正直者はバカをみてしまう交渉

買取バカが車査定のときのちょっとしたテクニックを伝授したいと思います! 買取バカのサイトのカテゴリを見てもらえれば分かる通り、査定士との交渉テクニックの紹介です。 電動スライドドアの理想は両側対応のような査定額アップの知識も大切ですが、交渉もまた大きく査定額を左右する大事なもの。 ぜひ、テクニックを身に付けて望んで欲しいと思います。 元査定士の買取バカが言うのも何なんですが…相手も人間なので意外と粘り強く交渉してみると良い結果を得られることができますからね。

内容は…2つ 1つは、実際に買取バカがお客さんに実行されて困ってしまった効果的なテクニックです。 もう1つは、買取業者(営業マン)がいう査定額の秘密についてです。

 

査定額を伝えるのはいいけど “バカ正直” に伝えないこと!

よく車査定で1円でも高く売るためのテクニックとして一括査定サービスを利用したり、複数社で査定を行ったりと言われていますね。 買取バカも、手っ取り早く査定額を引き上げる方法として有効だと思うのでオススメします。

基本は他社の査定額を伝えること!

一括査定サービスや複数社に査定を依頼することは、単純に比較するだけのものではありません。 これでは、車査定の半人前といえます。 大事なことは、他社同士で査定額を競わせることです。 要は相見積もりみたいものですね。 これをすることにより、買取業者は他社よりもお金を出して欲しい車と判断すれば査定額の上乗せは確実です。 基本中の基本ではありますが、大事なことなので、敢えてお話をさせてもらいました。

他社の査定額を伝えるときは勝手に上乗せしてしまえ!

買取バカが現場で体験した困ってしまったテクニックです。もちろん、売る側にとってはよいテクニックです。

話が逸れますが、車査定の交渉とは、いかにして査定士を困らせるか?がポイントです。 このように困らせることが大好きなSっ気のある方は、意外と上手に交渉するのかもしれませんね…

冗談はさておき、話を戻します。 査定士に対して他社に査定額を伝えるときは、実際に出てきている査定額にプラス10万円ほど上乗せしてください。 それで反応を見ましょう。 もし、その額以上の値段を付けてきたらひとまず成功ですね。 ただ、そこで契約は厳禁です。契約は絶対に厳禁です。 大事なことなので2回言いました^^

次は、上乗せしてくれた業者の査定額を基準にするわけです。 したがって、また他の業者が査定したときには、新たな基準としてさらに10万円上乗せして伝えましょう。

その結果、どうしても限界点は出てきます。 そのとき、査定士からは「うちはもう出せません」とギブアップ宣言がでることでしょう。 それを加味した上で、最も高い値段を付けたところがあなたの愛車の正規相場という訳です。

買取バカが現場に居た頃も、このような方法を取られると、やはり限界点で提示しないといけないので…利益が小さくなってしまい困ってしまったものです。 要は、買取業者も商売ですから、安く買取り高く売り差益を得たいと思っているわけですから、買取業者から提示された金額をそのまま伝えていても、本当の相場は分からないということですね。 その辺を詳しく次で説明していきます。

 

営業マンが言う査定額は “バカ正直” に受け取らないこと!

さて、先の中で大事なことをお話しました。 「限界点で提示しないといけないので…」という部分です。

実は、営業マンから見る査定にもいろいろなテクニックがあります。 その1つが、査定額は最初から低めに伝えているということ。 姑息な手段ではあるんですが、業者側としても少しでも利益を上げるためには、心を鬼にして望むわけです。

一般的に、最初の査定額は充てにならず、上がるものと認知されているので、あくまでも交渉のたたき台ということは暗黙の了解ではありますけどね。 いろいろな方の車を買い取ってきた買取バカですが、実は、この言い値で契約してくれる人も意外といるんです。 心の中では「ごめんなさい」と涙を流しながら契約していたことを思い出します。 良心のない営業マンなら「ラッキー」としか思わないでしょうけど・・・

ともあれ、営業マンと交渉のテーブルにつくときは、とにかく疑って疑って交渉をしていくことが必須になるということです。 決してバカ正直に受け取らぬようお願いします。

ちなみに、お客さん側から「余計な交渉は面倒だから限界の値段を教えて」と言われます。 これは、業者側から見ればチャンスと捉えられてしまうので注意をしてください。 業者側も、余計な時間はかけたくないので大歓迎の言葉で、当たり障りのない値段(決して限界ではない値段)を伝えて契約をしようとします。 もちろん、このような交渉の仕方もよいですが、その当たり障りのない言い値を鵜呑みにせずに根強く交渉することが重要になってきますね。

営業マンもすぐには限界値を提示することはないということを覚えておきましょう。

 

交渉の場は正直すぎると損をします

買取業者の営業マンは、根本に「利益を多く出したい」があるので、なるべく安く買取りなるべく高く売るということを常に考えています。 ですので、あなたの車を査定しに来た営業マンも、あなたの車をどう安く買い取るかを考えているのです。

ですから、営業マンの言葉をすべて真に受けてしまっては、相手の思うつぼになります。 もちろん世の中では正直者は良いことですが悪い言い方をすれば、最初からあなたの事を騙そうとしている人相手に正直になり過ぎるのは危険だと言うことです。 交渉の場では、正直者はバカをみてしまう場合が多くなってしまいますので、その辺りを注意して交渉に挑んでみて下さいね。

ちなみに、普段であれば正直者はバカをみるという場面も少ないと思いますので、正直にいることは決して悪い事ではないですね^^買取バカも業務外では正直でいたいと思っていたものです。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ