車の洗車方法で細かいキズに違いが出る

買取バカの家の近くに、ちょっとした名物ガソリンスタンドがあります。 「魅せる洗車」が売りのガソリンスタンド。 いったいどういうことかというと、ちょっとしたダンスを取り入れながら洗車をしてくれるのです。 そんな大層なものではありませんが、個人的には好きな感じで魅入ってしまいます。 ともあれ、ここは洗車スキルが高いことでも有名なので、いつも満員御礼のガソリンスタンドさんです。

買取バカも、絶大な信頼をおいているため、少々お金が高くても、頻繁にお願いしている状況。 ちなみに、全て手洗いで洗車機には風圧で水滴を飛ばすときだけなので、これも人気の理由かもしれませんね。

 

「手洗い洗車 or 洗車機」どちらがよいのか?

今回の本題です。 手洗い洗車と洗車機ってどちらがよいのか?気になったことがありませんか? どちらがよいか?を判断するためにも、まずお互いのメリットをみていきましょう。

手洗い洗車のメリット

  • 細かい部分まで洗車できる
  •  仕上がりが丁寧
  •  特に汚れている部分を集中的に洗うことができる
  •  キズがあればワックスやコンパウンドで修正も可能

洗車機のメリット

  • 非常に楽
  • 手洗いと比べものにならないほど早く終わる
  •  大きな車でもきっちりと洗ってくれる(背の高い車も関係なし)
  •  子供が喜ぶ(!?)

結論はどちらでも好きな方で!

どちらがよいか?は、やはり結局のところ、自分自身の気持ち次第で、どちらのメリットを取るか?です。 ですので、どっちつかずで申し訳ないのですが、結論は「どちらでも好きな方で」ということ。

もしかしたら「洗車機はキズが付くから断然 “手洗い洗車” でしょ!」という結論を期待していた方もいらっしゃるかもしれません。 それは、次の章でお話します。

 

「キズがつく」というイメージがある洗車機の現状とは?

買取バカも、以前は「洗車機は車に小さなキズを無数につけるもの」とイメージしていました。 実際のところ、ブラシなどが固く、被害に遭っている方が事実いらっしゃったので、このようなイメージは致し方がないところ。

ここからが大事なところです。 あくまでも昔の話であって、今は非常に柔らかいスポンジで洗車してくれたり、固くてもキズが付かないような洗い方だったり、と技術力がかなり向上しています。 したがって、キズが付かない洗車機も増えてきたのは事実。 さらに仕上がり具合も、以前と比べれば断然よくなっています。(手洗いに勝ることは難しいですが)

これがあり、先の結論では「どちらでも好きな方で」と答えたのです。 ただし、技術力が格段にあがったといえリスクがあることは理解しておいてください。 かなり昔の洗車機を利用している業者も多く存在するので「絶対にキズがつかない」というわけではありません。 特に、安い洗車機は警戒レベルを挙げて注意してください。

 

手洗い洗車の場合は注意すべき点がたくさん!

洗車機の次は、手洗い洗車について触れていきます。 実は、手洗い洗車とは、キズを付けやすいものだと知っていましたか? 厳密には、間違った洗車をしてしまうと、逆にキズをつけてしまうということ。 そして、正しい洗車をするためには注意点がたくさんあることを頭に入れておきましょう!

例えば、乾いた状態でのからぶきは、ボディにダメージを与えてしまう可能性があります。 汚れた状態でからぶきをすることによって、その汚れとボディが擦れ合いキズにしてしまう状況。 細かいキズではありますが、ダメージとしては思いのほか大きい場合も。 また、汚れとは、鉄粉だったり、細かい砂だったり、とさまざまです。

このように、ボディを拭くだけでも、ナイーブな注意点があるのが手洗い洗車。 したがって、デメリットとして「時間がかかる」ことも挙げられます。 本気で仕上げようと思うのであれば、半日以上は時間が掛かると覚悟して臨むぐらいがちょうどよいかと。 仕上げまでもっていかずに中途半端な状態で終わらすのも、車にとってはよくありません。

人間だって、中途半端に顔や身体を洗った状態で終われば、洗い残しが要因となり大事なお肌にダメージを与えてしまいますよね。 それと一緒です。

ともあれ、時間をかけることはデメリットではありますが、反面、最高の仕上がりが期待できるメリットが挙げられます。

ちなみに、詳しい洗車方法をここでは取り上げませんが…基本的に、まずは汚れを落としてから洗車をし始めること。 そして、高い場所から低い場所へと洗っていくということ。 これは最低限の知識なので、ぜひ頭の片隅にでもいれておいてもらえれば幸いです。

 

洗車は車査定に好影響!

今回はキズのリスクを中心にお話したので「洗車なんて怖い!」と思ったかもしれません。 しかし、車をキレイにすることは、車査定時に必ずよい影響をもたらすので、しっかりと正しい知識を身に付けて、愛車を労わってあげてください。 査定士の心象もよくなるので、面倒ではありますが強くオススメしたいです。 乗っている自分自身も気持ち良いことが何よりですけどね!

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ