後付けできない装備と車査定の関係性

すっかりオジサンになってしまった買取バカ。
ここ数年で、実は呪われた鎧が装備されてしまっていたんです!
その呪われた装備の正体とは…余分な脂肪!

先日、健康診断に行ったとき、見事にメタボリック・シンドロームと言われてしまいました。
高校時代、体脂肪率は1桁だったということが自慢の買取バカにとっては、いよいよこの時が来てしまったかと…ショックを受けている最中。
高校時代の身体とまでは言いませんが、せめてメタボを引退できるぐらいのダイエットを始めると心に決めた今日このごろです。
(病院の近くに教会があったので神父さんに「呪われた装備を取って下さい」と伝えたら「ここは現実世界です」と返されたのは内緒の本当の話♪)

さて、車にも「装備」できるものがたくさんあります。
早速ですが、以下より、この呪われていない健全な装備と車査定の関係について触れていきます。

 

メーカーオプションとディーラーオプション

新車を購入した際、車の性能をアップさせたり、乗り心地をよくしたり、見た目をかっこ良くしたりと、いろいろとやりたくなってしまうもの。
いわゆるオプションというものですね。

さて、オプションには「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」の2つがあるとご存知でしたか?
そしてメーカーオプションの多くは後付けができない装備とご存知でしたか?
実は、メーカーオプションと呼ばれる装備の多くは、購入して納車してしまうと後付けが不可能な場合が多いのです。

ちなみに、ディーラーオプションは、あくまでディーラーが提供しているオプションであり後付けの装備ばかりとなります。
イメージとしてはフロアマットやドアバイザーなどのアクセサリー的なモノです。

では、次からが本題の「後付けできない装備と車査定の関係性」について触れていきます。

 

後付けできないメーカーオプションは高評価の場合も

端的に言ってしまえば、後付けができないようなメーカーオプションは、モノによってはプラス評価になるということ。

最たる例はサンルーフ。
いきなり矛盾してしまいますが、厳密にはサンルーフは後付けでも装備をすることが可能は可能。
しかし、ルーフ部分を切り取って無理やり引っ付けるという強引な作業となるため、車にも大きなストレスを与えてしまいます。
結果、雨の日に雨漏りが激しくなってしまい車としての商品価値がゼロに近いような状況にもなってしまう可能性が。

ともあれ、もしサンルーフを装備したいのであれば、間違いなく純正のメーカーオプションで取付けること意外は考えないほうがよいです(査定の面でも乗り心地の面でも)。
さらに、サンルーフは市場でも人気の高い装備となるため、間違いなく査定時には高評価を得ることが可能となります。
もし、これが後付けのサンルーフだった場合は、ゼロ査定というよりもマイナス査定になることは間違いありません。

他にも、電動スライドドアや最新の安全装置類、電動収納サイドミラーなどが挙げられます。
全て、工場で車を組み立てるときに装備をさせないといけないものばかりで、かつ市場でも人気の高いもの。
したがって、サンルーフと同様に高評価になることは間違いないのです。

 

高評価を狙って新車購入をするのもあり

これまでの話を、言い方を換えてみると車査定でプラス評価をえるためには、新車購入時に付けておかなければならないとなります。
いずれも、決して安い買い物ではありません。
したがって、二の足を踏んでしまうことは重々承知しておりますが、もし乗り潰さずに買い替える予定があるのであれば、一考する価値は十分にあります。

評価が上がらないオプションは自分の価値観で!

注意したいのは、何でもかんでも評価が上がるというわけではないということ。
中には、評価されないオプションも存在します。
だからと言って、マイナス評価になるわけではありません。
したがって、もし評価がアップせずとも「このオプションは欲しい!」と思うのであれば、付けても何ら問題ありません。

愛車として可愛がる可能性があるため、むしろ査定時の評価は度外視で装備するのも1つの手かもしれませんね。
要は「欲しいけどプラス評価にならないのであれば諦めよう」と思ったのはよいものの、やはり後悔をしてしまって、愛車が嫌になってしまうということの方が怖いわけです。
嫌になれば、メンテナンスが適当になってしまい、車の価値を大きく下げることに繋がりますしね。

したがって、評価が上がらないオプションは自分自身の価値観で決め、どうしても欲しいオプションを付けると良いでしょう。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ