中古車屋や買取店が使っているオートオークションってなに

中古車販売店が車を売るためには、商品として車をかき集めなければなりません。
一般のお店であれば仕入れに該当するものですが、一昔前までなら中古車販売店が消費者から直接、車を買い取って、そこで整備を行ってから中古車として販売するというのが主流でした。

しかし、それですとなかなか中古車を集めることができませんし、その中古車販売店がある地域の車しか買うことができないので、車種やモデルにおいてもかなりの偏りが出てしまっていました。
グループ企業で各地域に支店があるようなところであれば、札幌支店で買い取った車を東京の本店で売ることもできますが、そこまで企業規模が大きくなく、たった一つの店舗で運営している場合ではどうしても台数を確保できませんし偏りができてしまいます。

日本ではそういたスタイルで古くから中古車を流通させていましたが、ある時、欧米では当たり前となっているオートオークションというやり方が導入されるようになったのです。

 

オートオークションは業者だけのオークション

オークションというとインターネットで盛んに取引されているポータルサイトなどが運営しているネットオークションが有名ですが、中古車のオートオークションは、ネットオークションのように登録さえすれば誰でも参加することができるというものではなく、オートオークション運営会社が決める最低限の中古車の流通実績を持つ業者だけが参加することができる、業界人だけのオークションなのです。

基本的な流れとしては、車を出品するのは自動車の買取だけをメインとするいわゆる買取店や買取サービスを持つ中古車販売店などとなり、オークションの出品料と共に車を出品します。

その車を落札するのは主に中古車販売店で、オークションですので競り落として一番高い入札額を付けたところでその車が買い取られていくわけです。
中古車販売店は落札した車を自分のお店に運んで、ちょっとした整備や掃除を行ってから商品として販売することになります。

このオートオークション形式が広まってから、中古車販売店、特に規模の小さなところでは車種が充実するようになりました。
それまでは近隣の人間から買い取ることしかできなかったものがオートオークションでは全国とまではいきませんが、関東や東北など広い範囲にある車を買うチャンスができたために資金さえ用意できればどんな車で仕入れることができるようになったのです。

 

オートオークションは一つではない

オートオークションというと一つの場所にたくさんの車が集まり、そしてたくさんのバイヤーが集まってセリを行うようなイメージがありますが、日本全国の車を一か所に集めるのは物理的に無理があるため、日本全国にオークション会場を設け、そこで地域的なオークションを開催するという形をとっています。

ある大手のオートオークション運営会社では北海道、東北、北陸、関東に4カ所、中部、関西、中国、四国、九州に3カ所といった具合にかなりたくさんの会場を設けています。
もちろんオークション運営会社も複数あるので、オークション会場としてはかなりの数となります。

面白いことにオークション会場によって高くなる車と安くなる車に違いが出るようで、例えば、北海道ではクロスカントリー4WDやSUV、クロスオーバーSUVなどが人気でコンパクトカーはあまり高くならない、中部地方ではある自動車メーカーのものは高くなるがそのライバル車はあまり値がつかないといったように地域的な理由などによってばらつきがあるようです。
こういったエリア毎の差を利用してオートオークションで仕入れて違うオートオークションで売るという商売をしている業者も存在していますが、その事についてはオークションで買いオークションで売る業者もいるで詳しく説明していますので、気になる方は読んでみて下さいね。

 

オートオークションによって生まれた業種

オートオークションは古くから限定的に行われていましたが、それが固定的な1つの中古車の流通形態となったのは1971年のことでした。
東京スカイツリーがある墨田区に初めて常設のオークション会場が作られたことによって、そこから日本のオートオークションの歴史が始まったといっていいでしょう。

オークションでは出品する側と落札する側、要するに売る側と買う側が存在するわけですが、買う側は今も昔も中古車販売店が主ですが、当時は売る側は特に決まったものはなく中古車販売店がそれを兼任していました。
ある時、そういった状況を見たある企業が買うだけの業者があるのであれば、売るだけ業務形態があってもいいだろうということで作られたのが現在の買取店です。

最近では買取店も手広くやり中古車販売も行うようになりましたが、基本としては買取店は、オートオークションに出品するためだけに車を買い取るだけの業者として作られたものなのです。
買取店という業者の存在は、まさにオートオークションという形態があるからこそ生まれ成り立つ業者といっていいでしょう。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ