買取と下取のメリットとデメリット

買取バカは嫁から頻繁に「屁理屈ばかり言う男」と言われます。
正直なところ、自覚をしているので、何とか治したい癖と思っているのですが…「へへっ♪そんな屁理屈を言う俺が好きなんだろ」と勝手に解釈をして放ってある状況。

例えば、先日、ランチをしたときのこと…ハンバーグ定食とエビフライ定食と、どちらにするのか?にかなり迷ってしまったのです。
その時、買取バカの頭の中はどうなっているのかと言いますと、各々のメリット・デメリットを考えています。

「ハンバーグは家で定番のメニューだから必ず近々に食べられる」「ここのお店のハンバーグは絶品」「エビフライは自宅でなかなか食べる機会がない」など。
結果、メリットとデメリットを総合的に判断して選択するわけですね。
そして、嫁にこう言われます…「直感で決めなよ」と。
さらにこう返します…「迷っている俺が好きなんだろ」と。

さて、車査定というテーマに焦点を合わせたとき、しっかりとメリット・デメリットを把握することを強くオススメします。
やはり大きな金額が動く可能性がある世界ですからね。
今回は基本中の基本となる買取と下取りのメリット・デメリットを改めて勉強しましょうということをテーマに以下より記載していきます。

 

買取のメリット・デメリット

まずは買取のメリット・デメリットについて。
インターネットの普及に伴い一括査定サイトが登場し、買取業者の査定額合戦が繰り広げられています。
実際、買取バカもこの合戦に参戦しており、その凄まじさは体感しております。
ただ一言「あのときは凄かった」と…。

ともあれ、以下は簡単にメリットとデメリットをまとめたものになります。

買取のメリット

  • 高額買取をしてくれる
  • 相見積もりができるため査定交渉がしやすい
  • 豊富な買取先が存在する
  • まとまったお金を手にすることができる

買取のデメリット

  • 相見積もりができるがゆえに面倒
  • 引渡しの日程調整をしないといけない場合がある
  • 相場の動きに敏感なため査定額が頻繁に変わる

買取のメリット・デメリットのまとめ

買取の特徴を簡単にまとめると、高額査定を勝ち取ることができますが面倒なことが多いということ。
一括査定サイトなどを利用してみると、よく分かると思いますが、とにかく1社1社と車査定、および交渉を行っていくことになります。
場合によっては、想像以上の心身的な負担が大きくなってしまいもう何でもいいやと投げやりな状況になってしまうことも。

買取バカも現役時代は、この手の方々を多く目にしてきました。
この面倒な作業をしてからこその高額査定ということをしっかりと理解し、コストパフォーマンスを頭の片隅に入れておきたいところですね。
買取業者の中には、売主が投げやりになるのを待っているところもありますから。

 

下取りのメリット・デメリット

ちなみにですが、下取りと言うとどうしても「新車を買い替えるとき」と思ってしまいますが、中古車を購入するときも下取りをしてくれます。
要は、車を引き取ってもらったお金を購入金額に充てることをいうため、誤解なきようお願いします。

さて、買取とよく比較対象となる下取りのメリット・デメリットはどのようになっているのか?
早速、以下にまとめていきますね。

下取りのメリット

  • 面倒な日程調整が必要ない(車がない期間が存在しない)
  • 値段が付かないような車でも何かしらの形で還元してくれる

下取りのデメリット

  • 査定額が買取と比べると低い(ディーラーの場合)
  • 人気車種や人気パーツが装備されていても査定額に反映されにくい(ディーラーの場合)
  • 車種による得手不得手がモロに出てしまう

下取りのメリット・デメリットのまとめ

新車購入予定でディーラーに査定をお願いした場合は、どうしても査定額は買取業者と比べると低くなってしまいます。
(※中古車の買取・販売も行っているようなところで下取りをしてもらうときは別の話)
その分、面倒な手間が掛からないという大きなメリットを得ることが可能に。

面倒な手間とは、例えば、新しい車が納車されるまで引渡しをせずに乗り続けることができるという点です。
もし買取だった場合、納車されるまで待ってしまうと相場が下がってしまい査定額が大きく減額される可能性があります。
したがって、納車されるタイミングをしっかりと見計らって引渡しをしなければ「車がない期間ができてしまう」ということに。
このような日程調整をしないでよいのは心身的な負担も軽減してくれることは間違いありません。

 

買取か下取かはお金か楽か

ともあれ、両者を見比べてみると「査定額の買取」と「心身的に楽な下取り」と言ったところでしょうか。
お金を取るか楽を取るか、こればっかりは個人個人の考え方次第なので何とも言えませんが、買取バカの場合は少々面倒でも少しでも高く売りたいという思いの方が強いので一括査定などを使ってしまうでしょう。

皆さんも家計のお財布事情や時間の重要性を比較して、どちらが自分に合っているかを判断してみて下さい。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ