中古車はモデルチェンジ後に買うとお得

買取バカは、バカというだけあって、新しいものには目がありません。 何かしら新しいものがでると、何も考えないで購入してしまう悪い癖があるのです。 ついこの間も、水中でも音楽が聴けるプレーヤーが発売されており、月に1度行くか行かないか程度の水泳のために購入しました。 (ちなみにホームグランドにしているプールは、このようなプレーヤーを装着してのスイムは禁止されていました。)

さて、新しい車と言えば「モデルチェンジ」ですね。 今回のテーマは、モデルチェンジが行われた後、中古車を買うとお得だよ。と、いうお話をしていきたいと思います。 (冒頭は新しいもの繋がりで、私が水泳をしているカッコいいオジサンをアピールしてみました)

 

日本人は特に新しいモノが好き

国民性とも言うべきでしょうか、日本人は、新しいモノが好きな人種といわれています。 冒頭で記載したように、買取バカもその一人。 したがって、モデルチェンジが行われると、やはり注目を浴び車が売れていくのです。

昨今、日本では大人気となっているコンパクトカー関連で、いい例があるので紹介したいと思います。 それが、ホンダから発売されているフィット。 2013年秋にフルモデルチェンジが行われましたが、一時期は生産が追い付かないほどの売れ行きで、ライバル車であるアクアに大きな差をつけたほどです。 今も根強い人気がありますが、発売当初と比べると落ち着きを取り戻している状態。

このように、新しいモノを出すと、ときとして生産が追い付かないこともしばしばあるほど日本人は新しいものには目がないんですね。

 

古いモノは売れなくなり価値が下がる

新しいモノに需要が向けば、古いモノの需要が下がるのは必然的なこと。 したがって、モデルチェンジ後の旧型モデルは、どうしても需要が下がってしまうことがいえます。 需要が下がるということは、価値が下がり値段が安くなります。 このように、中古車が安くなるカラクリは、こういった市場の動きがあるわけです。

また、需要が下がるだけが理由ではありません。 もう1つは、中古車自体の台数が増え、供給過多の状態にもなることも挙げられます。 人気車種になればなるほど、同一車種の乗り換えが多くなります。 要は、旧モデルから新モデルへの買い替えですね。 したがって、自然とモデルチェンジを行った車種の旧モデルが市場に出やすい状況になるわけです。 その結果、需要が少なくなっているにも関わらず供給が多くなるという現象に。

これもあり、中古車市場が安い方向へ大きく動き始めるわけですね。 ここに「モデルチェンジ後に中古車を購入するとお得」という秘密が隠されているのです。 旧型モデルでも特に気にしないのであれば、モデルチェンジを待って中古車を購入する方法が賢い選択といえるかと。

 

例外があるのも中古車市場というもの

ただ、全ての車種が、このような状況になるとはいえません。 それが中古車市場や相場の面白いところでもあり、困ったところでもあるのですが。

最たる例を紹介したいと思います。 ホンダのアコードワゴン。 買取バカも非常に驚いたので、よく覚えています。

はっきりいってしまえば、モデルチェンジを大失敗してしまった典型的な例です。 一時期、大きな人気を得ていたアコードワゴンですが、この人気絶頂のときに「デザインがダサいモデルチェンジ」をしてしまったのです。 結果、全く売れず、通常の逆のパターンになってしまった車の例となりました。 そして、旧型モデルの方が、人気が出てしまい中古車市場では高値で取引がされている時期があったのです。

このように大人気車種だったからこその例外。 アコードワゴンについては、発売前から「売れない」とささやかれていたので、買取バカも当時、注目をしていたのですが、ここまでヒドいとは思っていませんでした。 他にも、このような例外はいくつかあるため「必ずしも安くなるわけではない」ということは頭に入れておきたいところですね。 あくまで、旧モデルが安く買えてお得になる可能性が高いということです。

アコードワゴン

モデルチェンジにも色々

モデルチェンジでも2種類あります。 マイナーチェンジとメジャーチェンジです。 メジャーチェンジはフルモデルチェンジとも言いますね。

マイナーチェンジは、バックライトの形が変わったりする部分的なモデルチェンジで、前述したような影響は小さい振り幅となります。 メジャーチェンジの場合は、車体全体の形や仕様などが大きく変わることになるので、影響は大きくなるということです。 ですので、より安く中古車を買いたいと思うのであれば当然にメジャーチェンジの時を狙うのが正解です。 逆に自分が、そのモデルチェンジする車の所有者の場合は、相場が下がるということですので、売却などを考えているのであればモデルチェンジ前に売るというのが鉄則になりますね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ