減額が少ない走行距離

今回のテーマは「車の走行距離と査定額の関係」について。 ちなみに「査定額」とキーボードで打つときに、たまに「幸恵額」と間違えてしまうことがあります。 幸恵さんには申し訳ないのですが、何だか「額」が付いてしまい、値踏みしてしまっているような感じになってしまってます(∀`*ゞ)テヘッ

 

走行距離の1年1万キロという数字

走行距離が1年1万キロと耳にして、何か思い当たる方はいらっしゃいますか? 実は、この数字の意味は「1年で走る距離の平均的な総距離」というものです。 多いと感じるのか?少ないと感じるのか?は、人それぞれですが、平均というぐらいなので、大抵の方は「そんなものかな」と感じるかと。

そして、この平均的な数字というのは車査定をする上では、重要な数字となるのです。 この数字をベースとして、1万キロよりも多い走行距離であれば、当然、それだけ乗っているということで査定額が低くなる傾向が強いです。 理由は当然「乗ったら乗った分だけ、さまざまなパーツなどの劣化が早い」ということ。

良い例がタイヤでしょう。 一般的に言われているのは「3年程度で交換」が目安となっているのですが、乗れば乗るほど劣化していくパーツの代表格のため、交換時期は早くなります。 こういった部品が査定に影響していくわけですね。

反面、1万キロ以下であれば査定額が減額される度合いが小さくなります。 したがって、もし1年で走る距離が少ないのであれば、それだけでも査定時のアピールポイントとなることは頭に入れておきたいところですね。

 

累計で10万キロは影響を与えることは必至

もう1つ、走行距離に関して大きく査定額に影響を与える数字があります。 それが10万キロという数字。

昨今の車の性能であれば、10万キロを走行している車は決して珍しくありません。 したがって、昔のように「10万キロ以上の車は値段がつかない」ということはないと言えます。 海外への販売ルートも多くなっている時代でもあるため、意外と高い査定額が提示されることも珍しくはありません。

しかし、だからといって全く影響がないのか?と問われると答えはノー。 やはり査定する上で10万キロという数字は1つの区切りとなります。

理由は、先ほどの1年1万キロと同様で、パーツの劣化が懸念されるからです。 10万キロともなると、大きなパーツの交換を要する時期で、代表的なところを挙げれば、タイミングベルトやフィルター関連、ゴム関連(エンジンマウントなど)、そしてポンプ系など。 さらには、オートマチック部分も交換となることもあるため、非常に大きなメンテナンス代となってしまうわけです。

これからも分かるように、10万キロという数字は車にとっては大きな転換期になっているのです。 結果、どうしても車査定のときは厳し目の結果となってしまいます。

 

走行距離が多い場合は「乗り潰し」も視野に?

ここからはちょっとしたアドバイス集となります。

まずは、とにかく走行距離が多い場合のアドバイス。 端的に行ってしまえば「ぶっ壊れるまで乗っちゃえ!」ということです。

どうしても走行距離が多い方は、1年で1万キロ以上は余裕で乗りますし、10万キロに達するのも非常に早いです。 中には、3年車検のときにはゆうに超えているという強者も。 こういう場合は、3年落ちという優秀な中古車でも、走行距離の関係で査定額は期待できません。 であれば、思い切って壊れるまで乗ってしまったほうが「お得」になる場合もあります。 状況にもよりますが、そういった選択肢も頭に入れておくとよいかと。

続いては1年で1万キロを少し超えるぐらいの方。 可能であれば、1万キロ以内に抑える努力をするとよいでしょう。

例えば、通勤で車を使う場合は、可能な限り公共交通機関を利用してみるだけでも大きく走行距離が異なってきます。 他にも、友人などと遠出するときに、いつも愛車を出している場合は、たまには他の人に出してもらうだけでも大きく変わることも。 このように、少しずつでよいので、走行距離を抑える努力をすると、最後の最後で売却時に幸せになる可能性があります。

ともあれ、最終的に車査定に出すのであれば、1年1万キロ・累計10万キロという数字を理解して車と付き合っていくとよいでしょう。 逆に言うと、これ以下であれば減額幅が小さいということですからね。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ