違反点数と与えられる罰則

高校時代、サッカー部に所属していた買取バカですが…。
母校は県内でも有数のサッカー強豪校だったのです。
そんな強豪校に、買取バカは何とサッカー推薦で入学をさせてもらったんです。
買取バカの唯一の自慢になるため、ぜひ知識として身に付けておいてください。
「買取バカはサッカーがそこそこ上手い」と。

さて、そんな強豪校では…ちょっとした違反でも「罰則」が与えられます。
最たる例は、遅刻やサボりですかね。
多くの場合、練習時間中はボールは触れず…ずっと走らされて、その日の練習は終了。
しかし、あまりにも遅刻などを繰り返していくと「違反点数」が加算され、校内清掃のような活動をしなければなりませんでした。
幸いにも買取バカは、一度も、ここまでの違反をしなかったため、普通に練習はできましたが。

同様に、交通ルールにも似たような「違反点数」と呼ばれるものがあります。
車を運転する以上、知識として身に付けておかなければならないことのため、改めて勉強をしていきましょう。

 

交通違反をしたときの仕組みの基礎知識

まずは、交通違反をしてしまったとき、どのようになるのか?という基本的な知識を身に付けていきます。
この基本がなっていなければ、先には進めないため、しっかりと理解をしておいてください。

違反すると点数が与えられる仕組み

一言で言ってしまえば、加点方式となり、一定の違反点数になると相応の罰則が与えられます。
この違反点数は、累積されていき、合計で6点になると免許停止に。
例えば、駐禁(2点)、速度超過20km以上(2点)、一時停止無視(2点)と、軽微な違反だったとしても繰り返し起こしてしまうと免停になってしまうわけです。
また、点数によって罰金も定められており、指定された日までに支払いをしなければなりません。

ちなみに、先の違反点数の数え方は「あくまで一例」です。
人によって、大きく状況が異なるため、注意をしてください。
例えば、累積4点で免停になってしまう方もいらっしゃれば、2点でもあり得ます(過去3年間の行政処分歴によって状況が異なります)。
しかも、免停期間も、30日、60日、90日、120日と区分されており、こちらも状況によって大きく異なることになります。

罰則は大きく2つに分けられる

罰則に関しては、基本的には「罰金刑」と「免停」で行政処分がなされます。
ただし、これはあくまで軽微なものであることを理解しておいてください。
飲酒運転や救護義務違反、危険運転致死傷など、非常に重たい違反だった場合は…容疑者として逮捕され禁錮刑もあり得ます。
このように、罰則は罰金刑で済む場合もあれば、禁錮刑という罰もあることを理解しておきましょう。

違反点数と罰則内容は以下を参照のこと

交通違反の点数一覧表

罰則一覧表

罰則一覧表2

 

軽微な違反は「知らない」場合も多い

「交通違反の点数一覧表」をご覧になりましたか?
この点数一覧表を見て、全ての違反に対して説明することができますか?
もちろん…全て説明をすることができますよね?教習所で必ず習うことですからね!

敢えて、皮肉めいた文章を記載してみました。
正直なところ、軽微な違反の場合、「なんだこの違反は?」と知らないもの多かったと思います。
確かに、教習所では習い、そのときは覚えていたかもしれませんが、時が経つにつれ、忘れてしまうもの。
「混雑緩和措置命令違反」のように、言葉尻だけでは理解しにくいものから、走行車線追越違反のように理解はできますが「え?そうなの?」と違反だったことすら知らない場合もあることでしょう。
このような状況になってしまっていた方は、良い機会かと考えますので、今一度、復習をしてみることを強くお薦めします。

 

意外と改正が多いため情報収集を怠らないように!

交通ルールに関しては、意外と改正が多いです。
例えば、脱法ハーブや飲酒運転、自転車事故のような社会問題になったものに関しては、フットワーク軽く改正されていきます。
「知らなかった」は通じない世界であり、このような改正があることを知っていることが、車を運転するものの義務。
情報収集を決して怠らないようにし、交通ルールを守っていきましょう。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ