ローン審査に落ちてしまう理由

買取バカは決して高給取りではないので、車を新調するときには、どうしてもお金の問題が。 いつしか、「車がほしい!」と思ったときに、直ぐに購入できるような金銭感覚になりたいものです。 そのためにも、今は…あれをやっています…なんとかBIGという、6億円が当たるあれです。

ともあれ、現実的な話をすれば、自動車ローンを組んで購入することが多いかと。 昨今、さまざまなタイプのローンが提供されているので、上手に利用することで、総支払額も少なく購入することもできます。 しかし、ローンを組むためには、審査を通過しなければなりません。 今回は、このローンの審査に落ちてしまう代表的な例を挙げていきます。

自動車ローン

申込書の不備など提出書類関連

審査落ちしてしまう理由の1つが、提出書類の不備です。 住所の書き間違えや、印鑑の押印が不十分だったりとさまざま。

ただ、自動車ローンの場合は一般的にディーラーを介したり、中古車販売店が介したりと専門業者を通すため、意外と書類不備は少ない方。 クレジットカードのような自分自身で提出するようなものだと、意外とこの手の審査落ちが多いです。

 

支払い能力が問われる属性関連

お金を借りて車を購入するわけですから、当然、借りたお金は返さないといけません。 ということで、審査では、支払い能力(返済能力)を持っているのか?の審査が行われます。 要は、給料もらっているの?ということが中心。

安定した収入がなければ当然NG

自動車ローンに限らず、ローン関連を組む場合は、大前提として安定した収入がなければなりません。 収入がなければ返済することは不可能ですからね。 ただ、いくら高収入でも、かなり不安定な収入であれば自動車ローンが組めない可能性もあるため、注意してください。

また、自分の年収とは全く見合わない車を購入しようと思っても、大抵の場合がローンを組めません。 これも知識として持っていて欲しい内容です。 (大げさに言うと年収300万円の人間が、3000万円もする某高級車を購入しようと思って「できません」ということ)

勤続年数や雇用形態も重要

安定した収入さえあれば、何でもよいというわけではありません。

例えば、勤続年数。 あまりにも短い場合は「本当に安定した収入なのか?」という疑問点が融資する側としてはあるのです。 一般的に、最低1年、目安として3年ぐらいの勤続年数がよいと言われています。

さらに、雇用形態も、やはり正社員属性が有利。 契約社員やアルバイト、一般派遣などでも、審査を通過することが可能な場合もありますが、正社員と比べると、やはり相対的に厳しいと言わざるを得ません。

審査落ちする多くの理由が、この勤続年数などの支払い能力の部分で引っかかってしまっているということです。

 

その人の信頼度が問われる履歴関連

お金を貸す以上、本当に信用に値する人間か?も重要となってきます。 「なかなか厳しいことをいってくれる!」と感じるかもしれませんが、そんな難しい話ではありません。

要は、過去に支払い関連に問題を起こしていないか?をチェックするだけ。 いわゆる、ブラックリストに入っているかどうかという問題。 (厳密にはブラックリストは存在せず、支払い遅延などがあれば客観的なデータがとある機関に保存されているだけの話です)

消費者金融で借入があったり延滞経験がある場合

消費者金融などから融資を受けている(カードローンやキャッシング)場合は、少々厳しくなってしまうこともあります。 もっと厳しい状況なのが、この手の融資の返済に遅延が何回も発生している場合です。 審査する側の人間からしたら、遅延を何回もしているとなると、お金にルーズな印象を植え付けてしまい審査落ちしてしまいます。

この遅延情報は、消費者金融の返済だけに限った話ではありません。 携帯電話(スマホ)の支払いや、クレジットカードの支払いも同様なので、遅延をしないよう日頃からしっかりとお金の管理をしておきましょうね。

 

まだまだ他にも審査落ちをする理由はあるけど…

審査落ちをしてしまう理由は、まだまだたくさんあります。 しかし、この手の審査は、大して厳しいことをしているわけではありません。

普通に働き、普通に支払いを行って、年収に見合った車のローンであれば、普通に通過します。 先に記載した通り、常日頃から支払いをしっかりしていれば、問題はありません。 車屋によっては故意にしているローン会社があり、無理やり審査を通してくれることもあるので、相談してみては。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ