飲酒運転時の事故には保険適用される?

「言語道断」という言葉があります。
もし、この言葉を説明しなさいと言われたとき、買取バカは元査定士らしく、そして車好きらしく、こんな風に説明したいです。
「言語道断とは、飲酒運転をするような輩に対して浴びせる言葉」と。
言語道断の本当の意味と多少、ニュアンスが違うような気がしますが、気持ちは伝わるかと!

そして、残念なことに、痛ましい飲酒事故が未だに多発している現実があります。
世間の目が厳しいものになっているにも関わらずです。

ということで、今回のテーマは「飲酒運転時の保険」について触れていきます。
加害者となってしまっても保険は適用されるのか?
被害者となってしまったときは、相手方からちゃんと補償されるのか?
と、知っておいた方がよい知識ですので、ぜひともご一読を!

 

加害者視点での基本的な考え方は?

飲酒運転をして事故を起こしてしまった場合、加害者に対して保険料は支払われません。
これが基本的な考え方になります。
例えば、単独事故を起こしてしまい車は大破、運転手も大怪我をしてしまい長期入院を余儀なくされるような状況であっても、ビタ一文の保険料も支払われません。
通常であれば、車両保険や任意保険で全て対応することが可能ではありますが、これほどの大きな額を自腹で対応するしかないわけです。

いわゆる免責事由というもので、飲酒運転での事故に関しては、これに含まれます。
結果、自動車保険の補償対象外となり、保険金が支払われないというわけですね。
自動車保険の約款にも、飲酒運転は保険金を支払いませんよと規定されているはず。
もし知らないという方は、改めて契約書などをしっかりと読むことを強くオススメします。

判断が難しいのは同乗者に対して

飲酒運転をしてしまったとき、もし搭乗者の存在があったら、どのような対応になるのか?
これは、保険会社自身の見解や状況によって、大きく異なってくるため、判断が難しいところなのです。
当然のことながら、運転手が飲酒した状態で運転したことを知っていた場合は、厳しく罰せられるため、補償の対象外となります。
しかし「知らなかった場合は?」となった場合、それを証明することができれば補償の対象となる可能性も。

 

被害者視点であれば「補償されないと困る」

続いては、飲酒運転のせいで被害を被ってしまった側のお話です。
平たく言えば、被害者側へ救済措置として、保険の適用対象となります。
例えば、歩行中に接触されてしまった場合は、飲酒運転をしていた人間の保険「対人補償」が適用され保険金が支払われることに。
他にも、自宅に車が突っ込まれてしまったときにも、対物補償が適用され、この場合も保険金が支払われます。

つまり、被害者側は何も落ち度がないわけですから、問題なく保険金が支払われるということになるわけですね。

被害者になってしまったとき…加害者が逃げてしまったら?

飲酒運転で最悪なケースは「飲酒状態で人身事故」であり、起こしてしまったことを後悔し「バレたらヤバい」と…。
加害者が現場から逃げてしまう場合です。
いわゆる「ひき逃げ」という、怒りがこみ上げてくる卑劣な犯罪。
直ぐに捕まれば、そのまま加害者側の保険で補償されるため問題はありませんが、捕まらない場合も残念ながらあります。
そのときは、自身が加入している自動車保険の利用を考えることに。
つまり「人身傷害補償保険」の適用を考えるわけです。

ただし、中には、このような保険に入っていなかったり、そもそも車を持っていないため自動車保険自体に加入していないという方もいらっしゃることでしょう。
この場合でも、泣き寝入りすることはありません。
しっかりと「政府保障事業制度」というものが定められており、こちらを利用することになります。

ちなみにですが、この制度や人身傷害補償保険を利用する場合には、必ず「交通事故証明書」が必要となります。
ひき逃げに遭ってしまった場合は、必ず警察に届け出をして証明書を貰うようにしてください。
(ひき逃げに遭ってしまったのに警察に届け出をしないことはないと思いますが…念のため記載させてもらいました)

 

飲酒運転は絶対にしないこと

冒頭でも記載しましたが、「飲酒運転はしない」ことは、大切なことです。
というよりも、当たり前のこと。
しかし、それにも関わらず飲酒運転の事故が「0件」になっていないので、敢えて、最後に記載させてもらいます。

飲酒運転は絶対にしてはいけないことです。
「酒に強いから大丈夫」「直ぐ近くだから大丈夫」というのは、自身の都合であり、全く大丈夫なことではありません。
何か起こってからでは遅いので、絶対に、絶対に…絶対にやらないようにしてくださいね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ