子供の心を持つ技術者集団ホンダ

日本を代表する自動車メーカーはいくつもあります。 その中でも、群を抜いているのがトヨタとホンダではないでしょうか。 異論はもちろん受け付けます…マツダ・日産・三菱・スバルなどありますからね! (こうみると、本当に日本の車メーカーは凄いなと改めて感じます)

さて今回は、ホンダについて取り上げます。

余談ですが、ホンダとトヨタは仲が悪そうな印象がありますが、実はお互いをリスペクトしあっています。 査定士時代、幾度も各メーカーの方とお話をする機会があったのですが、リスペクトしているという声があちこちから聞こえてきました。

ホンダ

ホンダを語る上でF1は絶対に外せない話題

買取バカがF1好きのため、どうしても避けては通れない話題なのです。 とある技術者が「ホンダはレースで結果を出すために車を作っている」と、熱く語っているほどレースに対して思い入れが強いです。 その結果が、F1で残した輝かしい成績なのかもしれませんね。 いよいよ2015年から、ホンダがF1復帰を果たすため、今から楽しみでしょうがありません。

では、以下より、F1で残した伝説を2つほど紹介したいと思います。 (伝説は何百個とあるのですが…厳選して厳選して、その中でも厳選した2つです)

前人未到の大記録16戦15勝

ホンダのF1といえば、マクラーレン・ホンダ。 マクラーレン・ホンダといえば、16戦のうち15勝したモンスターエンジンを積んだチーム。 1988年に残した大記録です。

この頃、ホンダエンジンを積まないと勝てないと揶揄されたほどの強さでした。 あまりにも強すぎたため、その後、ルール変更などが行われ1つの時代が終わっていったという逸話です。

あのアイルトン・セナを母国初優勝へ導く

F1ファン、アイルトン・セナのファンであれば、誰もが涙したシーンではないでしょうか。 無線ラジオから漏れるセナの号泣する声…今も思い出すと、グッときます…。

なかなか母国で勝てなかったセナが初優勝したときのエンジンがホンダでした。 実は、このとき、ギアトラブルが深刻で、ゴールした時には3・4・5速が使えないという状況。 主要のギアが使えず6速だけで優勝できたのは、ホンダエンジンの高い性能(6速でも問題ない加速力など高い適応力が評価された逸話)と、セナのドライビング・テクニックと言われています。

エンジン性能の良さはF1がきっかけ?

一般車でも、ホンダといえばエンジン性能がよいと、よく耳にします。 買取バカも、この意見に異論はありません。 ホンダ独自の技術が結集しているエンジンは、音・質・燃費、どれをとっても高いレベルでまとまっているため、安心して運転ができることが特徴。

このエンジン性能の礎を築いたのは、第一期から続くF1で培ったエンジン技術と言われています。 もともと、レースに力を入れている会社だけあり、市販車への還元の仕方が巧みです。

 

経営理念の素晴らしさは有名な話

ホンダという会社は、よく欧州型と評されますが…買取バカ個人の意見を言わせて貰えば、根っからの技術者が作った会社というイメージ。 やはり本田宗一郎という存在が大きいのですが、技術者が技術で単純に勝負をする会社なので、こういったイメージが強いのかもしれませんね。

かの本田宗一郎は…天皇陛下にお逢いするとき正装は「真っ白なつなぎだ!」と言い張ったエピソードがあります。 技術者の正装は、スーツではなくつなぎという考えから。 ここにも、技術者の会社なんだなと垣間見ることができます。

技術者の志も高い

ホンダ車(バイクも)は、トヨタ車と同様、品質が高いと言われています。 どれだけ粗悪にしていても、しっかりと走ってくれるため、このような評価を得ているわけですね。

それもそのはずで、もともと技術者の志が非常に高いため、自然と品質が高いものができてしまうのです。 車を愛する技術者が、懇切丁寧に開発・制作をしているわけですから、納得のいく結果ではないでしょうか。

小林三郎という偉人

「志が高いっていうけど、どうせ一部の人間でしょ?」と揶揄されそうですが…買取バカはホンダで働いたことがないので、実態は分かりません。 しかし、小林三郎という偉人が居たことは知っています。 今では、当たり前のように搭載されているエアバッグを開発した人間。 この方の、偉人っぷりが本当に凄いのです。 こういった人間がホンダに在籍していると思うと、やはり志が高いのだなと感じざるを得ないのです。

例えば、「10人中9人が反対する技術にダイヤがある」という名言を残しています。 こういった志があるからこそ、革新的なアイディアが次から次へと出てくるのかもしれません。 他にも、少数派意見を大切にする偉人でもあり、多数決を毛嫌いしていたそうです。

 

最後に…

ホンダの車がどうこうという話よりも、ホンダというメーカーの特殊性をまとめた記事になってしまいました…。

ここで伝えたいのは、このような社員が作る車がホンダ車だということ。 買取バカの勝手なイメージですが「子供のころから車が大好きで、そのまま大人になった方々が支えている根っからの車バカメーカー」というもの。 だからこそ、愛されているのかなと思うわけです。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ