純正オプションが付いていると価値は上がる

車査定の話題として、よく挙げられるのが車のオプション(パーツ)について。 オプションと一言でいっても、メーカー純正オプションから、ディーラー純正オプション、そして社外オプションまで様々です。 これらのオプションが車査定にどのように影響してくるのかというのは疑問の部分もありますね。

ここでは、純正オプションは、査定額アップの期待が持てるというお話をしていきます。

純正オプション

 

ディーラーとメーカー純正オプションとは?

ディーラーの純正オプションとは、言葉通り、ディーラーが取り付けてくれるオプションのことを指します。 例えば、アルミホイールやエアロ、そしてフロアマットだったりと、さまざま。 簡単に言うと後付けすることができるオプションです。ディーラーによって、さらには車種によって、オプション内容は異なるので気を付けてくださいね。 ディーラーやカタログなどを参考にすれば直ぐに分かるので、もし気になる方は調べてみて下さい。

メーカーオプションとの違いは

メーカーオプションは、安全制御装置だったり、純正カーナビだったり、主に生産工場で組み立てなければならいものが多いです。 対して、ディーラーオプションは、納車後に「やっぱり○○のオプションが欲しい」と思ったときに取り付けられるものになります。 これがメーカーオプションとの違いになります。

 

純正オプションが評価される理由は

ここからが本題です。 なぜ純正オプションが評価されるのかですが、単純に言えば人気が高いからです。

例えば、年式や走行距離などの車輌状態が全く同じだと過程して、サンルーフが付いている車と付いていない車が同額だった場合、あなたならどちらの車を選びますか? 多くの方がサンルーフが付いている方を選ぶのではないでしょうか。 この様に純正オプションが付いている車には付加価値が付くことも多くあるということです。

サンルーフ

他にも、ディーラーの純正オプションの代表であるフロアマット。 このフロアマットがない車だったら購入しますか? 個人でフロアマットを用意するのであれば問題はありませんが、中古車市場の大半は純正オプションのフロアマットが付いている方が好まれます。 (自分自身でフロアマットまで買ってカスタマイズしたいという方は意外と少ない) 他にも、ドアバイザーなどもフロアマットと同様の考えの方が多いことを市場が語っています。 余談ですが、買取バカも当然ながら純正オプションがついている車を選びます。

まとめると、付いていると嬉しいものが純正オプションには多いということです。 その結果、付いていない車と付いている車を比べると、後者の車の方が中古車市場では人気を集めるというわけですね。

 

もし社外オプションに取りかえるのであれば・・・

ちょっとしたアドバイスです。 車を購入するときに、純正オプションを取り付けたとします。 その後、何かしらの理由で、社外オプションに取り換えた場合は、純正オプションは必ず残しておくようにしましょう。

車を売却しようと考えた時に、純正オプションに戻すためにです。 後で詳しく記載しますが、社外オプションというものは、車を査定した時に悪影響を及ぼしかねません。 したがって、査定額が確実に望める純正オプションを残しておいた方がよいのです。

ちなみに、理想は取り換えてから査定に出すことですが、中にはそう簡単にはいかない場合もあるかと。 そのときは、査定士の方に「純正オプションはある」と伝えて、車と一緒に渡すようにしましょう。 100%の確率ではありませんが、評価してくれる場合も多々あります。 中には100%の評価をしてくれない買取店がいた場合には、複数の買取店へ査定を出すことによって問題を解決することができます^^

 

社外オプションは評価されないことが多い

ディーラー純正オプションやメーカー純正オプションは査定額がアップしやすいものと理解してもらえたかと思います。

では、社外オプションに関してはプラス査定になるのか、気になるところ。 結論は、純正オプションに比べて評価されないことの方が多いと理解しておきましょう。

理由は、その社外オプションが万人受けするわけではないからです。 中古車を購入する人にとって、前オーナーの趣味趣向には、あまり興味はありません。 そのため、もし隣に同車種の車が並んでいれば、社外オプションが付いていないノーマルな車を選択する傾向が強いわけですね。(最もその社外オプションがかなり高価なもので引き合いがかなりある場合は除きます。)

とはいえ、そのまま査定に出してマイナス査定になるのも酷な話。 実は、社外オプションは個別にネットオークションなどで売ってしまった方が得になることがあります。 もちろん、そのオプションを外すことができることと、査定に出すときには、ディーラー純正オプションなどに戻してからという条件はありますが、一考する価値は十分ありますよね。

 

最も大きな差が出るオプション

社外オプションは、基本的に純正オプションよりも価値が低いことが多いので、オプションを付けるのであれば純正オプションを付けた方が良いということが分かったと思います。

そこで具体的にどのような時に査定額に差が生まれてくるのかをお話しして終わりにしましょう。 それは、一言で言うと後付けすることができない純正オプションです。 中古車を購入する人は、中古車では付けることができないオプションが付いている車を、多少金額が上がったとしても意識的に選択します。

ですから、購入した後に付けたくても付けることができないような純正オプションが付いている車は、査定額が高くなる傾向にあるんですね。 例えば、エアバッグ、オートスライドドアサンルーフ(社外品は装備可だが純正は無理)、インテリジェントエアコン、アラウンドビューモニター(車外カメラ)など多くありますね。 もし、新車で車を購入予定であれば、この辺りを注意して購入するようにしましょう^^

他の記事でも、後付けすることが出来ない装備と査定の関係性に付いてお話しをしていますので、そちらも読んでいただければより理解が深まると思います。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ