保険の見積から契約手続きまでの流れ

買取バカは「流れに身を任せる」という言葉が大好きです。 基本的に、めんどくさがり屋なので、考えることが苦手。 結果「なるようにしかならない」「流れに任せる」などと言いつつ、自称スローライフを楽しんでいます。

今回は、そんな甘いことを言ってられない、自動車保険の契約までの流れについてお話をしていきます。

 

基本的な流れは…探して契約

自動車保険の契約までの流れは、基本的には自分自身が求める内容と合致する保険を探して、満足がいけば契約となります。 各々のタイミングで注意点があるため、以下よりは、もう少し具体的な流れを紹介しつつ、合わせて注意点を紹介していきます。

1. 保険会社の探し方はさまざま

まず「どこの保険会社に加入するのか?」という点。 探し方には、インターネットでズバット自動車保険比較などの一括見積りサービスを利用して、これを足がかりにする方法や、保険を専門に扱う代理店に足を運び、合致するものを探してもらう方法があります。 いずれも、はじめの一歩として最適な方法のためお勧めです。

ここで頭に入れておきたいことは、前者は一般的に通販型と呼ばれる自動車保険で、後者は代理店型に分類される自動車保険となります。 両者とも一長一短があるため、自動車保険の代理店型保険と通販型ダイレクト保険の違いと特徴で詳しくお話ししていますから、しっかりと理解をしてから臨むとよいかと。

2. 見積もりを検討し保険会社をピックアップ

先の探した結果を精査していく作業になります。 各々の保険会社に特徴があるため、自分自身が所望する補償内容や値段などを踏まえてピックアップを。 代理店にて、探してもらった場合、この部分を一緒に考えて最適な商品を紹介してくれるため、効率よく自分に合った保険会社を見つけることができます。

ちなみに、通販型で検討となると、相応の自動車保険に関する知識が必要に。 電話で質問しながら精査をしていけばよいですが、ある程度の知識は必須ということが注意点になります。

3.実際に申込を行う

自分に合致した保険会社や保険商品が見つかったら、続いては申し込みになります。 各々の保険会社で、申し込み方法が若干異なるため、記入ミスが無いように気を付けてください。 不備があると、手続きに手間取ってしまい、保険の切替タイミングを逃してしまう場合も。 このようなことにならないためにも、慎重に慎重を重ねて対応してくことが大切です。

特に、インターネットからの申し込みになると、書類のやりとりが郵送になることもあります。 結果、1つの記入ミスを修正するのに、数日間を要してしまうことも。 したがって、通販型を利用した方は特に注意したいところですね。 (現在では、ネット上だけで完結する保険会社も多いです。)

4.いよいよ契約・補償開始

申込が完了すれば契約となり補償開始となります。 流れとしては、これで以上となりますが、最後に大切な注意点があります。

それが、契約内容がしっかりと目的のものになっているのか?という点。 稀に、申込をした内容と契約内容が変わっている場合もあるため、絶対に確認するようにしましょう。

もう1つは、補償開始日時です。 たまにですが、保険の切替であれば無保険の期間ができてしまったり、初めて車を購入であれば、納車日が補償期間に入っていなかったりと、このような状況にも注意する必要があります。 したがって、開始日時をしっかりと確認しておくことが必要です。 ちなみに「日付」ではなく、日時という点も頭に入れておきましょう。

 

代理店と通販型では細かい部分が異なる

自動車保険の契約までの大きな流れは、代理店も通販型でも違いはありません。 しかし、申込方法だったり、保険会社とのやりとりだったり、さまざまな面の細かい部分が異なります。 代理店型の場合は、担当者の方が懇切丁寧に説明をしてくれるため、大きな問題はありません。

しかし、通販型の場合は、全て自分自身で行わなければならないため、ある程度の知識を身に付ける必要があります。 もし、分からないところがあれば、必ずお目当ての保険会社に電話やメールなどで問い合わせることが必要に。

決して、あやふやな状態で進めないようにしてください。 ときとして、これが要因で思わぬトラブルに発展する場合もあるからです。 契約段階でのトラブルであれば、まだ対応ができますが、もし事故が発生し、いざ保険を利用しようとした時となってしまうと目も当てられない状況になる可能性も。 自分自身を守るためにも、しっかりとクリアな状態にしてから契約するようにしましょう。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ