保険更改時には任意保険の見直しは必須

「洋画を鑑賞するとき、吹替版?字幕スーパー?」
この議題は、今も昔も熱く繰り広げられてわけですが…買取バカは日本語吹替版で鑑賞します。
何故か?
きっかけは、壮大なスケールが売りの超有名映画を日本語吹替版で見直したことが始まりです。
それまでは断然、字幕スーパーの一択だったのですが、話の内容がいまいち理解ができず “つまらない” と思ってしまったわけですね。
しかし、数年後、本当の映画通は「両方見る」という熱い言葉に触発され、この映画を日本語吹替版で見直すことに。
結果、「もう日本語吹替版じゃないと見れない!」と思うほど、理解ができ面白いと思った次第。
ちなみに、先に記載した通り、現在も日本語吹替版が基本ですが…あまりにも声優の演技力が酷い場合は、字幕スーパーで鑑賞しています。

このように、見直してみると意外と考えが変わるということは、どこの世界にあるもの。
今回、紹介する任意保険の見直しも、当然、同様のことがいえます。
以下より、もう少し掘り下げて説明をしていきたいと思います。

 

保険の内容は刻一刻と変わる

保険というサービスは、ある意味で水物と言っても良いかもしれません。
日々、進化を遂げているサービスであり、その進化が本当に早いのです。

今では当たり前になった「乗っただけ保険」のようなスタイルの保険。
非常に理にかなったサービスであり、保険料も安く抑えることができるため、人気の高いサービスとなっています。
そして、このサービスが開始されたとき、自動車保険の世界は、本当にざわめきました。
「素晴らしい商品が誕生した」と。
瞬く間に契約者数を伸ばしていったわけですから、数字で「素晴らしいサービス」「世の中のニーズにあったサービス」ということを証明してみせたわけです。

このように、保険の内容というのは保険会社が日々あの手この手で考えています。
この流れがあるからこそ、契約者は気持よくサービスを利用ができ、保険業者も効率的に利益を上げることが。
端的に言えば、Win-Winの関係を築くことができるわけですね。
だからこそ、契約延長する前に、しっかりと保険内容を確認しておきましょう。

 

安くできる可能性があるため重要

さて、ここからが本当の本題になります。
自動車保険(任意保険)を見直すとき、一番注意すべきことは何か?という質問をしたとき、どのように答えますか?
やはり、契約を本当に延長するのか?をしっかりと注意をすることと答えます。

更改時は、保険内容が変わっている可能性が。
意外とこのような状況になるのは多く、契約内容によっては損をしてしまっている可能性すらあります。
決して安くないお金を支払って、毎年利用するわけですから、可能な限り、効率的に利用できるサービスがいいですよね。
安くてもっと良い物が他の業者から販売されていれば、そちらを利用したいですし。

つまり、保険料を1円でも安くするために、しっかりと契約内容を理解して、他業者との比較をおこなっていくことが大切になるわけです。
ともあれ、保険更改とは、「安く出来るかも」という大きなチャンスの瞬間と考えてもよいかと。

具体例を言えば、年齢制限がある特約で、その条件に達した場合、保険料を安くすることができます。

このように、安くする努力をしっかりと行って良い保険契約をしたいところ。
(それが非常に難しいのですが…)

 

改めて保険を見直すことで初心にかえる

買取バカの個人的な意見ではありますが、毎年やってくる保険の更新と見直しをやると、初心を思い出します。
「今年もこの保険を使わないように安全運転でカーライフを楽しもう」と。

保険の見直しをするということは、事細かい内容まで理解をしなければなりません。
その過程で、事故を起こしてしまった場合、巨額の賠償をしないといけない可能性が大いにあると、改めて理解をするわけですね。
特に「補償無制限(対人・対物補償など)が推奨される理由」を知れば、このような状態になることは容易に想像することができます。
ともあれ、この怖さを理解しつつ「初心のときのような安全運転を」と同時に考えていきたいところ。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ