査定前に手入れしておくべき内外装の箇所

買取バカはA型です。 そして、よく「几帳面だよね」と言われます。 いわゆる典型的なA型というやつですね。

これを言われる場面が、友人や知人、(昔の話しですが)大好きな女の子を車に乗せたとき。 自慢じゃないですが、買取バカは車内をキレイにしておくことが、ある意味で趣味になっています。 やはり気持ちよく車に乗りたいですからね。 結果、几帳面といわれるようになったのだと思います。

ということで、今回の車査定のテーマは「査定前に手入れしておくべき内外装」について。

 

「匂い」は何とかしておきたい重要なポイント

査定前に何とかしておきたいのが「匂い」です。 買取バカも体験したことがありますが、どうやったらこんな独特な匂いを作れるのか?と思うほどの匂いに出会ったことがあります。

ともあれ、よく耳にする例は「タバコの匂い」といったところでしょうか。 こういった車は残念ながらマイナス査定となってしまいます。

だからこそ、マイナス査定にならないように査定前に手入れをしておきたいところ。 ただし、勘違いしてはいけないのが、手入れした(匂いを消した)としても、プラス査定にはならないということ。 大きな評価アップを狙うというよりも「減点を減らすためにやる」という目的の手入れとなります。

トランクルームも独特の匂いが残る場合も

匂いの手入れで忘れてはならないのがトランクルーム。 よくあるミスなのですが、車内の手入れをしっかりと行ったにも関わらず、トランクルームを忘れてしまうというパターン。

トランクルームにも、その人が使ってきた独特の匂いが染み付いている場合も多々あります。 見出しにもある通り、釣りや汗をかくようなスポーツをしている方ですね。 どうしても、空気の入れ替えがしにくいところなので、匂いがこもってしまうのです。 ここもマイナス査定となるポイントとなるため、セダンタイプの車などトランクルームがある場合には忘れずに手入れするようにしましょう。

 

タバコの焦げ穴はどうするべきか?

喫煙者にとっての “あるある話” ですが「車のシートをタバコで焦がしてしまう」という失態。 焦がしてしまったときの絶望感は本当に何ともいえない気持ちになるものです。 そんな焦げ穴に関してですが、手入れをするべきなのか?という部分。 (ちなにみ買取バカは、昔喫煙者でしたが現在は止めています。)

結論から言えば、放っておくのが一番です。 もちろんシートの汚れはキレイにしておくべきですが、焦げ穴に関しては、素人ではどうすることもできません。

補修キットが市販されているため、こちらを利用することで目立たなくすることは可能ですが、査定は補修に関係なくマイナス査定となってしまいます。 修理業者に依頼するとしても、最悪の場合、シート交換となってしまい大きな修理費が必要となることも。

凹みや傷は直してから査定した方が結果的に得する?損する?と基本的な考え方は同じです。 お金をかけて修理・修復したとしても、それ以上のプラス査定にはなりえないということ。 したがって、焦げ穴は諦めて放っておくしかありません。

ちなみに、フロアマットにも焦げ穴ができてしまっている場合も、同様の考え方で対応していくとよいでしょう。

 

内装も外装と同様「年式に応じた状態か?」が重要

そもそも車査定をするとき、内装も外装と同様で「キズ・汚れがあって当たり前」で査定に望みます。 当然、長く車に乗っていればキズは付き物ですからね。 要は年式とともに劣化していくパーツと同じで、内装も劣化していくというわけです。

これを踏まえてワンポイントアドバイス。 ポイントは、このキズや汚れが「交換などの大きなマイナスポイントにさせない」ということ。 年式に応じた状態ではなくとも「綺麗にしておけばギリギリ大丈夫かも?」というときは気合を入れる手入れをすべき部分となります。

逆に、手入れしても希みが薄い場合は諦めも肝心。 タバコの焦げ穴と同様の考え方です。 ダメなものはダメという単純な考え方も、車査定の世界では必要なことなのです。

 

外装の手入れ箇所は?

ながながと内装について熱く語ってしまいましたが、外装に関しても手入れしておくべき箇所はいくつもあります。 当然、洗車をして車体をピカピカにしておくこと。 キズや凹みに関しては、凹みや傷は直してから査定した方が結果的に得する?損する?を参考にしてください。 他にも、1センチに満たない傷はマイナスにはならないも合わせて参考にして貰えるとよいかと。

ステッカー類が貼ってある場合

可能な限り剥がしておいた方がよいでしょう。 ただし、剥がすときにはキレイに剥がすようにすることは言うまでもありません。 ステッカーを貼ったままにしておくと、査定士によっては「キズを隠している」と判断されてしまうこともあるので注意が必要です。

基本的に、ステッカー類はマイナス査定に繋がることが多いので、可能な限り貼らないようにしておいた方がよいです。 廃車まで乗るのであれば、話は別ですが。

ステッカー剥がしスプレーなども売っていますので、上手く利用してみて下さいね。

 

大事なことはキレイにお別れをしてあげること

買取バカの心情的なものも含まれていますが、車を査定に出し売却をするときというのは、可愛がってきた車とお別れをするわけです。 いわば愛車の新しい門出。 門出ぐらいキレイにしてあげたいですよね。

車査定にも好影響を与えますし、査定士の心証もよくなりますし、気持ち的にも「ご苦労様」とスッキリとした気分にもなります。 ぜひ、査定前には手入れをしてあげてください!

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ