保険加入における告知、通知義務

自動車保険という商品は、自動車に乗るのであれば必ず入っておきたいもの。
実際、任意保険でありながら、自動車を持っている人のほとんどが加入されています。
さて、そんな自動車保険ですが、加入する側(被保険者)に、とある義務があるとご存知でしたか?
今回は、その義務について触れていきます。
非常に重要なことなので、ぜひ一読して頂きたいと思います。

 

自動車保険を利用するにあたっての「義務」

自動車保険には大きく分けて2つの義務があります。
告知義務と通知義務です。
早速、各々の義務についての説明をしていきます。

告知義務とは?

告知義務とは、契約時に自動車保険会社へ教えておかなければならない義務のこと言います(告知事項)。
具体的には、保険の対象となる車の車種やナンバー(登録番号)、使用目的などが挙げられます。
他にも、保険に加入する車を主に運転する人(記名被保険者)の名前、住所、生年月日なども存在。
正直なところ、他にもまだまだ多くの告知事項があります。

細かい部分は、保険会社によって異なるため、各々で確認してみてください。
ともあれ、告知義務は、契約時に記入する申込書に全て嘘偽りなく記載をすれば、おおよそ大丈夫です。
万全を期すのであれば、記入後、保険担当者に「告知事項は全て記載されていますか?」と聴いてみるとよいでしょう。

通知義務とは?

通知義務とは、契約後に住所変更があった、車が変わったなど契約時から変化があった場合に保険会社へ連絡しなければいけない義務のことを言います(通知事項)。
ついつい忘れてしまう通知事項に「車の用途が変わった」ということが挙げられます。
例えば、契約時に「用途はレジャー」のように保険会社へ告知したとします。
これが、訳あってレジャー用だった車が通勤用に変わる場合もあるかと。
このとき、本来であれば、先に記載した通り「車の用途が変わったよ」ということを保険会社へ連絡をしなければなりません。

この義務を怠ってしまい、連絡せず(通知せず)に利用をしてしまうという状況は、重大な通知義務違反のため、告知した内容と何かしら変わる場合は、保険会社へ連絡(通知)するようにしましょう。
通知項目に関しても、保険会社によって求めるものが若干異なる場合もあるため、各々で詳細内容は確認するようにしてください。

 

嘘を付いて告知・通知義務違反をするとどうなるの?

では、上記で説明した、告知・通知義務を怠った場合、どうなってしまうのか?も気になるかと。
答えは、保険金を支払ってもらえなくなったり、最悪のケースは契約を強制的に解除されてしまうことも。
それだけ重要なこととご理解頂ければ幸いです。

例えば、通知義務で説明した「用途に変更があった場合」ですが、これは、保険会社から見たらリスクが高まったと言えます。
自動車に乗る時間が単純に増えるため、その分、事故を起こしてしまう、起こされてしまうリスクが大きくなることは当然のこと。
通常、リスクが高くなれば、比例して保険料が高くなるものです。
したがって、この通知義務違反をすると支払うべき保険料は高くなるはずなのに、安い保険料で車に乗っていたといえるわけです。
言葉が悪いですが、保険会社から見たら、一種の詐欺にあってしまったと言うこともできるため、保険料の支払いを拒否となるのも頷けます。

 

告知・通知義務を簡単にまとめてみる…

告知・通知義務についてお話を進めてきましたが、本当に簡単にまとめると…このように言うことができます。

  • 現状を嘘偽りなく報告すること
  • 何かしら状況が変わった場合も報告すること

実は、たったこれだけのお話なのです。
確かに「通知義務」に関しては、連絡することが面倒と感じるかもしれませんが、それは大人の対応を取って頂ければよいかと。
ともあれ、言葉で「告知・通知義務」と耳にしてしまうと非常に難しそうなイメージを思い浮かべてしまいますが、実態は、非常に単純で当たり前のこと。
今一度自分が入っている自動車保険の内容に変更はないか、間違いがないかを確認してみて下さいね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ