買取や引取の拒否、査定拒否されることもあるのか

買取店も商売です。
買い取ってそれを転売することで儲けを出しているところですので、転売できなさそうな車を買い取ることもありませんし無駄に査定などする必要もありません。
ボランティアで車を引き取っているわけではないのです。

一般の商店でどう見ても絶対に売れないような時代遅れの商品や欠陥ばかりで、まともに使えないような商品を仕入れないのと同じで、売る事を念頭に入れて、その仕入れとして車を買い取っているのですから、その見込みがないものは「いりません(誰が買うか!)」という話になります。
従って、買取店でも買取りや引き取り、それ以前の査定を拒否することがあります。

 

拒否されるパターン

まず頭に入れておきたいのは、その車が中古車という商品になるのかどうかです。

 

車の状態が悪いもの

ボディがボロボロであちこちに錆が発生している、ルーフは酸性雨の影響でシミができている。
派手にぶつけたのか、大きなへこみがあちこちに入っている・・・「もうちょっと大事に扱えや!」といいたいところですが、こういう車は中身がどうであれ、まず買取は難しいでしょう。

買取店では買い取った車をそのまま、すぐにオークションなどに出すことがほとんどなのですが、場合によっては少し修理をして、それから売りに出す場合もあります。
中古車市場で人気となっているモデルや人気がありながらも現在は生産終了となっているスポーツモデルなどがそういった扱いを受けます。
要するに価値が高いから多少傷みがあっても「修理してまでも買う価値あり!」「これなら絶対に商売になるぞ」・・・ということで修理代を含めて買取を行うわけです。

そこでその修理費用を含めた金額で買い取るのですが、そこで利益がしっかりと確保できないとか足が出てしまうといった場合は買取店側に車を買い取るメリットがありません。

オークションでの想定落札額50万円-買取店の利益10万円-買取店のコスト5万円=35万円

だとすると、この35万円の中で修理が必要な場合は、その修理費用と買取金額を工面しなければならず、仮に修理費費用が5万円だったとすると買取金額は30万円になります。
しかし、ここでボディ全体のあちこちにへこみやキズがある錆びもたくさん出ているということになると、修理費用がかなり高くなり40万円にも50万円にもなってしまうため、35万円を大きく超える形となり、それこそ買取店側の利益分を少なくして買い取るしかありません。

世の中に買取を行うことができる車がその車一台であったり、査定を行った車を必ず買い取らなければならないということでない限り、買取店は自分たちの利益を削ってまでそのボロボロな車を買い取ることはしません。
これは誰でもきっと同じでしょう。
自分もそうです。
将来的に絶対に株価が下がることが予想される株を買うわけがありません・・・大損しますから・・・。
買取店もそういった考えのもと商売を行っているということです。

 

エンジン・ドライブトレーンにトラブルがあるもの

エンジンやトランスミッションなど車を走らせる上でとても大事な部分に欠陥を抱える場合、あるいはすでに壊れている場合、これも買取拒否される可能性がかなり高いでしょう。
これは先程のボディの傷みが激しいものと同じで修理費用が掛かり、それによって利益を確保することができなくなるからということなのですが、エンジンやトランスミッション、ドライブトレーン、ハイブリッドシステムなどは最初から多額の修理費用がかかる事がわかりきっているので、買取店側ははなから買い取ろうとはせず査定を行う前や行った後などに、「事故車買取店っていうところもありますので・・・」といった感じで表面上はやんわりと「他のところで売ってください」といった雰囲気をバリバリに出してきます。

 

違法改造がある場合

これは法律で公道を走ることを目的として違法改造車の売買が禁止されているので仕方がありませんが、たまに違法改造ではありませんがメーターを交換したということで拒否されることがあります。
メーターパネルにはオドメーターという積算走行距離を示すものが付けられていますが、メーターを交換することでそのオドメーターがリセットされてしまい、実際の走行距離がわからなくなってしまいます。
要するに走行距離偽装を疑われるわけです。

正当な理由でディーラーなどでメーターを交換するとそれまでの走行距離を車検証に記載してくれるので良いのですが、自分で輸出仕様のメーターに交換したり、スピードレンジの高いメーターの交換した場合などではそういったいわゆる証明がないので、きっぱりと断られるか、1/10程度金額で買い取られることになるでしょう。
それ以外にも書類の不備や車の価値が全くないような超不人気車なども拒否されることは確実です。
まあ、どう見てもこれは売れないなぁ・・・素人目で見てダメなものは、拒否されてしまう可能性はあるかもしれませんね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ