買取バカのアルファードの査定体験談【価格差は30万円強!】

「ほんとに一括査定を使えば高く車を売ることができるのかよ!?」と半信半疑な方っていると思います。

確かにそうですよね。

サイトを使ったこともないし、車を売却する時に2社以上の買取店へ相見積りを取ったこともないという方であれば尚更です。

 

ということで、そういった不安を持っている方のために買取バカが本当に車を査定に出してみました。

査定に出してみたのは、買取バカの愛車であるアルファードくん。

かんたん車査定ガイドの口コミ「実際に体験してみました」で一括査定サイトのかんたん車査定ガイドに依頼を出していますが、そのまま実車査定まで流れてみました。

かんたん車査定ガイドの依頼方法や依頼後の電話に関しては、上記のリンクから見てみて下さいね。

 

検証の目的は誰でも高額査定が出せるかどうか

今回の査定では以下の3つのことを条件として査定をしてもらう業者を選びたいと思います。

  1. 誰もが安心して売却することができる会社であること。
  2. 高額査定に自信がある会社であること。
  3. 誠意のある対応ができる会社であること。

 

また、買取バカのサイトを見てくれている方の多くが、一括査定を使うことや車の売却(買取り依頼)が初めてであったり、査定や売却に対して不安があると思いますので、車の知識や査定交渉のテクニックがなくてもどこまで高額査定を出すことができるのかを検証したいと思います。

要は、買取バカは自分の知識やテクニックを使って査定額を釣り上げるのではなく、ただ単純に車を見てもらい査定価格を算出してもらうということです。(ただ、誰にでもできるような売却時期を早目と言うなど、営業マンからの質問に付いては明確に答えています。)

 

果たしてこれで、どこまで査定額が高くなるのか見ものですね。

 

複数社から電話が鳴りましたが、その中から上記の条件に当てはまる業者を選択した結果以下の3社に絞り込みました。

  • アップル
  • ガリバー
  • ソッキン王

実際にあなたが一括査定サイトから依頼を出して、査定を受ける場合はすべての買取業者に実車査定をしてもらっても何の問題もありませんからね。

今回は検証のための査定ですので、敢えて絞り込ませてもらいました。

 

業者選択の条件詳細

1つ目の条件が、誰もが安心して売却することができる会社であることですが、ある程度以上の知名度があることを基準に選んでみました。

アップルとガリバーは誰もが知っていると思いますので何の問題もないですね。

ソッキン王は、知っている人もいれば知らない人もいると思いますが、買取バカが住んでいる地域ではある程度の知名度があるということと、地場の業者も1社位は入れたいという思いから選択しました。

 

2つ目の条件としては、高額査定に自信がある会社であることですが、これは実際に買取バカが電話口で聞いてみました。

「高額査定を出す自信がありますか?」と。

そして、その答えが「はい。あります。」と即答で返ってきた業者です。

「そうですね~」などと少し間があった業者は除外しました。

 

実際のことを言うと、こればっかりは査定価格を出してもらって答えが出ることですので何とも言えません。

ただただ、少しでも高額査定を出す意思がある業者を絞り込むためですね。

 

3つ目の条件が、誠意のある対応ができる会社であることでしたね。

これは電話対応の中で誠意の感じることができなかった業者を除外です。

実を言うとガリバーに関しては、ただのオペレーターのような対応でしたので除外しようかと思ったのですが、査定と言えばガリバーだと思いますので敢えて除外しませんでした。

 

すいません、この辺は少しあやふやですが、買取バカの独断と偏見で決めさせてもらいました。

こうして選んだのがアップルとガリバー、そしてソッキン王です。

 

この検証では、一括査定を使うことによって知識やテクニックがなくても車を高く買取ってもらうことができるのかを調べるのが目的ですので、査定の順番などは省き、査定の様子と結果から見て行きましょう。

 

実車査定の内容はどこも同じ

実車査定

基本的には3社共に査定内容はほぼ同じでした。

挨拶から入り⇒車検証の提示⇒外装チェック⇒内装チェック⇒エンジンをかけて音を確認⇒アクセサリー系のチェック

こんな流れですね。

業者によって順番は違えど見るポイントは同じ。

 

営業からの質問には「早め、即」が基本

この流れの間に、買取バカへの質問がありました。

長々と話しをされますが、まとめると大まかに以下の4つを聞きたいと。

  1. いつ頃の売却なのか?
  2. 他から査定額は出ているか?
  3. 次の車は決まっているのか?
  4. いくらで売りたいのか?

 

いつ頃の売却なのかは、なるべく早めと答えました。

ここに期間があると色々な業者へ査定を依頼する可能性があるので、高い査定額は引き出せないでしょう。

逆に言うと、即などと答えれば高くなる傾向がありますね。

 

他からの査定額は出ているかは、1社目から出ていると答えましたが値段は言わず。

今回は検証の為だったので、すべての業者に平等を意識したので1社目から他から出ていると答えました。

ただ、3社共に他社からの値段は最後まで言わず。

 

その買取業者からの査定額が出てきていない状態で、先に値段を言ってしまうと、その金額を基準に査定額を出してきますので実際はもっと出せたのに抑えてしまうという傾向があります。

ですので、他社の価格を言うにしても、その業者が査定額を提示した後に言うようにしましょう。

 

次の車は決まっているのかに付いては、決まっていると答えました。

次の車が決まっている=1つ目のいつ頃の売却なのかに信憑性が出ますね。

業者に「本当にこの人は急いでいる、すぐに売ってくれる人だ」と思わせることは大切です。

ガリバーなどは直販などもしているので、その営業を受けるのも面倒ですしね。

 

いくらで売りたいのかに付いては、分からないと答えました。

「あなたの車はいくらで売れますか?」と聞かれて答えられる人は極僅かだと思いますので、いくらで売りたいのか?に付いては、多くの方が相場感を持っていないので答えることができないはずです。

ですから、この記事を読んでいる方と条件を近くするために、分からないと答えることにしました。

 

査定時の対応は、どの業者も丁寧で何の問題もありませんでした。

敢えて言うならば、ソッキン王の対応が最も素晴らしかったですね。

売る時のアドバイスや、何故この箇所をチェックしているのかを事細かに教えてくれていました。

 

単純な査定で脅威の32万円差!

それぞれの買取業者の査定額は以下の通りでした。

この査定額は、全ての業者に平等に出してもらうために、他社の査定額は伝えておらず、1回目の査定で出してもらいました。

ガリバーは査定額がすぐには出せないようなことを言っていたので、奥さんに金額を伝えないと話しが始まらないこと、ここで金額が出せないのであれば他の業者の高い方で決定すると伝えると出してきました。

  • アップル:73万円
  • ガリバー:90万円(もうちょっと行けるかも知れない)
  • ソッキン王:105万円

最も最高額を出したソッキン王の105万円と最安値のアップルの73万円では、32万円の差がありました。

 

ちなみに、ガリバーに関しては90万円と提示してきましたが、「状況によってはもうちょっと上乗せすることができるかも知れないので、他社で出た金額を教えることができるようになった時点で電話を下さい」とのことでした。

買取バカでは、アルファードの買取相場は110万円から110万円後半と算出していたので、ソッキン王が最もこの金額に近いことが分かりますね。

 

この結果で分かることは、買取業者は本当の買取相場よりも、少しでも安く買取ることができればラッキーということを前提に査定額を出してきているということです。

ですから、一括査定が威力を発揮するということなんですね。

一括査定から回ってきた案件は、他社からも引き合いが来ているということを前提に査定してくるので、交渉テクニックなどを使わなくても、ある程度は他社より高く出そうと努力する業者が存在するということ。

 

その結果、最安値と最高値の差額が32万円にもなったということです。

そう考えるとアップルは少し安すぎるので、企業努力が必要だと感じてしまいます。

まぁ、かなりの知名度があるので、一括査定を使わずにアップルだけに査定を依頼して、そのまま売ってしまう人も多くいるということの現れかも知れませんね。

何とも勿体無い。

 

ちなみに、ここで出てきた査定額は、単純に車を見てもらい算出してもらっただけですので、この後に他社では105万円出たが、それ以上にならないかなど、他の買取店から出された査定額を武器として利用するでお話ししているような方法で更に高い査定額を目指すことはできます。

 

誰にでも高額査定を出すことは可能

買取バカのサイトでは、元査定士である買取バカの経験を元に一括査定をすることによって査定額が大きく違ってくると言ってきましたが、これでそのことが明確になりましたね。

そして、今回買取バカが感じたことは、大手ばかりではなく中堅の業者や地場の業者にも査定をしてもらうべきであるということです。

こういった少し小さい業者は、大手にはない丁寧さや努力がひしひしと感じてきますので、査定額に付いてもかなりギリギリまで頑張ってくれると思います。

また、人情味があるというか人間対人間のお付き合いができるのも小さな会社ならではですね。

 

今回の買取バカが行った検証結果では、車の知識や査定交渉のテクニックなどを使わなくても32万円もの査定額の差を生み出すことができました。

これは、買取バカだからできたわけではなく、一括査定を使うことによって誰にでもできることですね。

 

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ