ノーカウント事故ってなに?

最近、自動車保険の更新がありました。 内容を重視したため、少々、値が張ってしまっていたのですが…やっと「おっ♪かなり安くなってきたな」と感じるところまで等級が上がってきました。

ちなみに、保険料よりも内容重視した方がよいと買取バカは考えています。 理由は保険料も重要だが保証内容は最重要を参考にしてください。

ともあれ、等級が上がってきたのは、買取バカが常に安全運転を心がけ、無事故無違反を長年にわたって続けてきたから! 自分で自分を褒めてやりたいです。

ということで、今回は保険ネタ。 保険の更新などをするときでも、正直なところ、あまり耳にしない「ノーカウント事故」について触れていきます。 「ん?ノーカウント事故ってなに?」と思った方は、意外と多いのではないでしょうか。

 

ノーカウント事故とはなにか?

簡単にいってしまえば、事故が発生し補償されたとしても、保険会社側が「事故扱いにしないよ」としてくれる事故のこと。

「そんなことあるの?」と感じるかもしれませんが、そんなことがあるのです。 では、どのような事故がノーカウント事故とされるのか?気になるところ。 これは、後で詳細を記載していきます。

ちなみに、ノーカウント事故と似たような特約が存在しました。 「等級プロテクト特約」とよばれるもの。 実はこれ、どこの保険会社も廃止の方向になっており、今では耳にしなくなったかと思います。

2012年10月に行われた自動車保険の改定があったから。 ここでは、自動車保険の改定について詳しくは説明しませんが、こういったことがあって等級に関する考え方が、いろいろと変わっていると認識してもらえればよいかと。 その改定の1つとして生まれたのが、このノーカウント事故という新たな考え方なのです。

 

事故の内容によって等級の動きが異なる

ノーカウント事故を語る上で避けて通れないのが、事故の内容によって等級の動きが変わるということ。 同じ事故でも、不可抗力の事故もあれば、買取バカのように横着な運転で事故を起こしてしまったものもあります。

全く種類の異なる事故にも関わらず、保険料の動き(等級の動き)を同じように扱ったら、なんだか損とは思いませんか? このような不公平感をなくすために、2012年10月の自動車保険改定があったわけです。 では、詳しくみていきましょう。

3等級ダウンになるような大きな事故

買取バカのような横着な運転で事故を起こしてしまったようなものが、この3等級ダウンになります。

例えば、愛車の損害を車両保険で修理したり、相手方を死傷させてしまったり、相手方のモノを壊してしまったりと、このような内容が挙げられます。 イメージ的には大きな事故を起こしてしまって大きな補償を受けた場合は、否応なく3等級ダウンと考えればよいかと。

厳密には、車両保険・対人対物補償を利用した場合が3等級ダウンに繋がりやすいです。

1等級ダウンになるようなちょっとした事故

この場合は、不可抗力で修理が必要になってしまった場合が多いです。 例えば、台風などの自然災害で車にキズが付いてしまった。 これを3等級ダウンとするのは、酷なため1等級ダウンに留めようということ。

注意したいのは、損害額が大きくなってしまっても1等級ダウンで収まることがあるということですね。 先の例である台風の場合、これが廃車寸前までの大きな修理となったとしても1等級ダウンで収まることになります。

翌年1等級上がる事故!?

保険を利用するような事故だったとしても、翌年に1等級があがる場合もあります。 これが、今回のテーマとなるノーカウント事故。

簡単にいってしまえば、対人対物保険、車両保険を使わないようなものはノーカウント事故として扱われます。 具体的には、搭乗者傷害保険だったり、無保険車傷害特約だったりです。

注意したいのは、細かくは保険会社によって扱いが異なるということ。 先の例は、あくまで代表例ですね。 どのような事故(補償)がノーカウント事故になるのかは、各々で保険会社に問い合わせて確認するようにしてくださいね。

飛び石でフロントガラスが割れてしまった場合は、カウントしません。 などですね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ