自動車税を滞納していても車を売ることはできるのか

税金と耳にしたとき、どのようなイメージを抱きますか?
「高い」「払いたくない」「増税前に議員定数を削減しろ!」「公務員の給料を下げて対応しろ!」など、各々思うことがあるかと。

買取バカも、マイナスなイメージが強いですが、たまに「上手いこと考えたな」と思うときがあります。
例えば、増税しつつも控除枠を大きくするという手法。
税金について無知の場合、この控除のことをよく知らずに増税分を丸々支払っている方が大勢いらっしゃいます。
国としては「控除の申請をしなかったのだから知らないよ」という大義もでき、上手いこと考えるなと思うわけです。

ともあれ、今回は自動車税についてのお話。
この自動車税を滞納していても車を売却することはできるのか?です。
ちなみに、自動車税とは毎年5月ぐらいに送られてくる、億劫なあの税金のことです。

 

そもそも自動車税を滞納するとどうなるのか?

結論のお話をする前に、自動車税についての知識を身に付けておきましょう。
売却できるのか?できないのか?にも関わってくることのため、ある程度の知識は持っておくべきかなと。

車検を通すことができない

車検を行うとき、必ず納付証明書が必要となります。
納付証明書とは、言葉通り「納税をしましたよ」ということを証明する書類となります。
したがって、納税をしていない限り納付証明書は貰うことはできず、車検を受けることができないというわけですね。

ちなみに、この納付証明書は意外と紛失してしまう方がいらっしゃいます。
そのときは、陸運局や税事務所に行けば再発行して貰えます。

廃車にすることができない

いきなり矛盾をしてしまいますが、滞納をしていても実は廃車すること可能です。
ただし、2014年時点の法律では「2年間滞納し続けた場合は廃車手続きができない」とされています。
ここが誤解を生じやすい部分となっており「廃車に出来る」「廃車に出来ない」という見解が分かれてしまう要因にも。
ともあれ「できるけどできない場合もある」という状況になります。

名義変更することができない

こちらも、厳密には名義変更をすることは可能です。
ですが、場合によっては所有権解除を伴う名義変更は不可能となっています。
これも、滞納で売却できるのか?という点で、見解が分かれる部分に。
ややこしい話ではありますが、名義とは所有者だったり使用者だったり、いろいろな部分を指します。

自動車ローンで購入した方の場合は、車検証を見てもらえるとイメージが湧くかと。
所有者はディーラーだったり中古車販売店だったりしているはずで、使用者は自分の名前になっているはずです。
完済したとしても”名義変更”をしない限り、所有者はディーラーなどのままとなっています。

 

実は見解がいろいろとあるグレーゾーン的な存在

さて、ここまで読んでいかがでしょうか?
「よく分からない」「結局、どうなるのか?」「ほかのサイトと言っていることが違う」など、さまざまな混乱を招いてしまったかもしれません。
それほど、自動車税の滞納が与える影響というものは、複雑怪奇な問題なのです。
プロである買取業者の業者ごとによって見解も異なることもあると予想されます。

例えば、大手のガリバーだと公式サイトではっきりと以下のように明記されています。
「自動車税を滞納していると名義変更ができないため買取はできません。」と。
先にも記載した通り、厳密には名義変更をしようと思えばできる方法はあります。
ただし、変更をするとなるとイメージ的には法のグレーゾーン・法律の目をかいくぐって行うことに。

例えば車検でも滞納していても「納税証明書があればよい」という見解で「車検は受けることができる」と言う方もいらっしゃいます。
(滞納していても「納税証明書の紙は「滞納」という但し書きがある状態で発行してもらえる)
ただこれは、あくまで話だけであり、実際のところは断れるケースとなるため「事実上はできない」と思っておいた方がよいです。

ともあれ、企業イメージもありますし、いっそのこと「できません」とはっきりとしておいた方が好都合なわけです。
何よりも、滞納が影響して起きてしまうトラブルのリスクを考えると「買い取りたくない」という気持ちも。
元査定士の買取バカとしても、この心情は非常に理解ができます。

「できるかもしれない」が「しない方」がよい

さて、肝心の結論ですが、「できない」と断言します。
小見出しにある通り、もしかしたらできるかもしれません。
ただし「法の目をかいくぐれば」と、通常ではやらない方法で行うことになります。
後々にトラブルになる可能性が非常に高く、より面倒な状況になるため、自動車税を滞納した状態では絶対に売却しない方がよいと言えるでしょう。
そもそも、通常の車買取店であれば「お断りします」とされることがほとんどです。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ