ローン残高がある車の売り方

先日、所用のために、とあるディーラーに顔を出してきました。 昔から、いろいろとお世話になっているディーラーで、馴染みがあるのですが…。 「今、金利が低いですよ!」というチラシがふと目に入りました。

そして、買取バカは少々、驚いてしまったのです。 自動車ローンといっても、さまざまな種類のローンが提供されているのだなと。 時代に取り残されているということを、身を持って体験しました。

ということで、今回取り上げるテーマは、そんな自動車ローンについて。 「もし自動車ローンが残っている状態で車を売りに出したらどうなるのか?」というお話です。

 

ローンが残っている車は、そもそも売れるの?

素朴な疑問の1つだと思います。 「ローンが残っているのに、車は売れるものなのか?」「売ってもよいものか?」と。 答えは、単純明快で、何ら問題なく売ることが可能です。

査定額をローン返済に充てる

基本的には、買取した額(査定額)をローン返済に充てることになります。 売れるといっても、残っているローンをそのままで売ることはできません。 理由は、簡単で、所有権が自分自身になっていないからです。 この辺りのお話は、後ほど、もう少し掘り下げてお話していくので、そちらも参考に。

ともあれ、ローンがあろうがなかろうが、車査定に出して売却するという流れは全く変わりません。 強いて変わる部分をいえば、ローン返済と手続きが必要になるぐらいです。

面倒な手続きは全て業者が行ってくれる

ローンの一括返済は、意外と面倒になることが多いです。 例えば、先方に連絡をして、完済方法の指示を仰いだり、その指示に従うために銀行へ振込に行ったり、とさまざま。 しかし、車買取業者は、この面倒な手続きなどを一括して引き受けてくれるため、非常にありがたいところです。

ただし、注意すべき点が! 面倒なことは業者側も重々承知の上のため、ときとして、手続きの手間賃を請求してくる場合もあるということ。 提出された車査定額の中に、こっそりと手間賃が記入され、差っ引かられていることもあるため、注意深くチェックするようにしてくださいね。 無料で行ってくれる業者もたくさんいるため、査定額が似たり寄ったりだったときには、そちらを選択することも “あり” だと思います。

所有権留保の問題は?

所有権留保に関しては、ローンが完済することができれば、解除することが可能。 所有権留保はローンを完済した車の所有権留保解除でも、記載した通り、あくまで担保のようなものです。 ローンさえ完済できれば、担保する必要もないため、特に問題はありません。

ただし、解除するためには、さまざまな手続きが必要となります。 この手続きに手間取ってしまうこともあるため、思わぬ足止めを食らうことも。 この間に、相場が下がってしまうリスクもあるため、余裕をもって査定に臨むようにしたいですね。

 

査定額よりもローン残高が上回ってしまったら?

ここまでの話では、あくまで「ローンを車売却したお金で完済ができる」という場合のお話。 ですが、査定額がローン残高よりも低い場合も考えられます。 そういった場合は、どうなるのか?

残ったローンを支払えない場合は?

答えは簡単で、車売却で得た金額にプラスαで、買取業者へ支払うことになります。 例えば、ローン残高が100万円だったとします。 車査定の額は、80万円だった場合、ローン20万円が残ってしまうことに。 この20万円を買取業者へ支払うことになるわけです。

支払いができない場合はどうしたらよいの?

先の例では、20万円を追加で支払いますよと伝えました。 では、この20万円が支払えない場合はどうしたらよいのか?

この場合は、専用のローンを組むことになります。 要は、残高で、新たに借金をするということ。

業者によっては、その業者で車を購入することが前提で、★購入金額に含めてしまう★という荒業をする場合もあります。 買取バカの個人的な意見ではありますが、あまりこのような方法で新たにローンを組むことはオススメできません。

基本的には、ローンを完済してから、次の車に乗るようにしたいところ。 この方法では、単純に借金を大きくしているだけで、返済総額が金利の関係で大きくなってしまう可能性が大です。

 

ローンが残っている場合は…本気で査定に臨め!

当たり前のことですが、ローンを返済するために1円でも高く愛車を売りたいところですよね。 正直なところ、車の査定額を高評価にするためには、生半可な努力ではできません。 平たく言えば、面倒なことが多いため、挫折する方々が非常に多いということ。 したがって、ローン返済が発生してしまう場合には、労を惜しまず本気で取り組むことを強くオススメします。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ