車を売るのに必要になってくる手続きと書類

買取バカも “元” が付きますが、査定士の端くれ。 車を売るときに必要になる書類の種類ぐらい分かっています!

唐突すぎる始まり方で申し訳ございません。 先日、ちょっとした遊びをしていたときに、とある方に「仕事ができなさそう」と小バカにされてしまったので、見栄を張ってみたかったのです。

ということで、今回は査定士時代を思い出し、車を売却するさいに必要になる書類などについてお話をしていきます。

 

必要な書類はたくさんあります!

現役で査定士をしていたとき、非常に多かったトラブルの1つなのですが… 必要書類が全く揃わないという方が以外に多くいるのです。

正直なところ、車買取とはスピード勝負の部分もあるので、このような書類系で手間取ってしまうと、オーナーも買取業者も損をしてしまう可能性が。 できる限り、スムーズに処理したいのが本音です。 最悪の場合、この手間取ってしまったせいで、中古車市場の相場が下がり査定額までもが減額されてしまったら悲しいですよね。 したがって、必ずここで紹介するものを用意しておいてください。

 

自分自身が用意するもの

まずは売却時に自分自身が用意するものを紹介していきます。

自動車検査証(車検証)

多くの場合は、車のダッシュボードの中に入っているはずです。 入っていなかったら、買取ができません。 そもそも、車検証は常に車の中に入っていないといけないもの。 ないことはありえないはずです。 万が一、紛失した場合は、すぐさま運輸局で再発行を行ってください。

自動車税納税証明書

毎年、春に収めている自動車税の納税証明書のことです。 車検を受けるために必要なもので、買取店に渡さなければなりません。 こちらは意外と紛失してしまう方が多いため注意してください。 税事務所にて再発行ができます。(軽自動車の場合は役所での再発行となります。)

実印

日本人の文化ですね。 サインみたいなものですので、こういった場面では必要となるものなので用意をしておきましょう。 (書類じゃない!というツッコミは受け付けません^^)

印鑑証明書

役所に登録した「実印」と証明する書類のことです。 有効期限があるため注意してください。 買取業者によって言っていることがまちまちの場合があるため、事前に確認しておくとよいですね。

自賠責保険証

車検時に必ず加入手続きを行っている強制保険のこと。 これを支払っていない場合は車が売れないため注意をしてください。(そもそも支払っていないと公道を走ることができない。)

リサイクル券

自動車リサイクルシステムにて料金を預託しているのであれば、必要となるリサイクル券となります。

 

買取業者側が用意するもの

続いて、買取業者側が用意してくれるものになります。 オーナー側が用意するものではないため、記載する必要がないかな?とは思いましたが、知識として持っておいても損はないため、敢えて記載させてもらいました。

委任状

車の名義変更手続きなどを買取業者に任せるための委任状となります。 ここに先ほど記載した実印を押印し、委任することに。 同時に捨印なども求められると思います。

譲渡証明書

実際にオーナーの愛車を「譲渡しますよ」ということを証明するための書類。 そして、買い手側が「譲渡されました」ということも証明するものになるため、必須の書類となります。

 

時と場合によって必要になる書類

ここまでで紹介した書類があれば基本的に車の売買を行うことが可能です。 しかし、場合によっては他の書類などが必要となる場合があるため、合わせて紹介していきます。

住民票(住所変更などがあった場合)

車検証と印鑑証明書の住所が違う場合に必要となるものです。 基本的には「相違があることはおかしい」という状態のため、引っ越しなど住所が変わったら、両方とも忘れずに変更届を出すようにしましょうね。

戸籍謄本(結婚・離婚などで姓が変わった場合)

車検証などの所有者の姓が異なる場合に必要となるものです。 役所で簡単にもらうことができるため、しっかりと用意をしておきましょう。

 

分からなければ買取業者に質問すればOK!

いろいろと必要なものを紹介してきましたが、実際に査定をし売却となったときは、意外と分からなくなってしまうものです。 したがって、少しでも分からなくなってしまったら、業者に質問するようにしてください。 丁寧に教えてくれるはずです。 そうすることにより、よりスムーズに取引ができるため、逆に質問をした方がよいともいえます。

実はこれ結構大事だったりします。 間違った書類を揃えても、取り直しだったりしますし、その間に時間が経ち・・・となっても困りますからね。 分からないことは聞く!これ基本です^^

とにかく大事なことは、売買をする当日に「あっ!あの書類がない!」なんてことにならないように準備をしておきましょう。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ