事故車でも高く売ることはできるのか

買取バカには大好きな趣味があります…それが、横乗り系スポーツ。 山へ海へ川へと、時間を見つけてスノーボードやウェイクボード、そしてスキムボード、カイトサーフィン、サーフィンを楽しんでいます。

さて、まだまだスキムボード初心者のころの話…友人と毎日のように海へ繰り出していたのですが、その友人が衝撃の「事故」を起こします。 なんとテイクオフしたときに脳天をかち割ってしまうという事故を。 大事に至らなかったので今では笑い話になっているのですが、テイクオフしようとボードを投げたとき風にあおられ、板の先端が頭頂部に激突したのです。

立ち上がってきたときの、友人の顔は今でも忘れることができません。 頭から血を流しつつ、寂しい顔をしているあの風景を…ホラー映画ばりのシュールさでした。 ともあれ、スキムボードというスポーツは風が大敵で、まだこのような「怖さ」を知らなかったため、起こしてしまった事故でした。

さて、事故繋がりということで今回は事故車の買取のお話。 一般的には高額が付かないと言われる事故車…果たして本当に高額はつかないのか?ということに触れていきます。

事故車と一言で言っても修復歴車とは少し違う意味合いも含まれますので、事故車と修復歴車の違いに付いては、修復歴車と事故車の明確な違いを参考にして下さいね。

 

通説を覆す「事故車は売れる!」ということ

まず伝えたいのは、事故車でも問題なく売れるということ。

事故車は一般的に「売れない」というのが通説でした。 理由は、買取業者としては、事故車(特に修復歴があるような車)で利益をあげるには、相当のリスクを背負わないといけないため、やはり手を出したくない本音があるからです。 したがって、事故車に関しては、買取拒否をするような業者も決して珍しくありません。 これは、今でも事実としてある流れではありますが、昔よりは事故の程度が明確になっているために少なくはなっています。

リスクが低減できれば問題ない

事故車が売れない理由で「買取業者がリスクを負いたくない」と説明させてもらいました。 であれば、リスクさえ低減(理想はリスクは無し)できれば、問題ないともいえます。

前置きが長くなりましたが、事故車でも中古車市場に流しても売れるのであれば買い取れるということ。 そして、昨今、全く問題なく売れる大きな流れができつつあります。 それが、事故車を専門に扱う業者。

余談ですが、事故車専門もあれば、廃車専門店まで存在するため「私の車は絶対に売れない」と思っている方は、諦めずにさまざまな情報を集めることをオススメします。

 

意外と高く売れたりもします!!

さて、本サイトでも何度も出てくる専門店という言葉。 今回も、事故車専門店ということで、またも専門という言葉が出てきます。 正直、ここまで頻繁に出てくると「何でもありだな!」と感じるかもしれません。 まさにその通りで、昨今の中古車市場は何でもアリの状態になっているのです。 売る側にとっては、ありがたい傾向ですよね。

話を戻します。 今まで売ることができなかった事故車が売れるようになっていることは、ご理解いただけたかと。 実を言うと、さらに高く売れてしまったりすることも珍しくありません。

大きな理由は、思いのほか海外での市場規模が大きいから。 とある事故車専門店では、100カ国もの輸出販売網を持っているため、とにかく動けば売れるという状況になっているのです。

もちろん中には、全く動かなく大きな修理が必要となる場合もありますが、そこはプロ、直ぐに修理をすることが可能な域まで来ているようです。 もっといえば、通常の中古車のようにピカピカにせずとも、ボディが凹んでいても動けば買うというお国柄も存在。 したがって、通常であればボディを直す大きな修理でも、チョチョイと修理を行うだけでOKなのです。

ともあれ、日本の中古車市場は、今では世界規模にまで膨らんでいるといっても、決して過言ではない状況にまで来ています。

 

事故後の修理代が高すぎるのであれば…売ってしまえ!

事故車買取専門店が高額で買い取ってくれることで、昨今、車の事故に対する考え方が大きく変わりつつあります。 それが、修理が嫌なら売ってしまえ!という思想。 以前であれば、全く考えられなかった流れではありますが、事実、このような売り方をする方も多くいらっしゃいます。

例えば、修復歴になるようなメインフレームを修理するような場合、以前であれば、かなりの額を使って修理しました。 そして、売るときには「修復歴があるので高くは買い取れません」という寂しい状況に。 このような状況になるのであれば、修理せずに事故車買取専門店に買い取ってもらおうと思うのは自然の流れと言えるでしょう。

そもそも、この手のサービスの凄いところは、大きなヒドい事故で車が大破していたとしても買い取ってくれるということ。 「いくらなんでも…これはムリだろう」と思うような事故でも買い取ってくれるのです。 結果、修理費の方が高く付いてしまうことにも。

となると、修理費が無駄にならないためにも、修理の見積を出してもらいつつも、事故車買取専門店の査定もお願いするとよいですね。 平行して進め、最終的に得する方を選択すればよいだけの状態にしておくわけです。

もちろん、事故ってしまい莫大な修理費が必要となったとしても、その車が良いというのであれば、そのまま乗ってもらっても問題ありません。 ここでは、あくまで損得勘定のもと、お得な方を選ぶとよいですよ。 という意味になります。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ