マイナスになる情報は最低限に伝え嘘は付かない

人間、誰しも人に触れられたくない過去はあるもの。 出来る限りそっとしておいてほしいところですよね。 そんな苦い過去を触れられてしまったとき、ついつい見栄を張って嘘を付いたり、ひたすら無言を貫いたり、このような対応をとってしまうものです。

買取バカも、過去の苦い思い出を、ほじくり返され叫びたくなるときがあります。 そういったときは、強がって「ん?だからなに?」とクールな男を演じたりしています。 内心は、ちくしょーちくしょーと半泣き状態なことは言うまでもありません。

車に関しても、査定時にひた隠したい事柄があるかと。 今回のテーマは、このようなマイナスな情報がある場合、どうしたらよいのか?というお話です。

 

マイナスになるようなことは嘘をつかない

査定額がマイナスになるようなことは、嘘をつかないということ。

常識として当たり前のことですが、人間というものは、隠したいという気持ちが強いと、ついつい嘘を付いてしまうものです。 後ほど、詳しくお話をしますが、必要最低限のマイナスポイントを伝えるだけでよいので、気を強く持って、正確に査定士へ伝えるようにしましょう。

目に見えないところは伝えてあげるとよい

目に見えるところは、車査定を行えば直ぐに分かるため、嘘を付く付かない以前の問題。 大事なことは、眼に見えない部分で、例えばエンジンが故障したことがある、ラジエターが故障したことがあるなどです。

どちらも、査定としても大きなマイナスポイントになってしまうため、伝えたくないところではありますよね。 ですが、しっかりと伝えておけば、後でトラブルにもなりませんし、何よりも心証がよくなるメリットがあります。

嘘をついてもバレるため潔く伝えること

ちなみに、エンジンの故障・ラジエターの故障は、嘘を付いたり隠したりしても、必ずバレます。

業者側としたら、いわゆる不良品を気付かずに市場へ出してしまったとなってしまえば、面目丸つぶれで商売上がったりという状態になりかねません。 結果、市場に出す車に対しては、「何から何まで知っている」ことを理想とします。

そのためにも、徹底して車のことを調べることになるわけですね。 その結果、何かしらの故障が過去にあったとすれば、その時点で発覚し、査定額がダウンすることになります。 詳しくは売却後の瑕疵担保責任ってなに?でもお話しをしていますので確認しておいて下さい。

このような背景もあり、マイナスポイントの嘘は意味がないので注意をしましょう。

 

敢えて公言する必要もない

上で説明した通り、マイナスポイントに関して、隠したり嘘を付いたりしてはいけないことをお話しました。 だからといって、何もかも伝えなくてもよいということもご理解ください。

少々、矛盾して申し訳ないのですが…大事なことは、必要最低限の情報を伝えればよいということです。 正直者をアピールしたくて、事細かくキズなどの情報を伝えなくてもよかったり、パンクをして穴を埋めている情報だったりと…。

伝えることは、取捨選択して必要最低限のものにするとよいです。(先の例のように、目に見えない部分などになります)

 

心証は非常に大事なこと

車査定のときに、ぜひとも意識して欲しいことがあります。 それが、査定士の心証をよくするということ。 先ほど「嘘は付かない」と伝えましたが、もし嘘をついて心証を悪くしてしまったら、状況的にあまり良いとはいえません。 ここでは、そんな心証についても加えて、お話をしていきます。

車査定というものは基本的には、客観的な事実を並べて、買取額を決定するもの。 したがって、査定士の心証は、あまり関係のないものと思えますよね。 確かに、そういった部分もありますが、○ストーリーテリングで交渉を有利に運ぶでもお話しした様に、査定士は、その車が歩んできたストーリーも意外と重要視をしています。

正直なところ、心象がよくとも査定額がアップする可能性は低いですが、悪いよりも良い方がよいに決まっています。 心証が良ければ、もしかしたら何かしらの特別サービスを受けることができる可能性だって…あるかもしれません。

車の心象が悪ければ査定士も警戒する

重要視する理由は、その車に対する警戒度を確認するためです。 「この車は乱暴に扱われてきた心証を受ける」となれば、やはり警戒心を強めて厳しい目で査定に望みます。 逆に、大事にされていた心証を受ければ、乱暴に扱われてきた車よりかは、リラックスして査定を行うことに。 心証により査定の目が変わるということですね。

もちろん、細心の注意を払って行うことには変わりはありませんが、査定士に余裕があれば、よい商談ができるため、お互いに納得がいくことが多いです。 (買取バカの経験談も、心象がよい車・オーナーさんとの商談は、総じてお互いに気持ちよく取引ができていましたから^^)

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ