2WDと4WDで査定額の差が出やすいSUV

車の駆動は2つのタイプに大きく分けることができます。 2輪駆動(2WD)か、4輪駆動(4WD)か。(当然ですね^^)

車査定(売却)のことまで考えて車を購入する場合は「どちらが優位なのか」「どちらが得なのか」を悩むときがあります。 一概には言えませんが、車査定の面では、多くの場合が4WDの方がよいとはされています。 (燃費や乗り心地、使用用途によっては必ずしも4WDがよいというわけではありません。)

では、最近人気がありよく耳にするSUVと限定した場合は、どうでしょうか。 SUVの現状も踏まえ、少しお話をしていきます。

4WD車

SUVの現状とは

2014年2月現在、SUVの現状を一言で言い表せば「ブームは落ち着いた」と言えるでしょう。 一時の勢いはなくなりつつも、世間に認知されたジャンルの車であり、根強く売れ行きを伸ばしている状況です。 ミニバンが車業界を盛り上げたときと似ている状況と言えるかもしれませんね。

さまざまなタイプのSUVが存在

さて、このSUVという車、一言でSUVと言っても、実にさまざまな車種が存在します。 乗用車がベースとなったSUVや、クロカン四駆系のSUV、さらにはワンボックス系のSUVと。 具体的にいえば、ハリアー・ムラーノ・CX-5などが挙げられます。 いずれも、ベースは異なる車種ですが「SUV」と言われる車です。

ただしSUVとしてイメージが強いのは…トヨタのあの車

ただ、一般的にSUVという車が認知され始めたのは、ハイラックスサーフからと言われています。 ハイラックスサーフと言えば、悪路を四駆でバリバリと走ることを想定された車です。 したがって、SUV車は4WDというイメージが根強くなっているのが現状です。

最近では2WDのSUVも「普通」になってきた

SUVの人気は根強いといえるでしょう。これは、先に説明した通りです。 そのブームの中で、さまざまな車種が発売されてきましたが、実は注目したいことがあるのです。 「2WDも多く存在する」ということに。

どうしても4WDのイメージが強いSUVではありますが、このブームで2WDも増えてきました。 ランクルのように悪路をバリバリ走るという車から、ハリアーのように街中をファッショナブルに走る車と幅広い使用用途に変わったことを証明する出来事だと思います。

そこで、気になるのが冒頭にある、「SUVの2WDと4WDでは査定額に差が出るのか」という部分。 早速、次からお話していきます。

 

「市場は語る」やはりSUVは4DWが有利

結論から言ってしまえば、やはり中古車市場は4WDを望んでいるため、査定額も4WDが有利になります。 ただし、場合によっては査定結果の差は小さい場合もあります(詳しくは後でお話します)。

ちなみに、買取バカ自身もSUVを買うなら4WDを選択します。 どうしても「SUVなのに2WDなのか~↓」というマイナスイメージが強く、悪路や山道、雪道を走って威力を発揮してくれる車と考えているからです。

大多数とまでは言いませんが、中古車市場では、このような考えの方が多いというのは事実。 結果、この市場の動向が、まともに査定額の差として出ていると言えるのです。 2WDの人気が出てきたとはいえ、まだまだ4WDの方が高い人気を誇っているのが現状です。

 

車種によって2WDと差が小さい場合もある

ただし、以前と比べて少し変わってきた部分もあります。 それが、2WDの需要も増えてきたということで、車種によっては大きな差が無い場合も。

代表例は、日産のムラーノと言えるでしょう。 ムラーノは、2WD・4WDに捉われずに人気のある車種となっています。 理由は、悪路を想定せずにファッショナブルに乗る方が多く存在することが挙げられます。 こういった方々は、ホイールやエアロパーツなどをカスタマイズして乗って楽しむため、4WDでなくても何ら問題ないのです。 車種によってMT車AT車の価値は大きく変わるでお話しした、MTなのかATなのかは車種によって価値が変わって来るように、2WDなのか4WDなのかは車種によって価値が変わるということですね。

このように、確かに時代は変わりつつあることは実感することはできます。 買取バカ的には、この様に格好良さでSUVに乗るのも良いですが、SUVは4WDで乗って欲しいという想いは強いので、こういった時代の流れは残念でなりません・・・

 

今後も4WD有利の時代が続くため…購入時は4WDを

最後に、SUVを購入する場合、どちらを購入した方が得なのかという部分。 あくまで査定面での話という条件付きではありますが、車種によっては注意をしつつ、4WDを中心に熟考するとよいと考えます。 やはり、まだまだ4WDの方が有利なことは変わりありません。

ただし、将来的に燃費面(4WDより2WDの方が低燃費)など経済的なところで、2WDの人気が高まってくる可能性も否定はできません。 ファッショナブルに乗りたいと思って購入したのに4WDでは無駄に燃費が悪いだけと考えられる可能性もありますし、実際にムラーノの例もありますからね。 そうなった場合は、状況が変わるため注視する必要があることは頭の片隅に入れておきたいところです。

SUVを購入するのであれば、まずは4WDを選択することを第一候補として、ファッショナブルにだけ乗りたいと考えるのであれば2WDも視野に入れるというスタンスで良いのではないでしょうか。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ