相場のボトムラインとアッパーラインを把握する

つい先日…飲み会の席で「女性を見るとき足から上に向かって見るか?顔から下に向かって見るか?」という大激論を交わしました。 当然、買取バカは後者の顔から下へいきます。 理由は差し控えさせてもらいますが、意外と真っ二つに意見が分かれて面白かったです。 このとき女友達も居たのですが、女性の場合は「顔から下へ」という流れの方が多かったです。

ということで、今回のテーマは「ボトム・アッパー」という車査定の世界での上・下のお話。 どういうことか?早速、以下より記載していきます。

 

相場のボトム・アッパーとは?

車査定でいうボトムラインとアッパーラインは2つの意味が込められています。

1つは、車査定額の相場。 1つは、自分自身が売ってもよいかな?この値段で売れたら最高!という希望売却額。

いずれも、全く違う意味で、さらに車査定をする上で非常に大切な内容となります。 したがって、本格的に査定をする前にしっかりと押さえておきましょう。

知ることで交渉をコントロールできる

なぜ、しっかりと押さえておかないといけないのか? 答えは単純で、小見出しにある通り交渉の主導権が握れ、そしてコントロールすることができるからです。 車査定をするときに必ず査定士と交渉することになります。 この交渉で大切になることは「どのようにして主導権を握るのか?」がポイントであり、握る方法の1つがボトム・アッパーを知ることとなるわけです。

売ってもよいと思われるボトムを決めておく

相場を知ることができれば、そして自分自身の売ってよい値段が決まっていれば、これ以外の査定額は「売らない」と明確な判断ができます。 そして、この明確な判断基準があるということは、思いのほか、交渉する上で強力な武器に。 例えば「110万円」が売ってもよいかな?というボトムラインだったとしましょう。 そこで、査定士が「100万円だったら何とか買い取れます」と伝えてきたら、交渉する余地もなくはっきりと断ることができます。

以前、査定士をしていたとき、意外とこの手のタイプのオーナーは苦手でした。 やはり交渉の余地なしとなってしまうと困るため、相手方の土俵に上がるしかないからです。 当然、こちらも、最初の査定額は「様子見」のため査定額は上げることが可能なのですが、早々にこのちょっとしたアドバンテージを使わないといけなくなってしまうのです。

大事なことは「相場を知って」のボトムラインを決める

先の話では「ボトムラインは110万円」と例を挙げました。 この110万円という数字を決めるとき、絶対に適当に決めてはいけません。 相場に沿ってボトムラインを決めるべきだからです。

もう少し掘り下げて説明をしていきましょう。 要は、相場のボトム・アッパーが「90万円~120万円」ぐらいであれば110万円という数字は妥当な線と言えるでしょう。 しかし、これがもし「40万円~50万円」だった場合…110万円という数字は無謀な数字となり、買取業者からは、見向きもされません。

「相場を知ること」「売りたい最低ライン・最高ライン」を決めることの大切さをご理解いただけたかと思います。

 

ボトム・アッパーは簡単に知ることができる

さて、ここまで読んでこんなことを感じませんでしたか? 「どうやって相場のボトム・アッパーを知るのか?」ということ。 よく目にする「インターネットで調べる」と記載されていますが、案外、はっきりとした数字は出てこないものです。

しかし、実は簡単に知ることができる方法があるのです。 それは「とりあえず一括査定に出してサラッと査定額を出してもらう」ということ。 概ねの査定額が分かれば、出張査定などをしてもらう必要はありません。 もし連絡があれば全て断っておきましょう。 または、プライムゲートのようなネット完結型の車査定に出すのも1つの手です。

これで、ボトム・アッパーを知ることができます。 繰り返しになりますが、この相場を基準に、続いて自分自身の売りたいアッパー・アッパーの値段を決めましょう。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ