車の一括査定は不安ですか?トラブル解決策が分かればその問題解消できます!

これから車の一括査定サイトに依頼をしようとしているが、事前にどんなトラブルがあるのか、またその解決方法を知りたいという方。
そして、愛車を最も高く売る方法をお話しして行きます。

 

一括査定サイトのデメリット

一括査定サイトは、自宅に居ながらにして複数の買取店、中古車販売店の暫定的な査定額を知ることができ、それによって相手の出方を見ることができるといったことや高額で買取りをさせることが出来ると言った大きなメリットがあります。
ただその反面、やはりデメリットとなることも存在し、それが一般消費者を遠ざけている理由であることもわかるわけです。
それが営業の電話です。

 

営業電話

一括査定サイト・・・先ほど言いました通り、自宅に居ながらにしてパソコンやタブレット、スマートフォンなどからインターネット上にある一括査定サイトにアクセスし、そこで必要となる情報を入力さえすれば、暫定的な査定額を知ることができるという便利なものですが、それはあくまでも消費者目線からの見方であり、それがすべてではありません。
そもそも一括査定サイトとは「当店では○○万円ぐらいであなたの車を買い取ることができるかも・・・」ということを言いつつも、「詳しくは実際に見てみないとわかりませんので、一度査定を受けてください」といったように対面での査定に持ち込む1つの手段と思っていただきたい。

一括査定サイトにおいて買取店や中古車販売店の最終的な目的は「安価買取」ですが、その一段階前のこととして「査定を受けさせる」ということを目前の目標としているわけで、暫定的な査定額を教えるだけの慈善サイトではないということを理解したうえで付き合っていかなければなりません。

当然ながら買取店側は「査定を受けさせる」ということに集中した営業活動をしてくるわけです。
まず、最初の段階として一括査定サイトを利用したことに対する「返信メール」という形で、入力されたデータでわかる範囲での一番高い査定額を知らせるのと同時に、それこそ「実際に見てみないとわかりません」といった形で、店舗での査定あるいは足を運ぶのが面倒であれば出張査定もありますよ的な感じで、査定を受けさせようとすることから始まります。

ここで何かしらに返事があったり、具体的に査定の日取りなどが決まってしまえば後はその流れに乗っていくだけとなりますが、例えば・・・

  • 査定額を知りたかっただけ
  • ポイントサイトで一括査定サイトを利用すればポイントの付与があるからそれ欲しさに使っただけ
  • ちょっと使ってみたかった
  • 返事を待って間に売る先が決まってしまった

などといった理由から、もう査定を受ける必要性がないということで、買取店側の連絡に対して何もアクションを起こさないでいるといつまで経っても電話は鳴り止みません。

 

買取店や中古車販売店の営業マンというのは、ある程度の営業テクニックを知っています。

その中には

  • 「ノーといえない日本人」
  • 「手紙やメールでは断ることができるが、電話では断れない日本人」
  • 「電話なら言葉巧みなセリフで査定に持ち込むことができる」

ということもしっかりと入れられているわけです。
電話に出ない人に対して買取店は、暫定査定額を記載した返信メールを送った後、気が早いところでは当日に2通目、3通目の催促メールを送って来るでしょう。そして、何度も電話をかけて来るでしょう。

電話の内容としては

  • 社交辞令のあいさつ
  • 連絡をくれなかった理由の聞きだし
  • 車の詳細
  • 査定を受けさせるための説得
  • 査定の日取り

といった形ですすめてこようとします。
半ば無理やり、○○詐欺のごとく言葉の応酬になることもあり、1回の電話で査定の日取りが決まらない場合は、断られることを覚悟で2度、3度と電話をかけてくることもあります。

本当に査定をして車を売ろうとしている方にとってはありがたい電話なのかもしれませんが、売る気の無い方、既に他で査定を受けることが決まってしまっている方、人と会話することが苦手な方にとっては迷惑、苦痛でしかないでしょう。

 

営業電話をなくす方法

一括査定サイトを利用するには、多くところで自動車のデータの他に利用者の個人情報が必要になります。

一括査定サイトが出回り始めた頃では、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、携帯電話番号などが必須項目で、中にはメールアドレスの正当性を調べるためにメールを送り、そのメールの本文に書かれているURLにアクセスさせるところもあったぐらいです。
しかし、最近は一括査定サイトの有用性が問われるようになり、取店側が対応を変えてきたことで、氏名、メールアドレス(フリーメールアドレスもOK)、電話番号ぐらいのデータで利用できるようになってきました。

しかし、中には頑なに多くの個人情報を集めようとするWebサイトがあるのも事実です。

 

カーセンサーで依頼を出す時に「メールにて連絡を希望します」と記載する

多くの一括査定サイトの1つとして「カーセンサー」があります。
カーセンサーは人材派遣会社であるリクルートが運営する中古車関連の情報サイトなのですが、その一部に「車買取」があります。
カーセンサーの車買取といってもカーセンサーが車を買い取って転売するということではなく、いわゆる一括査定サイトであって、入力されたデータを買取店や中古車販売店に有償で流すことで利益を得ているサイトです。

内容としては、自動車のデータ、申込者の個人データを入力して連絡を待つという形になりますが、紛らわしいのが申し込み方法が二段階式であることです。

最初は・・・

  • 自動車メーカー名(自動車メーカーとブランドを勘違いしているようですが・・・)
  • 車種名
  • 車タイプ(ボディ形状の種別とも取れるし、ジャンルの種別とも取れる曖昧なもの・・・ほぼ自動入力)
  • 事故歴
  • 郵便番号

を選択、入力して「申し込みスタート」と書かれたボタンをクリックします。

「たったこれだけの入力でだいたいの査定額を知ることができるのかと思いきや、詳細な自動車のデータ、個人情報を入力するページが出て来ます。

そのページには・・・

  • 年式
  • グレード
  • ボディカラー
  • 走行距離
  • 車検時期
  • 車の状態(傷など)
  • 氏名
  • 住所(最初のページで入力した郵便番号から自動入力された町名までの住所がすでに記載されている)
  • 希望連絡先(早い話、電話番号)
  • メールアドレス

の入力が必要で、そのすべてが必須項目となっています。

この入力フォームにすべてのデータを入力して申し込むと間違いなく、営業の電話がバンバンかかってきます。
驚くのは「希望連絡先」のところに書かれている注意書き・・・

「※電話またはメールにて買取店からご連絡させていただきます。」
「※連絡方法をご指定いただくことはできません。 」

といった文面です。
要するに「連絡する方法は買取店側で決めますよ」ということです。
買取店側からすれば、「営業トーク」という武器を使った方がいいわけで、ありきたりの文面となるメールでの連絡より電話での連絡の方が都合がいいわけですから、電話番号とメールアドレスの2つの連絡先がわかっているのであれば、メールを併用しながらも電話連絡を優先して使うに決まっています。

 

では、カーセンサーを使ったら必ず営業の電話に苦しめられるのかというと必ずしもそうではなく、電話連絡なしでメールのみでの連絡を受けることができる可能性が多少はあります。
その方法は、「メールにて連絡を希望します」ということを記入することです。

記入すると言っても記入するテキストボックスがないのでどうすることもできないように見えますが、実は隠れて設置されています。
その場所は「車情報」の入力フォームの下にある「任意項目:装備、その他オプションなど、お車のアピールポイントは、こちらをクリック」の部分と「お客様に関する情報をご入力ください」の入力フォームの下にある「任意項目:売却希望時期など、ご希望がある場合は、こちらをクリック」の部分です。

これらの部分をクリックすると入力フォームが広がり、上の部分では「その他オプション装備などアピールポイント」といった項目にテキストボックスが、下の部分では「連絡希望時間帯」の項目にテキストボックスが出てきますので、どちらかあるいは念のため両方に「メールにて連絡を希望します」と入力しておきましょう。

これを見て買取店がどういう態度を取るかはわかりませんが、相手も商売ですのできっと従ってくれるでしょう。
むしろ、希望に沿ってくれないところは客のことを考えていない買取店であることがわかりますので電話に出る必要もありません。ただ、中には自動で依頼が入った瞬間に電話を鳴らすシステムを組んでいる買取店もあります。

⇒ カーセンサーで査定してみる

ユーカーパック

一括査定サイトに似たようなスタイルをとることで違いが判らない方もたくさんいることと思いますが、ユーカーパックと一括査定サイトは全く違うものです。

一括査定サイトは早い話、データ集めで、集めたデータを買取店に流して、それに対して一件当たり何円という対価を受けるという仕組みですが、ユーカーパックは売る側と買う側の仲介に入ってくれているような形となり、査定を行うのもユーカーパックが行う1回だけ、個人情報を教えるのもユーカーパックだけということになりますので、売る側と買取店側は分断されていて、買取店側が営業の電話をしようとしてもする方法がありません。

ユーカーパックとの連絡方法は電話連絡だけとなっていますので、最低で一度は電話でやり取りしなければなりませんが、一括査定サイトを使った時のような、「電話の嵐」状態になることはないでしょう。

そして、1社にだけ実車を査定してもらい、査定した情報がユーカーパックのサイトに掲載され、買取店がその情報を見て査定額を提示するという仕組みです。1社としか連絡は取らず1社に査定してもらうだけで、複数の買取店からオファーが来るので楽して高額査定を出したいという方に向いているシステムですね。

ユーカーパックで査定してみる

 

一括査定のメリット

とかく何かといわれている一括査定サイトですが、すべてが悪いことではなく良いところもあります。

自分で電話をかける手間が省ける

自動車を売却しようとするとなると1円でも高く売りたいと思うのは人の常だと思います。
それにはどこで売ったらいいのかということが非常に重要なことで、その選択肢としてたくさんの買取店で査定を受ける必要が出てくるわけです。
そうなるとおのずと「巨人」に電話する、「ウサギ」に電話する、「林檎」に電話する、「車7」に電話するといったように複数の買取店に電話をして査定を申し込まなければなりません。

しかし、一括査定サイトを利用すれば、一括査定サイトからそのサイトに参加している買取店や中古車販売店に個人データが売られ、流れていきますので買取店側から電話やメールで連絡が来ます。
これが一括査定サイトのいいところでもあり、悪いところでもあるわけですが、真剣に車を売ろうと思っている場合ならば多少うっとうしい思いはしますがメリットと取ることができるのではないでしょうか。

 

相場を知ることが出来る

一括査定サイトを利用する消費者に対する1つの対価となるのが、これから売ろうとしている自分の車がどれくらいで売ることができるのか、その買取店でいくらで買いとってくれるのかということを知ることができるということです。
一括査定サイトのうたい文句においても「査定額を知ることができる!」などと書かれているので、それを目にして利用している方もいることでしょう。

一括査定サイトを利用をすると確かに各買取店から、だいたいいくらぐらいで買取れますといった返事もらうことができ、それをトータルで見れば相場的な金額を知ることもできるでしょう。
ただし、その金額が実際の買取金額となるものよりはるかに高い金額であることは理解しておきましょう。

これは買取店が言う通りに、実際に車体を見てみないと査定額を決めることができないからで、それを見越してその車が一番良い状態、キズもへこみも故障も色あせもない状態で、その年式、その走行距離での最高金額を伝えてくるようになっているのです。
ただ、そういった傾向があることを知っておけば、「100万円で買取れます」といわれても「なるほど80万円ぐらいね」と自分なりに解釈することができるので、メリットではあります。

 

自然と競合させることが出来、買取額が高くなる

最近ではあまり効果がなくなってきましたが、たくさんの査定額を並べてそれらを比較、そしてその中から一番高い金額を出したところで売ればおのずと一番高い金額で売ったことになりますので、その「たくさんの査定額」を集めるのに有効なのが一括査定サイトであるといえます。

 

申込む前に相場を把握しておく

自動車を買取店なり中古車販売店なりで売却する時に一番気になるのはやはりいくらぐらいで売れるものなのかということですが、例えば出された査定額が本当に妥当な金額であるのか、もしかしたらやたらと安い金額なのではないかなどと思ったりしませんか?

一度、新車登録されて人手に渡った車の価値は基本的には0円、無価値です。
しかし、人手に渡った車でも欲しがる人間、要するに中古車に対する需要があることで付加価値がつき、それが車の価値となります。
付加価値というのもかなり曖昧なものであって極端なことを言えば、お金をもらってもいらない、ゴミになるだけと思う方もいれば、100万円払ってでもぜひとも手に入れたいと思う方もいるぐらいのものです。
そこまで極端ではありませんが買取店での買取金額を左右する中古車市場の相場はかなり近い性質を持っていて、必ずしも一定ではない、固定された一覧表に照らし合わせて算出されるものではありません。

当然ながら買取店での査定額も同じですので、「100万円で買取ります」は果たして妥当なのかどうか・・・それを知るにはいろいろは方法がありますが、どの方法もはっきり言っていい加減です。
一番いいのはやはり実際の買取店でどれくらいの金額で売買されているのかを統計として取って分析したデータを見ることではないでしょうか。

 

ネット上で相場を見るならグー買取

実際の買取店で売買の数字を反映した金額を出してくれるのがグー買取というWebサイトです。
グー買取は自動車関連サービスを手掛けるプロトが運営する中古車関連のWebサイト、グーネット内のコンテンツとして公開されているもので、一括査定サイトのように自動車のデータと個人データを入力することで現時点での買取金額相場を教えてくれるサービスです。

一括査定サイトのように特定した買取店の査定額ではなく、複数の買取店による買取金額相場として知ることができるのと、個人情報も郵便番号とメールアドレスだけとなりますので、一括査定サイトでおなじみのうるさい営業電話がかかってくることもありません。
メールアドレスを知らせなければならないというのがちょっとネックですが、ただ単に現在の買取金額だけを知りたいという場合にかなり有効な手段だと思います。

グー買取で相場を見てみる

 

一括査定サイトの仕組み

一括査定サイトは無料で売りたい車の査定額を知ることができるWebサイトとしてつくられていますが、だからといって慈善事業や個人のブログやSNSのような無償で見ることができるものとは全く違います。
早い話、商用サイトであって消費者がこの一括査定サイトを使うことでお金が動くようになっているのです。

かといって一括査定サイトを利用する消費者が使うたびにお金を払うわけではなく、そのお金は一括査定サイトに参加している買取店や中古車販売店から支払われているのです。

 

一件あたり1500円~3000円を買取店はサイト運営者へ支払っている

利用する消費者と一括査定サイトを運営する業者、そしてそれに参加する買取店の間でのお金の流れを見ていきましょう。

  1. 消費者が一括査定サイトを利用する。
  2. 一括査定サイト運営会社が一括査定サイト越しに自動車のデータ、個人情報を入手する。
  3. 買取店などに仕入れた自動車のデータ、個人データを販売する・・・金額は一定ではありませんがだいたい1件あたり1500円から3000円ぐらい
  4. 仕入れたデータを使って買取店が営業活動を開始する。

といった形です。
こうしてみるとわかりやすいかと思いますが、一括査定サイト運営会社は表向きは自動車の買取に関わっている業者であるように見せかけていますが、蓋を開けてみれば仕入れた情報を売りさばいているだけのことで、自動車売買には全く関係の無い情報屋でしかないことがわかります。

 

成約率が2割だとして5件に1件が成約でも買取店は1件の成約に15,000円費用がかかっている

この仕組みからすると我々消費者が一括査定サイトを利用するごとに情報を得ることになる買取店や中古車販売店から一括査定サイトを運営する業者へお金が流れていくことになるわけで、消費者もいたずら半分で使うものではないなぁ・・・という気持ちがわいてきますが、例えばそれがいたずらでなくて本当に今乗っている車を売ろうとして一括査定サイトを利用したとしても、その車を買い取れるのはたった1社です。

車は1台しかないので当然ですが、だからといって買い取れなかった買取店が「情報を買ったお金を返せ!」ということは言えず、どこかで売買契約が成立する前に情報を受けただけでも費用が発生することになります。
要するに情報を買ってもそれがすべて買取に繋がるわけではないということです。

聞くところによると成約率は2割程度とされていて、5件分の情報料を払ってやっと大きな利益につなげることができる買取をすることができるということになります。
仮に1件あたりの情報料が3000円だとすると5件分の情報料で15000円、15000円を払ってやっと身になる買取をすることができると寸法なのです。

 

業者がしつこく電話をかけて来る理由はここにある

買取店が大きな利益を得るためには、確実にかつ安く車を買い取ることが先決で、それを実現するには「売りたい」と思っている客を逃さないようにするしかありません。
そうすれば成約率を上げることができ、先ほどの例でいえば1台の車を買い取るのに15000円の費用をかけるのではなく、それをもっと安くすることができるわけです。

だから買取店の営業はしつこいのです。
メールですと一方通行になることが多いので、そのしつこさは電話に現れます。
これも仕事に一生懸命になっている証なのですが、やられる側にとってみれば迷惑以外の何物でもありません。

迷惑な営業電話は法律で禁止されています。
1つは「脅迫罪」、これは電話をかけてくること自体が迷惑であることを相手に伝えたのにもかかわらず、おかまいなしで電話をかけてくる時に適用されます。

それから2つ目は「特定商取引に関する法律」、この法律には「契約を締結しない旨の意思を表示した者に対する勧誘の禁止」というものがあって、契約を結ばない、商品を購入しないといったことをしないということを伝えているのにもかかわらず、更に電話をかけてきて契約の締結、商品の購入を迫るといった時に適用されます。
買取店からの営業電話にあてはめると査定を強要する場合にこれが適用される形となります。

ただ、ここで重要なことは買取店側に「この電話が迷惑行為であること」、「査定をするつもりは全くないこと」を伝えてあるという状態でないと成立しないということです。日本人特有の中途半端な態度、対応では成立させることができませんので、査定をする気が全くないのであれば・・・

「査定はしません、電話も迷惑ですので今後はかけないでください。」

とはっきりと伝えておきましょう。

 

車の価値はひとつしかない

オートオークションで競り落とされる額が本来の車の価値

自動車の買取をいろいろ調べているとよく聞くのが、「○○の買取店だと高く売れるよ」といった同じ車、同じような状態の車でも査定額や買取金額に違いが出るという話です。

確かにものによっては、店舗によって査定額や買取金額に差額が出ることがあり、それをうまく利用して「高額買取」を目指すわけですが、残念ですが高く買取ったと思っていてもそれは決して高額買取などではありません。

 

限界値は決まっているが限界値からいかに低く買い取るかを仕事としている

買取店の買取金額というものは、オートオークションで転売する時の金額によって決められています。

例えばオートオークションで100万円で落札される車があったとしましょう。
その場合、買取店では間違っても100万円以上の金額で買取ることなどありません。
それどころか80万円ぐらいでも買取ってくれないいでしょう。
なぜなら儲けが少なくなるからです。

買取店では車を買い取ってそれをオートオークションメインで転売することで、その差額を利益としているのはご存知かと思いますが、その一連の流れを果たすためには車を買い取るお金、要するに仕入れにかかるお金以外にも車の陸送費とか名義変更手数料とかオークションの出品料とか、はたまた店舗の人件費なども発生するわけでそれも含めた形で更に店舗の利益なども捻出できた差額を見込んでおかないといけません。

仮に諸費用が10万円、利益を20万円と仮定すると先程の例ですと最高で70万円でしか買うことができないということになります。
これが限界値です。
しかし、買取店はそれだけではすみません。
もっと高い利益を得ようとするために70万円で買い取るのではなくもっと安い金額で買取ろうとしているのです。
看板などには「高価買取」など書かれていることが多いですが、実際にはその正反対で「低価買取」をしようとしているのです。
そのためだったら、法で許される範囲で何でもします。
車を査定して契約を結ぶのが買取店の営業マンの仕事と思ってしまいがちですが実際には相手の隙を狙って査定額を下げるポイントをあらさがしするのが本来の仕事なのです。

 

一括査定サイトへの情報料は結局は間接的に消費者が支払っているが、安く買いたたかれた人が支払うことになる

先ほども言いました通り、買取店が一括査定サイトに参加して、車を売りたいと思っている人間の情報を得るにはお金がかかるわけですが、そのお金も実は間接的にその買取店で車を売却した時に同時に支払っているようなものです。
それも当然です、出ていったお金はどこかで工面しなければ経営など成り立たないのですから・・・中でも一番の被害者は、何の知識もなく査定に臨んでとんでもなく安い金額で売却してしまった方となります。

買取店では常にギリギリの金額で買取りをしているわけではなく、相手の車に対する知識、中古車市場に対する知識、買取店に対する知識がどれくらいあるのかを会話の中で見極めて、知識が浅いと見るとなんだかんだ理由をつけて査定額を安くし、その金額で契約させようとすることがあります。
女性ドライバーやサンデードライバー、高齢者ドライバーといったいわゆる「カモ」と呼ばれる方から、知識がありギリギリのところまで値上げさせられた分を取り戻そう、その方から取れなかった経費(一括査定サイトの情報料も含む)も回収しようということになるわけです。
そうならないように事前にいろいろな知識をつけていきましょう。

 

愛車を最も高く売る方法

車を買取店で高く売るという情報がかなり乱立していますが、どれもこれもあまり効果がなく、極端な言い方をすれば査定額を1000円高くするためにああだこうだ言っているようなものです。

買取店での査定額の決め方は、基準となる金額からマイナスをしていくことで行われるので、査定額を高くするということではなく、査定額が低くならないようにするという形になります。
そうなるとどうしても傷を隠す、営業マンのご機嫌を取るなどといった形でマイナスを減らすことになってしますわけです。
しかし、こういった中でも査定額を上げることができないわけではありません。
要するに査定額を高くしてもらうのではなく、高い査定額を営業マン自らが提示させるようにすればいいのです。

 

買取店に集まってもらい競りを主催する

買取店の営業マンが自ら好んで高い査定額を提示する環境は意外と簡単に作れます。
それは出張査定の時だけに使える技なのですが、同じ日時に複数の買取店に来てもらうようにするのです。

いわゆるライバル同士を現地でぶつけ合って、あえてギスギスした環境を作り、精神的に競わせる形を取ることで「絶対、買い取ってやる!」と思わせれば、買取金額の限界値を超えることはありませんが、その金額にかなり近い金額を提示してくることでしょう。
更に追い込むのであれば、その場で競りを行うのも手です。

 

名刺の裏に金額を各入札方式はダメ

競りを行う時は、築地ではありませんが口頭での入札方法を取るといいでしょう。
中には名刺の裏に入札額を買いてもらってそれを提示するという方法を取る方がいますが、それですと・・・

「こんな金額で高すぎないだろうか?」

「無駄に高くし過ぎていないだろうか?」

といった形で営業マンが不安になり思い切った金額を出すことができなくなります。
ですので、名刺入札法ではなく、口頭での競りを行った方がいいでしょう。

 

高額買取は知識が大事

このようにたった1台の車を高く売るだけなのに、それを実現するためには非常に複雑なことが影響しています。
しかし、そのほとんどが一般消費者が知ることがない部分であるため、それを買取店側にうまく利用されているのが現状です

完全ではないもののそれを阻止するにはやはりそれ相当の知識が必要で、それが不十分である場合は査定を受ける前までにしっかりと勉強した方がいいかと思います。

「車を売るためだけにそんなことする暇などない!」

こういう方もいるかもしれませんが、そう思う方はそれでいいと思いますが、勉強して知識を深めていただきたいのは高額買取を目指す方です。少しでも損をしたくない高く売りたいと思うのであればネット上の情報だけでも買取店に対して有利になる情報はごろごろとありますので、学んでみて下さいね。

 

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ