車を売る方法は5つ

車を売るとき、どのような方法で売りますか? 代表的な売り方といえば、下取り、または買取でしょう。 ドラゴンクエストとファイナルファンタジーみたいなものです。(異論は認めます)

しかし、他にもいろいろな方法の売り方があるとご存知でしょうか? 全部で5つに分けることができるため、ここでは、この5つについてメリット・デメリットを踏まえてお話をしていきます。

 

次の車を購入するお店で下取りをしてもらう

新車・中古車問わず、次の車の購入資金に充てるために、購入業者に引き取ってもらう方法です。 さまざまなサイトで「下取りは高く売れない」と表現されていますが、それ以上に大きなメリットもあるため、決して「ダメ」だというわけではありません。ここは勘違いしないようにしておきたいところ。

メリット

「時は金なり」という言葉があるように、非常に手間いらずで、車を売ることができます。

  • とにかく車を売る手間がかからない
  • 納車日と手放す日の調整がしやすい
  • 「これは売れないな」と思った車でも下取りをしてくれる
  • 購入車の交渉の材料として使える

デメリット

買取専門ではないため、査定に関しては若干パンチの弱い部分が出てしまうことがデメリット。

  •  買取よりも低い査定になってしまうことが多い
  •  購入車の値引きが非常に分かりづらい
  • 外車の査定が弱い(国内メーカーの買い替え時)
  • パーツ類の評価がされにくい

 

買取業者に買い取ってもらう

下取りと同様、代表的な売り方の1つ。 中古車買取業者に買い取って貰う方法です。

メリット

メリットはなんといっても、安心してそれなりの額で売ることができるということ。

  • 得意分野の車であればパーツも含め高評価の査定になることも
  • 現金買取のためまとまったお金を得ることができる(現金といってもほとんどが振込)
  • 他社と競合させ査定額アップの交渉ができる

デメリット

  • 商談成立後は基本的に直ぐに車を引き渡さなければならない(買い替えの場合は車無しの期間がでてしまう可能性も)
  •  不得意分野の車だった場合は査定額が伸びないことが多々ある
  • だんだんと交渉が面倒になり「まっいいか」となってしまう(結果、満足のいく査定額にならないことも)

 

中古車オークションの代行業者に売ってもらう

まだあまり浸透していなませんが、実績があり高く売ることが可能な方法のため、今後の動向に注目したい売り方の1つです。 簡単に言ってしまえば、中古車オークションに売りたい車を出品してもらう方法。 通常、一般人は中古車オークションに出品することは不可能なため代行してもらうというわけです。

メリット

なんといっても買取業者などが間に入らず直接売ることになるため、高く売れる可能性があります。

  • 直で中古車オークションに出品するため高額で売れる可能性がある
  • 代行手数料も驚くほどの高さではなく買取業者依頼時よりもお得感は非常に大きい

デメリット

ギャンブル要素も含まれているため、逆に高く売れないこともあります。 何よりも怖いのは売り切れないときといえるでしょう。

  • オークションのためどうしても売却値段にムラがでてしまい、時期により安値で買い取られてしまう可能性もある
  • 買い手がつかずに売り切れない状況となる(売れない間、どんどんと車の価値は下がっていく)
  • 売るのに時間がかかることに比例して代行手数料の額も大きくなる

 

個人売買で売る

言葉通りで、どこの業者も挟まずに、個人同士で車の売買を行う方法です。 インターネットが普及したことにより、昔より、より活発に売買されている傾向が。 特にネットオークションで頻繁に行われており、活発になっていることを垣間見ることができます。

メリット

やはり個人同士だけあり、本当に欲しい車だった場合は、お金に糸目をつけずに購入してくれるため、高額取引も可能性としてあります。

  • 一般的に、一番高く売ることができる可能性を秘めている売り方
  • どこの業者も挟まないため、余計な手数料などもかからない

デメリット

個人同士がゆえに、さまざまなトラブルに発展する可能性も秘めています。

  • 何かとクレームを付けて安くしようとしてくる場合もある
  • 名義変更などの手続きが非常に面倒(通常は業者がやってくれることを全て自分でやらなければならない)
  • 車と現金の引き渡し方法が大変になってしまうことが多々ある

 

委託販売で売る

車を店頭に並べて販売してもらう方法となります。 通常は、販売業者が購入した車を店頭に並べることになりますが、その一角を借りて売ることに。 委託販売とは、店頭に並べて個人向け販売を委託する方法。

メリット

買取業者にお願いした査定額よりも高く売れる可能性が高いです。

  • 買い手がつけば販売価格のお金を手に入れることができる
  • マニアックな車であればひと目を引きやすく買い手がつきやすい場合もある

デメリット

なんといっても「売れないとき」のリスクが大きな売り方になってしまいます。

  • 売れないときの委託販売手数料(売るための場所代やメンテンナス代)が大きくなってしまう
  • 買取に変更しても査定額が売り始めた当初よりも低くなってしまう
  • 最悪の場合は手数料だけ支払って車の価値がなくなって(低くなって)しまうことも

 

自分にあった売り方で売るのが一番

このように、いろいろな売り方がありますが、各々にメリットとデメリットが存在します。 これらを十分に理解した上で、自分自身にあった売り方で車を売るのがよいでしょう。

買取バカ的には、最もバランス(高額買取価格と安全性)が良いのが買取だと思うので、まずは買取を試して相場を知ってみるのも良いですね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ