事故が発生してから示談や訴訟の流れ

車に乗っていると、どうしてもリスクとして挙げられるのが交通事故。 こちらがいくら気を付けていても、いわゆる「もらい事故」に巻き込まれることだってあります。

車に乗る以上、事故が発生したときの対処方法などをしっかりと理解しておく必要があります。 実は、教習所で教えてくれることなのですが、人間というのは忘れてしまう生き物ですので…。 今一度、詳しく説明をしていきますね。

事故現場

事故発生時の対処手順は?

1) 負傷者がいるか?を確認

自分自身も含め、事故が原因でケガをしてしまった人がいないか?をまず確認。 その後、応急処置や救急車の手配が必要であれば対応します。 もしこれを怠ると…あなたは犯罪者です! 負傷者の保護は義務と定められています。 これらのことを怠ってしまうと最悪の場合は懲役となってしまうことも。

2) 二次災害にならないように

事故現場が高速道路のように危険な場所のときは二次災害が起こらないよう対処します。 大事なことは、自分自身や同乗者の身を守ることも念頭に入れて後続車などに知らせることです。 特に高速道路では、難しい判断が求められます。 決してパニックにならずに冷静に対応していくことが大切。

3) 警察へ連絡

前述したことを終えて始めて警察へ連絡して事故の一報を入れます。 これは人身事故であろうが、物損事故であろうが、そして大した事故でなくても連絡をすること。

4) 相手がいれば身元の確認

単独事故でなく相手がいる事故であれば、必ず身元の確認をとります。 運転免許証から住所や免許番号、相手の自動車保険の会社や証券番号、勤め先の連絡先などを控えるようにしてください。

5) 目撃者がいれば確保

事故のトラブルで多いのは双方の言い分が違うことです。 このとき大事になるのが、目撃情報という客観的な事実。 なかなか、ここまで目が行くのは難しいですが、より事故処理をスムーズにさせるためにも重要なことになります。 理想は、警察が来るまで居てもらい事情説明を、不可能であれば必ず連絡先を控えておきましょう。

6) 任意保険会社へ連絡

基本的に大きな事故でなければ示談の方向に話が進みます。 この話を進めてくれるのが保険会社。 補償の利用などのこともあるので、必ず連絡を入れ、先で入手した相手方の情報を全て伝えるようにしてください。 場合によっては、保険会社から何らかの指示があるかもしれませんので、その指示に従ってください。 保険料も重要だが保証内容は最重要でも詳しくお話しをしましたが、保険内容が薄ければ事故により保障が効かない可能性も考えられます。

7) 警察の実況見分

警察が事故現場に到着し、事故が起きたときの詳細内容を確認します。 このとき事情聴取など、さまざまなことをしなければなりません。 警察の指示に従い、最終的には事故証明書を必ず発行してもらうようにしましょう。(これがないと保険が利用できません)

8) 相手方との話し合い

正直なところ、ここが一番のトラブルに発展する可能性があるところです。 したがって、昨今では基本的に示談をする方向で、後はすべて保険会社へ任すことになります。 そのとき「個人で連絡を取らないように」と強く言われる場合も。 話し合いといっても「後は保険会社にお任せするので、後日、保険会社の方から確認の電話があるかと思います」程度の業務連絡となります。

 

示談は自分で行うこともできる

ちなみに、示談は保険会社に任せなくても自分で行うことができます。 ただし、トラブルに発展するリスクもあるので、買取バカ的にはあまりオススメはしませんが…。 示談は、基本的に示談書を相手方と交渉し作ることになります。

詳しい示談方法については、また機会があればお話したいと思います。 話が大きくなりすぎるので、ここでは示談は自分でもできるけど、基本的には保険会社に任せること。 これを頭に入れておいてください。

 

示談ができなければ調停へ

事故後、示談が難しいとなれば、次に挙げられるのが調停。 調停とは、第三者が間に入って解決(示談)の落しどころを決めてくれることです。

簡易裁判所に申し立てることで調停を行うことができます。 このとき注意したいのは、簡易裁判所であればどこでもよいというわけではないこと。 賠償を請求する相手の最寄(管轄)する簡易裁判所でなければなりません。

こちらも、調停方法など詳しい話をし始めるときりがないため、別途、機会があればお話していきたいと思います。 今回は基本的な事故後の流れということで^^

 

調停が困難であれば訴訟へ

調停でも納得のいく落しどころにならずに平行線をたどるようであれば、最終手段の訴訟になります。 訴訟とは、簡単にいえば裁判所に解決をお願いすること。 自動車事故でここまできてしまうのは、非常に大きな事故だったり、後遺症が残ったり、そして責任の擦り付け合いで泥沼化したり、という状況でしょう。

訴訟の仕方、訴訟の種類、解決の仕方、弁護士費用、裁判の期間など、気になることは山積みですが、これも、後日機会があればお話したいと思います。 ここで伝えたいのは、解決できない場合、最終手段として訴訟を起こすこともできるということ。 車に乗る以上、最低限、知っておきたいポイントです。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ