コインパーキングを利用するなら最大料金を見極めよう

先日、とある繁華街に友人と飲みに行ってきました。 とはいえ、買取バカは、お酒が全く飲めないので、もっぱらウーロン茶で攻めています。 お酒が飲めない人間のあるあるネタで「タクシー代わりになる」ということが。 この日もそうでした。

しかも繁華街なので、コインパーキングに止めることになるわけですが、お値段が高いんですよね。 結局、朝方まで飲み、駐車料金は3000円以上という驚きの値段になってしまいました。 (友人が払ってくれたので、買取バカは痛くもかゆくもありませんでしたが)

さて、そんなコインパーキング。 しっかりと知識を身に付けていないと痛い目をみてしまうって知っていました?

 

「24時間最大○○円」の罠は社会問題に

コインパーキングに「24時間最大1,000円」のような看板をよく見かけます。 停めてから24時間は1,000円でいいですよというサービスのことですね。 これが元になり、ちょっとした社会問題になっていたのは記憶に新しいところ。

「24時間だけがサービス適用で、それ以降は通常料金」という罠です。 要は、24時間までは1,000円だけど、その後は通常の支払いになるということ。 何日も停めた結果、莫大なお金になってしまったわけです。

利用規約にしっかりと明記されている場合もあるけど…

先の罠は、これが社会問題になるまで知らなかった方も多いのではないでしょうか。 実は、利用規約に記載されていることがあります。 ただし、小さな文字であったり、自販機でワザと見えにくくしたりと、悪質なケースもあるので注意がそこまで回らなかったことも要因。 そもそも、見えるところに記載されていても、普通に規約を読まないという方も多いと思いますが… ともあれ、明記されているので、文句が言えない場合もあることは頭にいれておいてください。

24時間以上駐車しても適用する動きに

ただ、社会としては大批判の的になったことも事実。 その結果、各コインパーキング業者は、24時間以上が経過しても、この24時間サービスの適用する動きになっています。 先の例でいえば48時間停車で2,000円、72時間で3,000円と、最大料金が継続して利用ができるわけですね。

 

オトクに利用したいなら料金形態を理解せよ!

さて、冒頭に記載した買取バカのような利用方法は、正直なところ「もったいない」です。 少し探せば、もっとお得に利用できるところがあったはずなのですが、面倒なことがキライな性格が影響し、何も考えずに停めてしまいました。 ということで、皆さんにはお得に利用して欲しいので、いろいろな「お得術」を紹介していきます。

○○分100円は巧みな罠!?

ちなみに、よく「30分100円」のように安さをアピールしている看板を見ます。 実は、これ巧みな罠が仕掛けられている場合があります。 よくみると小さな文字で「平日深夜0:00~早朝6:00まで」のような適用時間が記載されている場合も。 したがって、100円を謳っているコインパーキングを利用する場合、適用時間も注意してみるようにしてください。

もう1つ巧みな罠があります。それが、12分100円に設定し計算する気を失せさせる!?というもの。 ちなみに、この場合は60分で500円なので、地域にもよりますが意外と高い部類のコインパーキングになります。 ですので、一時間換算して、いろいろな有料駐車場を比較するようにしましょう!

最大12時間・24時間と区切ることが多い

コインパーキングの基本中の基本ですが、12時間や24時間で一区切りにしサービス料金で提供する場合が多いです。 (中には、6時間で区切るところも稀にありますね。) いうまでもなく、この値段が安いところを選びましょう。 コツとしては、駅や繁華街の中心部から少し離れたところや、車ではなかなか入りづらい路地にあるコインパーキングを狙うこと。 比較的、安い値段でサービスを提供してくれているからです。 徒歩5分程度でも全然違うときもあるため、歩くことが苦でなければ、少し遠目を狙って探してみるとよいかと。

深夜・土日で料金が違うことも

先にも少し記載しましたが、深夜帯は安くする傾向があります。 (繁華街の場合は週末深夜を敢えて高くするというお下劣な手を使う業者もいますが) したがって、利用時間を考慮して探すと、お得に利用することができます。 ちなみに、新宿など夜間に人が多くなる特集なエリアは夜間の方が高く、昼間は安いなどの設定になっていることも。

 

今注目のお得な「24時間入出庫自由」形態

2014年3月現在、コインパーキングの新しい料金形態として注目されているのが、24時間入出庫自由というサービス。 最初の利用から24時間以内であれば、どれだけ入出庫をしても24時間分のサービス料金でOKというもの。 非常に画期的なサービスで、特許出願中とのこと。 買取バカも初めて耳にしたときは「なるほど」と思ったものです。

冒頭でも記載しましたが、買取バカはタクシー代わりによく利用されてしまいます。 となると、飲み会途中参加の輩を車で迎えに行くことも多々あるのです。 そのとき、どうしても出庫するためお金を払わないといけなくなり、値段が高くついてしまうことも。 なので、このようなサービスは非常にありがたいのです。 繁華街を中心に働く営業マンの方も、かなりありがたいサービスではないでしょうか。

詳しくはこちらを参考にしてみて下さいね。 ⇒24時間入出庫自由料金システム

他にも当月最大料金システムなど、いろいろな料金体系がありますよ^^

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ