良質な同車種を格安で手に入れることができるOEM

同じ物でも同じではない。 同じではないけど、同じ物。 そんな物ってあるのでしょうか? 実はあるんですね。 それが。

OEMってやつです。 聞いたことはありますか? OEMはoriginal equipment manufacturerの略で、他社の製品を製造したりすることを指すんですね。 車でももちろんこれがあって、多くのOEM車があります。 開発費の削減に役立つOEMは、今や当たり前と言っても良いかも知れません。

安く同じ物を買うならOEMを上手く利用するのもひとつの手と考えている買取バカです。

OEM車 ※まったり亀日記~日本一周友の会~の画像です。

一般的になっているOEM車

現在の自動車業界では、かなり業務提携が進み昔はそれほどなかったOEM車であふれていますね。 特に軽自動車は、スズキがマツダ・日産に、ダイハツはトヨタ・スバルにそれぞれ軽自動車をOEM供給しているんです。 また、トヨタはラクティスやBbを業務提携しているスバルとダイハツにOEM供給し、スズキはワゴンRソリオを三菱にデリカD2として供給しています。

OEM供給は企業にとっては、開発費の削減や販売ルートの拡大などのメリットが多くありますので、一般的になってきているのでしょう。 なお、ホンダだけは、現在どこともOEM供給はしていません。 かつて、いすゞとOEM供給が有りましたが、いすゞが乗用車事業から撤退してからはなくなりましたね。

OEM車を購入するメリット

それでは、車を購入する私たちユーザーにとっては、OEM車を購入するのはどんなメリットがあるのでしょうか。 ズバリ、OEM車で同車種を格安で手に入れる事が出来るということです。 中古車価格は、簡単に言うとその車の人気と車の状態(走行距離・年式・グレード)によりますよね。

スズキのワゴンRは、OEM供給でマツダではAZワゴンとして販売されました。 どちらに知名度が有るかというと断然スズキ・ワゴンRのほうに知名度が有ると言えます。 マツダのAZワゴンは、知名度から言うとかなり低くなりますが、車の中身はスズキのワゴンRとほとんど変わりはないと言えるのです。

同じ程度のワゴンRとAZワゴンがあれば当然人気のあるワゴンRの方が値段が高くなり、人気のないAZワゴンはその分安くなり、マツダのエンブレムさえ気にしなければ断然お買い得と言えることになります。 しかも、サービスと言う点ではスズキのデーラーはこぢんまりと少人数でやっているデーラーが多いのですがマツダのデーラーはその2~3倍の人数と倍の規模の整備工場を備えているところが多いのでマツダのデーラーで整備してもらったほうがむしろ早くて安心とも言えますよね。

実際にOEM車を検証

実際どれくらい安いかと言うのを検証してみたいと思います。 手元にある、中古車雑誌の月刊CAR○○別冊クルマガジン100で、確かめてみますね。 ちょっと、大雑把な言い方ですが5万円程度くらいはAZワゴンの方が安いようです。 同額のワゴンRとAZワゴンでも、ワゴンRの方が年式も古くて走行距離が多くても、新しいAZワゴンよりも高いのです。

また別な例としては、スズキはアメリカのGMと業務提携したことによりスイフト(初代)をOEM供給していました。 GMから、シボレー・クルーズとして販売されることになり、フロントには、燦然と輝くシボレーのエンブレムがおごられ、リヤのテールランプはシボレーコルベットを彷彿させられる丸形に変更されベースとなったスイフトになかったクールなアメリカンSUVモデルに大変身したのを覚えています。 内装も、本革シートなどのオプション仕様などが用意されスイフトと比べものにならないくらいの豪華装備を誇っていましたね。 このシボレークルーズはGMシボレーとスズキとで販売されましたがなかなか上場だったようです。

中古車価格をみると、スイフトよりもシボレークルーズの方が、格安で手に入ります。 これも手元の資料(CAR○○別冊クルマガジン100)で検証。 スイフトは、平成17年式で走行距離15万キロで35万円。 シボレークルーズは、平成18年式で、走行距離8万キロで28万円。 しかも、シボレークルーズのみにあったOPのシートヒーター付きで28万円です。 これは、価格面でシボレークルーズの圧勝ですよね。

中古車なので、車の程度にもよりますがシボレークルーズは、不人気車なので敬遠されているというのが理由になります。 整備が必要ならば、GMシボレー店でもスズキでもどちらでも整備が受けられるので心配する必要はありません。

買取バカなら迷わず断然お得なOEM車のシボレークルーズを選択しますね。 ブランドにさえ拘らなければ、OEM車で良質な中古車を探して格安で手に入れることも可能だということです。こういった知識があるのかないのかだけで損得が発生することもあり得るのでOEM車を購入するかどうかは別として頭の片隅に入れておいて下さいね。

 

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ