車を売る時期やタイミングで査定額が違う

日本は世界から「美しい国」とよく評価されます。 日本の特有の文化である「四季」があるからで、季節によって見せる「顔」がとにかく美しいと。 桜の季節、風鈴の季節、月見の季節、雪化粧の季節、実に素晴らしい! 心から日本に産まれてよかったと、改めて感じる次第です。

柄にもなく季節について、熱く語ってしまいました。 買取バカも、いい加減、大人にならないといけないと思い、まずは季節を感じて、風情を楽しみたいと強く誓った今日このごろ。 今回は、そんな「車を売る時期によって査定額が変わる」というお話をしていきます。

 

車を売る時期と査定額は密接な関係がある

売る季節・売る時期によって、中古車市場の相場が変わることは、よく知られています。 査定額のアップを目論むのであれば、この密接な関係を理解しておく必要があります。

詳しくお話する前に、1つ注意して欲しいことがあるので、ぜひご一読ください。 買取バカも、査定しているときに、多く見てきたお客さんの失敗談なのですが…

売る時期が大切ということは、時期を見計らって車査定に出さなければなりません。 例えば、夏はワンボックス系が高く売れるのですが…

今は冬だったとしましょう。 さて、ここで質問「夏までの半年間を待ちますか?」 もし “半年間待つ!” と答えた方は以下のことを注意してください。

夏に高く売れるから半年の間に待っていたら、その間にフルモデルチェンジをしてしまい、大きく相場が下がってしまったということ。 売れる時期は確かにありますが、もし待ってしまった場合は、このようなリスクがあるというお話です。 そして、オーナーからため息混じりに「失敗した…」という声を耳にしたエピソード。

「車を売る時期はいつがよいか?」という質問の回答として「好きなときに売ればいい」と答えるのは、こういった背景があるからです。 だからといって売る時期と査定額の密接な関係を軽視してよいというわけではないので、以下より、詳しく記載していきます。

 

有名な話は「決算期」

売れる時期でよく耳にするのは、決算期である9月の中間決算、3月の年度末決算ですね。

そもそも「何故、決算期は車が売れるのか?」とご存知でしょうか? 根本的な理由は、実は株主様やお客さんに「うちは売れまくっている!」とアピールしたいからです。 特に株主様には、よいイメージを持ってもらわないと、株価が落ちてしまうこともあり、上場企業は、それはそれは必死になるのです。

しかし、売りまくるということは、売る車がなければ話になりません。 その結果、決算期は中古車が喉から手が出るほど欲しいと繋がり、査定額を少しでも良くして買い占めたいわけですね。

 

車種によっても「高く売れる時期」がある

売れる時期というのは、何も決算期だけではありません。 車種によっても、このような「売れる時期」というものが存在します。

ワンボックス系などレジャーに活躍する車種は夏・冬

ワンボックス系をはじめ、レジャーに出かけるシーズンに大活躍するような車種は「夏」に高く売れます。 単純に、中古車市場がこの手の車を求めるからで、買取業者も強気に買い取ることができるのです。 買取業者は、とにかく売り切れないことを嫌がるため、少しでも、このリスクが小さいとなれば、積極的に動いてくれるわけですね。

ちなみに、レジャーは夏以外にも、雪山で大活躍する冬のシーズンも同様のことが言えます。 冬の場合は、特にオフロード系の車種が、査定額のアップが望めます。

軽自動車・コンパクトカーは春

新生活が始まる4月。 これを機に車を買い求める方が殺到する時期。

新社会人の方は、いきなり新車ではなく「まずは中古車で安く気軽に」という意味を込めて購入する方が実に多いです。 その結果、安さが売りの軽自動車やコンパクトカーが強い人気を得ることになります。 したがって、軽自動車やコンパクトカーは春(具体的には冬が終わるぐらい)に査定額アップが望めることに。

 

何事もタイミングを見計らうためには計画を!

ともあれ、大事なことは、高く売れる時期の知識を身に付け「購入したときから売るまでの大まかな計画を立てておく」ということ。 特に愛車となる車種が、時期によって高評価を得られるタイプであれば、しっかりと先を見据えておくとよいでしょう。

かと言って、売るタイミングを待ちすぎても価格の下落というリスクもあることは頭に入れておいて下さいね。 一定ではない車の相場でも話していますが、時間が経てば劣化する、刻一刻と相場は下がっているということもリスクのひとつですから。 良く考えて、自分で最も最適な時期に売ることです。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ