軽自動車を選ぶときに拘りがなければダイハツ

今回、取り上げるテーマはダイハツ。

ダイハツロゴ

この記事を書く前まで、買取バカのパソコンでは「だいはつ」と打って変換すると、第一候補に「ダイ発」となっていました。 実は、買取バカは「ダイの大冒険」の大ファンでして…名台詞が色々とあるのですが、そのときに「ダイ発の名言!」と打っていたわけです。 まあ、なぜこのような文言を書いているのかは秘密ですけどね!

では、本題に入って行きましょう。 軽自動車で有名なダイハツというメーカーについてです。

 

とりあえず「ダイハツ」を買っておけば間違いない!?

軽自動車を選ぶときに「なんでもいいや」「何を選んだらよいのかわからない」と感じたとき、そのときはダイハツを買っておけば間違いありません。 品質の面、使い勝手の面、ランニングコスト、売却時の査定まで全てにおいて高いレベルを維持している車ばかりだからです。

余談ですが「とりあえず何でもよいから安い車が欲しい」と考えている方って、意外と多くいるものです。 買取バカも査定をしている頃に、よく耳にしました。 「ちょっとした通勤用」だったり、「滅多に利用しないけどいらないわけではない」といった理由だったり、さまざま。 こういった方が、品質の高い安い中古軽自動車を購入していくので、中古車市場でもダイハツ車やスズキ車の人気が高いことを垣間見ることができるのです。

万人受けをする内外装のデザイン

さて、なぜダイハツを買っておけば間違いがないのか?という話に戻します。 先のお話では、品質などを挙げていますが、もう1つの大きな理由として万人受けする内外装のデザインが挙げられます。 いくら品質が高くとも、あまりにも変なデザインであれば、買うのをためらってしまうことに。 似たような値段で良い車は他メーカーからいくらでも発売されているため、なおさら躊躇してしまいますよね。

したがって、無難なデザインで飽きが来ないということは重要だったりします。 結果、それをクリアしているダイハツ車は、やはりオススメなのです。

「トヨタ」だから品質が高い!は誤解!?

ダイハツは、世界のトヨタの子会社だということは、有名な話。 その結果、トヨタ並みの品質が期待され、見事に応えているというイメージが強いですよね。 もちろん、そういった面もありますが、少々誤解をしています。

言いたいのは、トヨタと提携する前から品質の高い商品を、多く世に輩出しているメーカーだということ。 「トヨタの子会社だから品質が高い」というわけではなく「ダイハツは品質が高い」ということです。

 

ダイハツというメーカーの魅力とは?

今や日本車といえば、安くて丈夫で品質が高い。 燃費もよい。 ということは当たり前のことです。

では、ダイハツは、このあたり前のことをクリアしつつも、他メーカーとどのような差別化を図っているのか? ダイハツ車の特徴について触れていきます。

室内空間の広さが最大の売り

ダイハツ車の特徴といえば、やはり室内空間の広さといえるでしょう。 スズキのワゴンRに先手を取られてしまいましたが、直ぐに、室内空間が広い軽自動車というジャンルでは盛り返すことに成功しています。 その後も、攻勢を続け、いつの間にかダイハツの代名詞ともいえるほど、当たり前のコンセプトとなっている状況です。

とはいえ遊び心もあるメーカー

トヨタ系列と耳にすると、真面目なイメージをしてしまうのは買取バカだけでしょうか。 他メーカーと比べると「硬派」なイメージがあるのです。

だからといって、ダイハツも硬派か?と言われると答えはノー。 コペンのような軟派で遊び心が満載に詰まった車も発売しています。 したがって、「なんでもよい」というのであれば、このような遊び心もあるコペンを選ぶのも1つの手だと思います。

 

海外でも強い「ダイハツブランド」だから…高く売れるよ!

車査定の面では、軽自動車ということもあり、全般的に高い査定額を期待できます。 海外でも人気が高いメーカーなので、売れ残りのリスクが少ない車が多いため、査定する側も強気の高評価が可能となるわけです。 結果、まさに至れり尽くせりの車が多いメーカーさんだと、言い換えることも可能。

だからこそ、最初でお話させてもらったように、ほしい車がこれといってないのであれば、ダイハツを選んでおけば間違いないといえるのです。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ