新車から10年経つと査定額が一気に落ちる?

新車を買うとその車は何年乗りますか? 10年くらいはと考えて買う方も多いのではないでしょうか。

10年という月日は長いようで、実は物凄く早いものです。 買取バカの10年前というと、つい最近までは、中学生でサッカーに明け暮れていたと言いたいところなのですが…。 今の年齢となって10年前を思い出すと、成人し酒に飲まれていた時代です。 本当にあっという間だなと、この記事を書いている最中、しみじみと考えてしまいました。(ちなみにこの記事を書いている2014年を基準に年齢を逆算しております。)

さて、本題です。 結論から言えば、一気に落ちると言えば落ちますが、昔ほどひどい落ち方ではなくなっている。 これが、回答になります。 なんだか、モヤモヤする回答で申し訳ございません。

10年経過車

 

一気に落ちると言われる理由は何か?

まず説明しておきたいのは、10年経過すると何故、査定額が下がるのか?という部分。 ここを解き明かすことで、芋づる式に理解できるかと思うので、まずは一読をお願いします。

パーツの寿命の関係

各種パーツの寿命が約10年と言われているから。 これが、1つ目の理由です。(家電製品は7年と言われていますから、それよりは長いので優秀と言えるでしょう。)

言い方を変えると、さまざまなパーツ交換が必要な時期というわけです。 しかも、そのパーツ交換にかかる費用が、なかなかのものになってしまうんです。 結果、車を買い取る側も、査定を厳しくするしかなくなります。

車体の価値が「0円」になってしまう!?

以前、お話した一定ではない車の相場でも少し触れていますが、車は時間が経てば経つほど、基本的に価値が下がっていきます。 実は、この下がり方には目安として計算する式があるんです。 税法上の減価償却の数値を元にした計算のことです。

難しい話は省略しますが、この計算式に当てはめると10年後の時点で車の価値は、あくまでも税法上ですが「0円」となってしまうのです。

ちなみに車検からも10年という数字の厳しさを感じることができる

通常の車検は、新車購入時から3年後、その後は2年ずつと法で定められています。 しかし、昔は10年経過した車は、その後は毎年車検を通さないといけない時代がありました。 やはり部品の劣化などがひどくなるため、安全に走ることができなくなる可能性があるという認識なわけです。 その結果、毎年、車検を行うことに繋がったのです。現在では部品自体も丈夫になったので10年以降の車でも車検は2年毎になっています。

このことからも、パーツの劣化のリスクで査定が厳しいものになる理由を垣間見ることができるかと。

最近は10年経過しても元気に走っている車がたくさんある

昨今、技術力が向上したこともあり、10年落ちの車でも、街中を元気に走っている姿をあちこちで見ます。 パーツの寿命が延びたというわけです。 したがって、以前のような下がり方ではなくなっていることは事実です。 確かに、今でも査定額は厳しくなる面もありますが、一昔前よりは需要があるため全く価値がなくなるわけではないので安心してください。

 

日本車は不死鳥の様に走る

ちょっとした小話でも…

品質が高いことで有名な日本車ですが、それを証明する嘘のような本当の話があります。 なんと24年で97万kmを走った三菱パジェロが存在したのです。 97万kmと言えば、メーターが後3万kmで一周をしてしまうほどです。 バイクのメーター一周は基本的に10万キロですので何ら不思議ではありませんが、車となると乗用車ではなかなか聞きません。 (商用車の場合は意外と100万kmオーバーは存在しますが) 少し前にニュースにもなっていたので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

どうです?信じられますか。 買取バカが、査定士として働いているときに聴いた話なのですが、ただただ驚いたのを鮮明に覚えています。 もちろん驚いたのは走行距離ですが…100万km近くを走ることができるほど車に乗るオーナーにも驚いたのを覚えています。 1年で走る一般的な平均距離は1万~1万5千kmと言われています。 計算すると67年ほどの時間が必要となるんです。

ともあれ、このように日本ブランドの車はメンテナンスをしっかりと行っていれば、どこまででも走って行ける性能を持っているのです。 大切にさえ乗ればですけどね^^

 

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ