいます。

そうなんです。
買取店の代車サービスは1か月も貸してくれないのですよ。
新車を買うと納車までのかなり時間がかかります。
たまたまディーラーが得点稼ぎのために在庫として仕入れていた時などであれば、1週間ぐらいでなんとかなることがありますが、普通は2週間なり3週間なり(長い時には数か月何てことも)待たされることになるわけです。

特に最近はコスト削減とやらで余計に作っておかないので、生産に入るまでにも時間がかかる。
全く売れない不人気車や超人気のモデルなどでは1か月以上、ひどい場合では半年も待たされることものあるわけです。

 

この空白期間を埋めようと買取店に代車を使って無料で車を調達しようとしても無駄なこと、買取店では長くても2週間がいいところなのです。
場合によっては有償で3週間ぐらいまでは伸ばすことができるようですが、さすがに1か月以上は無理!

妥当なのは、やはりレンタカーでしょうか。
レンタカーは、何時間でいくらといった形で借りると結構な値段を取られますが、1か月といった長期契約で借りると案外安かったりする、それをうまく利用して新車が納車されるのを待つしかないでしょう。

まぁ、考え方によっちゃあ当たり前かもしれませんね。
だって買取店は車を買取るところで、車を貸すところじゃないですからねぇ。
「車が無くなっちゃ困るからすぐには売れないよ」といわれた時の切り札として使っているだけですから、車を貸すことは目的じゃないわけです。

どうせ買い取ったが値がつかないようなおんぼろ車や修復歴車などを取っておいて、そういった代車用にとってあるだけだから貸してくれてもよさそうなのに、間接的には利益につながるが直接金儲けできないことに努力はしない、こんな感じでしょうか。
とりあえず代車をいつまで借りられるか聞いてみて、足りない分は自腹でレンタカーや最近流行のカーシェアリングなど利用するしかないのはないでしょうか。
または、売る時期を少しずらすなど工夫が必要かも知れませんね。

 

査定をする前に知識を付けよう

ここまで買取店について疑問がありそうな内容を上げて来ましたが、買取店って意外と複雑でしょう?
表向きは何でも買取ります、どんな車でも高価買取しますなどと言っていても、実際に利用してみると何だかんだ制約があったりするのです。
どうせ買取店を利用するならちゃんと知識を持ってから、相手の言いなりになったり、できないことを無理強いしたりしないように上手に使いたいものです。
そうすることで自分の身も守れますからね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ